ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. バックアップ/アーカイブ
  4. Commvault
  5. ソリューション
  6. アーカイブとバックアップの統合
ここから本文です。

ファイルサーバとメールボックスの容量不足の解消と、
併せてデータやメールの保護も実現

ファイルサーバ/メールボックスの空き容量が無くなる!

困っているほとんど利用されない業務ファイルが蓄積され続け、ファイルサーバの空き容量が不足する状況に陥っていませんか?
業務メールが溜り続け、メールボックスの容量上限に達してしまっていませんか?

しばらく必要だと思って残しておいた業務ファイルやメールを整理するのは非常に手間がかかります。個々のファイルやメールを確認し、不要と判断できれば削除できますが、そこまで判断できないケース、残しておきたいケースもあります。そして何より、そのような作業自体に時間が取られ、業務効率を低下させてしまいます。

同時に、残しておきたいと思う業務ファイルやメールは業務利用する頻度が高く、ハードウェア故障や誤操作などで無くなってしまうと業務活動へ支障が出ます。そのため、バックアップによる保護も必要になります。

これまでは、アーカイブとバックアップの2つのシステム導入と運用

OnePassの説明空き容量不足解消とストレージの利用効率化を目的に、アーカイブシステムを導入し運用します。そして、データやメールを整理してプライマリストレージからセカンダリストレージへ転送します。ハードウェア故障や誤操作などによりデータやメールが損失しないようバックアップシステムを導入し運用します。これまでは、アーカイブとバックアップの2つシステム導入コストと2つの運用コストがかかっています。

アーカイブによってデータやメールは移動し、場合によってプライマリへ復帰することもあります。プライマリとセカンダリのデータやメールが無くならないよう、両方をバックアップします。データとメールに対してアーカイブ処理アクセス、バックアップ処理のアクセスの2度手間がかかっています。

アーカイブとバックアップを統合した「1つのシステム」を実現

OnePassの説明 業務ファイルやメールへの1度のアクセスで、バックアップとアーカイブの両方が実現でき、統合された運用ができる新しいソリューションを Commvault が提供します。 (※OnePass機能)

  • CommvaultのOnePass機能によって収集されたデータは、重複排除/暗号化され、インデックスを付けて保存します。この保存されたデータは、バックアップ兼アーカイブ用コピーとして機能します。
  • データの世代管理も可能で、重複排除によりデータやメールを必要最小限のディスク容量で保管しコストを節約できます。
  • バックアップは追加・更新されたファイルやメールデータのみを転送する永久増分による短時間のバックアップで保護しながら、アーカイブ条件を満たすと、プライマリの業務ファイルやメールはリンクに変更し、アーカイブ済み状態に変更します。

    OnePassで効率的なアーカイブ

    バックアップ製品とアーカイブ製品をばらばらに購入すると、データの処理が2回必要になり、余計なリソースと時間を消費します。

    OnePassは、バックアップ、アーカイブ、レポーティングプロセスをひとつのオペレーションに統合したCommvaultのテクノロジーです。データはバックアップオペレーションとして1回だけ収集されます。
    バックアップしたファイルがアーカイブ条件を満たすと、自動的に容量の小さいスタブファイルに置き換えられ、プライマリストレージから削除されます。
    スタブは、アーカイブされたデータへのポインターとなるので、スタブをクリックするだけで、ユーザーは簡単にアーカイブされたデータを再度呼び出すことができます。

    またOnePassは、データを収集、保持し、データの種類に関するレポートを効率的に作成できるよう設計されているので、データ量の増加を常に把握しておきたいお客様にも最適です。

    • アーカイブ条件
      [ファイル]の場合:作成日時、変更日時、最終アクセス日、ファイルサイズ
      [メール]の場合:受信日、サイズ、メッセージのプロパティ、メールボックスの容量、添付ファイルの有無

  • 古くなった業務ファイルやメールを、高価なストレージから、より安価なディスクへ、そしてテープやクラウドへ段階的に移動することができます。

  • アーカイブデータに保持期限を設定することで、不要になったデータは自動的に完全削除する運用も可能です。
Commvaultを導入すると、バックアップシステム、アーカイブシステムの2つは不要となり、Commvaultがバックアップとアーカイブの両方を統合的に管理・運用するシステムを提供します。

主要なベンダーのストレージに対応
保存先も幅広く対応しています

  • ファイルサーバ : Windows Server、NetApp、EMC VNX、EMC Isilon 等
  • メールサーバ : Exchange および Notes に対応
  • 保存先ストレージ : (ディスクライブラリの場合)MediaAgentからアクセス可能なディスク領域(DAS/NAS)
  • コピー作成可能なテープドライブ : LTOテープライブラリ、オートローダー 等(LTO7含む)
  • コピー作成可能なクラウド : NEC Cloud IaaS、Amazon S3、Microsoft Azure、OpenStack Swift、Oracle Storage Cloud 等、20社以上の主要クラウドストレージに対応

資料ダウンロード

「ファイルサーバとメールボックスの容量不足の解消と、併せてデータやメールの保護も実現」について、カタログをPDF形式にてダウンロード頂けます。

DownLoad(PDF)

※ 会員登録(無料)が必要です。

  • 対応状況や、必要となるシステム構成やライセンス、価格については、弊社までお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る