ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. バックアップ/アーカイブ
  4. Commvault
  5. 特長/機能
ここから本文です。

特長/機能

Commvaultの特徴的な機能をご紹介致します。

Commvaultソリューションカタログ

Commvaultの特長的な4つのソリューションをまとめたカタログを、右記よりダウンロードして頂けます。

DownloadDownLoad(PDF)

※ 会員登録(無料)が必要です。

数十TB規模の大容量データを、
ストレージと連携したバックアップで実現

IntelliSnapは、ハードウェアスナップショット管理機能で、ユーザーが自分でスクリプトを作成することなく、ハードウェアスナップショットとアプリケーション/ハイパーバイザーを連携し、整合性のあるデータ保護を行えます。CommvaultはIntelliSnapにより、スケジューリング、データ保持期間の設定、スナップショット インデックス、リカバリ ワークフロー機能を提供します。

NEC iStorage Mシリーズをはじめ、EMC、NetAppなど、ほぼすべての主要ストレージ製品に対応しています。

アプリケーション/ハイパーバイザーとの整合性

ストレージ ネイティブのスナップショット管理ソフトウェアは、通常、ボリューム単位のスナップショット作成機能を提供します。
一方、CommvaultのIntelliSnapスナップショット管理機能は、ユーザーが自分でスクリプトを作成/メンテナンスすることなく、アプリケーションやハイパーバイザーと整合性のあるハードウェアスナップショットの作成を可能にします。

インデックス機能と検索

IntelliSnapで作成したスナップショットに含まれるアプリケーションや仮想マシンの情報をカタログ化することができ、2次ディスクやテープに取得したバックアップイメージと同様に、スナップショット内のデータを検索できます。

スナップショットからのバックアップ実行

IntelliSnapで作成したスナップショットから、2次ディスクやテープへのバックアップを取得することが可能です。これにより、本番環境にほとんど影響を与えることなく、テープやクラウド等の外部メディアへデータ保管が行えるようになり、ストレージ システムのハードウェア故障に備えることができます。

ソリューション

この機能を利用したソリューションは、以下をご覧ください。

バックアップとアーカイブの二度手間を解消
データとメールを保護し、ライフサイクルを管理

アーカイブ機能を使って、古くなったデータをプライマリストレージからセカンダリストレージへ移動することで、プライマリストレージの空き容量を増やし、ストレージを有効に活用できます。
またデータをアーカイブすることで、バックアップ対象データも減らせるため、バックアップ時間の短縮を図れます。

  1. OnePassテクノロジーにより、バックアップ、アーカイブ、レポーティングに必要なデータを1回で取集できます
  2. アーカイブ条件を満たすファイルは、自動的に容量の小さいスタブファイルに置き換えられ、アーカイブされます
    (プライマリストレージにスタブを残す、もしくは、スタブも残さず完全に削除します)

OnePassで効率的なアーカイブ

バックアップ製品とアーカイブ製品をばらばらに購入すると、データの処理が2回必要になり、余計なリソースと時間を消費します。

OnePassは、バックアップ、アーカイブ、レポーティングプロセスをひとつのオペレーションに統合したCommvaultのテクノロジーです。データはバックアップオペレーションとして1回だけ収集されます。
バックアップしたファイルがアーカイブ条件を満たすと、自動的に容量の小さいスタブファイルに置き換えられ、プライマリストレージから削除されます。
スタブは、アーカイブされたデータへのポインターとなるので、スタブをクリックするだけで、ユーザーは簡単にアーカイブされたデータを再度呼び出すことができます。
  • バックアップは、世代管理が可能
  • セカンダリストレージは、重複排除して保管することが可能
またOnePassは、データを収集、保持し、データの種類に関するレポートを効率的に作成できるよう設計されているので、データ量の増加を常に把握しておきたいお客様にも最適です。

ソリューション

この機能を利用したソリューションは、以下をご覧ください。

PCのデータバックアップと利用者によるセルフ復旧

1台のバックアップサーバーで、物理/仮想サーバーだけでなく、ノートPCやデスクトップなどクライアントOS (Windows/Linux/Mac) のデータ保護をまとめて行えます。

Commvault Edgeと呼ばれるこのエンドポイントデバイス向けデータ保護機能は、下記ソリューションを提供します。

自動バックアップ

Commvault Edgeは、ユーザーが意識することなく実行可能なノートPC/デスクトップに適したスケジューリング機能を備えており、データがどこでどのように作られても、すべてのデータを見つけ、自動的に、重複排除バックアップすることができます。

セルフサービス リストア

バックアップしたデータへ、WEBインターフェースやスマートフォンやタブレット等のモバイルアプリから、SSL接続でのセキュアな暗号化バックアップ ストリームを使ってVPN接続なしにアクセス可能です。ユーザーは自分のデータへいつでもどこからでもIT管理者を介することなくアクセスできるので、必要なデータを迅速にセルフサービスでリストアできます。

データ損失防止 (DLP: Data Loss Prevention) 機能

定期的にファイルをスキャンし暗号化したり、ノートPCの盗難/紛失の際はデータをリモートから削除したりすることが可能です。

Edge Driveを使ったファイル共有/同期機能

外出先から自分のデータへアクセスし、情報を検索して取り出したり、同僚や社外のチームとデータの共有/同期を行ったりすることを可能にします。

ソリューション

この機能を利用したソリューションは、以下をご覧ください。

導入・利用コストを削減する、シンプルなクラウドアーカイブを実現

Commvaultは、NEC Cloud IaaS や Amazon S3、Microsoft Azureなど多くのクラウドストレージへのデータ転送(通信方式)に対応しており、Commvault自身が直接アーカイブします。

  • ディスクやテープなどと同様にクラウドストレージへアーカイブ
  • 最小限のデータのみをアーカイブ転送。通信コスト・保管コストを削減
Commvaultはクラウドアーカイブをシンプルに実現し、クラウドストレージの利用コストを削減します。

ソリューション

この機能を利用したソリューションは、以下をご覧ください。

Commvaultのその他の機能については、CommVault社サイトをご参照ください。

資料請求・お問い合わせ


ページの先頭へ戻る