ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. バックアップ/アーカイブ
  4. NetBackup
  5. ソリューション
ここから本文です。

NetBackup - ソリューション

統合的なデータ保護基盤を実現する NetBackup の代表的なソリューションをご紹介いたします。

遠隔地の拠点が無くても災害対策を実現

業務データを退避する遠隔地の拠点を用意できないケースにおいて、業務データの退避先にクラウドを利用し、災害対策を実現します。
NetBackup が稼働系システムで取得したバックアップデータをクラウド環境(NECCloud IaaS または AWS、Azure等)へ転送して保管。万一の災害やサイト障害などから業務データを保護します。

ランサムウェア対策にバックアップ ~業務データやメールを復旧

感染マシンやファイルサーバ共有のファイルなどが暗号化されると利用できなくなります。暗号を複合できる保証はありません。万が一に備え、バックアップソフトを使用し、業務データやメールの一定期間の保管、世代管理しておきます。

失敗しないマイナンバーのバックアップ運用

日常の業務システムのバックアップに加え、マイナンバー対策として個人情報の漏えいの防止、滅失・破損の防止、削除処理まで幅広く対応できる NetBackup のバックアップソリューションをご紹介します。

大容量のバックアップ時間短縮と災害対策を実現

物理マシンの業務データも、仮想マシンも、更新データを取得する高速処理で、大容量データのバックアップ時間を短縮します(NetBackup重複排除バックアップ(アクセラレータ有効)を利用)。稼働系システムにおける利用者からの日常のデータ復旧要求に早急に応じるため、バックアップデータを稼働系システム側で NetBackup が保持・管理します。

仮想マシンのバックアップ処理時間を大幅に短縮

物理環境だけでなく仮想環境にも大切な業務データは存在します。仮想マシンの台数や業務データ量が増加すると、バックアップ時間も長期化します。NetBackupはVMwareの仮想マシンが多数ある環境、データ量の多い環境下で、バックアップ時間を大幅に短縮します。

バックアップ時間を短縮する重複排除バックアップ(アクセラレータ有効)

NetBackupは更新されたデータ部分のみ重複排除バックアップを行いますが、アクセラレータ機能により透過的にフルバックアップとして管理します。フルバックアップとして管理する際、重複排除されセグメント単位に保管されているバックアップデータを読み込み、新たに別の領域へ書き込むようなマージ(合成)処理は行わないため、アクセラレータを利用した重複排除フルバックアップは短時間で完了することができます。

災害対策のための遠隔地バックアップ

1台のサーバのディスク障害から大規模なサイト災害など、データが損失する範囲や規模は様々です。災害対策におけるデータ保護では、障害が地理的に広範囲へ及ぶ可能性を考慮し、遠隔地サイトへバックアップデータを退避する「遠隔地バックアップ」を検討します。

分散したリモートオフィスの遠隔地バックアップ

広域に分散している支社や事務所の業務データを転送性能が限られるWAN経由でバックアップ統合します。NetBackupの重複排除バックアップを使用し変更データのみを転送することで、WANを介した大容量データのバックアップが現実的になります。

企業システムの多様なサーバ仮想化レベルにおけるデータ保護

システム内に物理環境・仮想環境が混在した状態では、これらを一元的に運用管理して、バックアップを効率化することがポイントです。
NetBackupでは、物理・仮想が混在する環境のバックアップに対応し、その構成変化に柔軟に追随できる機能を備え、バックアップ運用の効率化を実現します。

NetApp大容量データの高速フルバックアップ

NetAppの更新検出機能とNetBackupが連携し、高速なフルバックアップを実現。何世代バックアップしても、バックアップ保存に必要なディスク容量はNetBackupの重複排除処理によって必要最小限に圧縮し、IT設備コストを低減します。

iStorage MシリーズNASオプションのデータを高速にバックアップ

NetBackup の NDMPオプションを使用すると、ネットワークを経由せずに、iStorage MシリーズNASオプションのデータを直接接続したバックアップ装置へバックアップできます。
このネットワークを経由しないNDMPバックアップ(LANフリーバックアップ)で、NASデータの高速なバックアップ処理を実現します。

電子データの法的要求・開示対応を効率化、保管データの保全

企業では、法律や規制により、特定のデータを長期間維持することが義務化されています。また、監査や訴訟のために電子データを一定期間、証拠保全(リーガルホールド)することが必要です。

仮想デスクトップ環境の保護

VMware Horizon Viewによって構築された仮想デスクトップ環境(フルクローン/リンククローン)システムを、Symantec NetBackupによって、バックアップ及びリストアすることが可能です。

仮想マシンの復旧で最新の業務データを失わないために

NetBackupでは、VMware仮想マシンのVADP連携バックアップから、復旧したいメールやファイルなどの個別アイテムを復旧する機能を提供しています。

セキュリティ対策を支援する証跡ログと業務データの保全

システム操作の証拠「アクセスログ」と「業務データ」を、バックアップソフトウェアとアクセスログ収集ソフトウェアで保全。
証跡損失リスクの回避と対応コストを低減することで、監査・セキュリティ運用を支援します。

仮想マシンの早急・一時的な利用

NetBackupでは、バックアップストレージに保護された仮想マシンを透過的にアクセス可能にし、VMware に登録して電源をONにします。利用者は仮想マシンのリストアを待たずに、仮想マシン上のデータを利用できます。
起動した仮想マシンを一時的に利用する(旧バージョンのファイルの抽出や、パッチ・新規アプリケーション等の動作検証など)ケースや、迅速な業務復旧が必要なケースに適しています。

NIASシステムの保護

NIASによるファイルサーバの運用適正化のメリットを享受するためには、ファイルサーバとNIAS管理サーバの両方が、正常に運用を続けていなければなりません。
NetBackupによって、ファールサーバの業務データとNIAS管理サーバの両方を保護し、業務への影響を最小限に留め、運用を支援します。


ページの先頭へ戻る