ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. バックアップ/アーカイブ
  4. Commvault
  5. ソリューション
  6. PC紛失時のセキュリティ対策
ここから本文です。

PC紛失時のセキュリティ対策としてのデータ暗号化/データ消去

PC紛失時のセキュリティ対策・情報漏えい対策

課題5

業務PCには、個人情報や機密情報などの重要なデータが格納されています。万が一、持ち出したPCが盗難に遭ったり、PCを紛失してしまった場合、セキュリティ対策を施していないと、第三者によってデータが悪用される危険性が考えられます。

PCを外部へ持ち出す場合には、情報漏えいに対するリスクを軽減するため、PC上のデータを暗号化するなどの情報セキュリティ対策の検討が必要です。

PC盗難・紛失時のセキュリティ対策として、PC上のデータ暗号化/データ消去を実現

Commvaultでは、情報漏えいを防止する対策として以下の設定が可能です。

  • PCと通信可能な場合、指定間隔でデータ暗号化、遠隔指示でデータ消去を実施
  • 指定期間を超えてPCと通信できない場合、自律的にデータ消去を実施

PC上のデータ暗号化/データ消去

Commvaultでは、データ暗号化やデータの消去指示が行えるだけでなく、通信不可になった場合に自律的にデータが消去されるよう設定できるので、PC盗難・紛失時の情報漏えいリスクを低減することが可能です。
また、紛失したPCにどのようなデータが入っていたかを、管理者側で確認することもできます。

PCのデータ保護

PCの利用状況に合わせたバックアップ運用

通信不可、シャットダウン/再起動など、PCの利用状況によって業務データをバックアップできないケースがあります。

Commvaultは、PCがネットワークに接続されている間に自動バックアップします。通信が切断されるとバックアップ処理は一時保留し、再び通信できる状況になれば、途中から処理を再開します。



PCへのデータ復旧は利用者で操作可能

ユーザがPCのデータを自分でリストアする簡易説明図です。

PC台数が多いと、システム管理者へのデータ復旧要求も多くなります。復旧対応に追われてしまい、他の業務に手が回らなくなるかもしれません。

Commvaultは、PC利用者は自身で操作してデータを復旧できます。

利用者が自分のデータを復旧する際、他のPC利用者のデータは参照・復旧できないようになっており、セキュリティが保たれています。



これらの機能について、詳細は「企業レベルのPCのデータを保護」をご参照ください。

資料ダウンロード

「PCデータの情報漏えい対策ソリューション」について、リーフレットをPDF方式にてダウンロード頂けます。

DownLoad(PDF)

※会員登録(無料)が必要です。

  • 対応状況や、必要となるシステム構成やライセンス、価格については、弊社までお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る