ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. バックアップ/アーカイブ
  4. Arcserve Unified Data Protection
  5. 動作環境
  6. Arcserve UDP v6
ここから本文です。

Arcserve Unified Data Protection 6.0 動作要件

前提・注意事項

各記号の意味は以下です。

- 存在しない環境、もしくは未サポートです
RTM、SPx 該当 OS や AP の初期リリースの状態でサポートします
(初回リリース時から Service Pack 適用済のものは [ SPx ] で表記)
※Linux プラットフォームについてはディストリビューションのメジャー リリース バージョンが同一であれば、記載されたアップデート リリース以上のリリースもサポート
SPx 記載の Service Pack (SP) 環境でサポートします
all バージョンに依存せず、サポートします
  • 本ソフトウェア利用にあたり、下記に記載されている OS (日本語版)およびアプリケーションのバージョン、サービス パック、累積パッチ(またはそれに順ずるもの)をサポート対象とします。最新の OS、アプリケーションへの対応状況については、本ページの記載をもってお知らせとします。
  • Arcserve Unified Data Protection Agent 導入環境の集中管理、遠隔バックアップ、仮想環境のエージェントレス バックアップや、仮想マシンへのスタンバイ機能を利用する場合には、Arcserve Unified Data Protection Server の動作要件も併せてご確認ください。
  • 必要メモリ容量、ディスク容量は、システム環境に依存します。

Arcserve Unified Data Protection Agent (Windows)
version 6.0 動作要件

CPU Express5800シリーズで1GHz 以上(Windows Server 2012 の場合は 1.4GHz 以上)の Intel Xeon/Core/Atom ファミリ、あるいは互換性のあるプロセッサ搭載の機種
メモリ 1GB 以上
ディスク容量 3GB以上のディスク空き容量(4GB以上推奨)
(セットアップ時に3GBの一時領域を利用、共有コンポーネントとしてシステム ドライブに1GB)
周辺機器 DVD ROM ドライブ(DVD からのインストールやベア メタル復旧に必要)
XGA (1024 x 768)以上の解像度で表示できるビデオ アダプタとモニタ
インターネット
ブラウザ
Unified Data Protection Agent GUI を利用するマシン(導入先サーバ、もしくはリモート操作を行う PC)に必要です。
詳細は[Browser Support]を参照してください。
Adobe Flash Player Adobe Flash Player 10 以降
※ Unified Data Protection Agent GUI 上でグラフ表示を行う場合に必要です。GUI を利用するマシン(導入先サーバ、もしくはリモート操作を行う PC)上に導入してください。
備考 上記ハードウェア要件は、Arcserve Unified Data Protection Agent (Windows)がサポートする仮想マシンにも適用されます。

OS

OS release Edition x86 x64
Windows Server
2012 R2
Standard (※1) - RTM
Datacenter (※1) - RTM
Foundation - -
Essentials - -
Storage Server - RTM
Server Core - -
Windows Server
2012
Standard (※1) - RTM
Datacenter (※1) - RTM
Foundation - -
Essentials - -
Storage Server - RTM
Server Core - -
Windows Server
2008 R2
Standard - RTM, SP1
Enterprise (※1) - RTM, SP1
Datacenter (※1) - RTM, SP1
Web Server - -
Foundation Server - -
Storage Server - RTM, SP1
Server Core - -
Small Business Server 2011 Essentials, Standard - -
Windows Server
2008
Standard RTM(SP1), SP2 RTM(SP1), SP2
Enterprise (※1) RTM(SP1), SP2 RTM(SP1), SP2
Datacenter (※1) RTM(SP1), SP2 RTM(SP1), SP2
Web Server - -
Foundation Server - -
Storage Server RTM(SP1), SP2 RTM(SP1), SP2
Small Business Server(Standard Edition) - -
Small Business Server(Premium Edition) - -
Server Core - -
Windows Server
2003 R2
Standard RTM(SP1), SP2 RTM(SP1), SP2
Enterprise RTM(SP1), SP2 RTM(SP1), SP2
Datacenter RTM(SP1), SP2 RTM(SP1), SP2
Storage Server RTM(SP1), SP2 RTM(SP1), SP2
Windows Server
2003
Standard SP1, SP2 SP1, SP2
Enterprise SP1, SP2 SP1, SP2
Datacenter SP1, SP2 SP1, SP2
Web Server - -
Storage Server RTM, SP2 -
【その他】
  • バックアップ設定で「圧縮なし」が選択されている場合、2TB 以上のディスクにあるボリュームはバックアップできません。これは VHD ファイルの仕様によるためです。
  • バックアップ先として、物理的にバックアップ対象と別のディスクが必要です。
  • uEFI ブート環境をサポートします。
  • クラスタ環境 (MSCS, MSFC, CSV, CLUSTERPRO, FT Server 等) はサポートしておりません。
【表内注釈】
(※1) Active Direstory のオブジェクトレベルでのリストアに対応します。

アプリケーション対応

Microsoft Exchange

OS Edition x86 x64
Exchange 2016(DAG サポートを含む (※1))
Windows Server 2012 R2 Standard - RTM
Datacenter - RTM
Windows Server 2012 Standard - RTM
Datacenter - RTM
Exchange 2013, SP1(DAG サポートを含む (※1))
Windows Server 2012 R2 Standard - RTM
Datacenter - RTM
Windows Server 2012 Standard - RTM
Datacenter - RTM
Windows Server 2008 R2 Standard - SP1
Enterprise - SP1
Datacenter - SP1
Exchange 2010 SP3(DAG サポートを含む)
Windows Server 2012 Standard - RTM
Datacenter - RTM
Windows Server 2008 R2 Standard - SP1
Enterprise - SP1
Datacenter - SP1
Windows Server 2008 Standard - SP2
Enterprise - SP2
Exchange 2010, SP1, SP2 (DAG サポートを含む)
Windows Server 2008 R2 Standard - RTM, SP1
Enterprise - RTM, SP1
Windows Server 2008 Standard - SP2
Enterprise - SP2
Small Business Server 2011 Standard - -
Exchange 2007, SP1, SP2, SP3 (LCR, CCR サポートを含む)
Windows Server 2008 R2 Standard - RTM, SP1
Enterprise - RTM, SP1
Windows Server 2008 Standard - RTM(SP1), SP2
Enterprise - RTM(SP1), SP2
Datacenter - RTM(SP1), SP2
Small Business Server (SBS) Standard Edition - -
Small Business Server (SBS) Premium Edition - -
Windows Server 2003 R2 Standard - SP2
Enterprise - SP2
Datacenter - SP2
Windows Server 2003 Standard - SP2
Enterprise - SP2
Datacenter - SP2
【その他】アプリケーションとOSの組み合わせは、日本マイクロソフト株式会社に準じます
【表内注釈】
(※1) オブジェクト単位のリストアは、以下の環境をサポートしています。
  • Exchange 2016 CU4 まで
  • Exchange 2013 CU12 まで

Microsoft SQL

OS Edition x86 x64
SQL Server 2016 (※3) (データベース ミラーリング、ログ配布を含む)
(Enterprise, Standard)
AlwaysOn Availability Group (AAG) をサポート
Windows Server 2012 R2 Standard - RTM
Datacenter - RTM
Foundation - -
Essentials - -
Windows Server 2012 Standard - RTM
Datacenter - RTM
Foundation - -
Essentials - -
SQL Server 2014, SP1 (データベース ミラーリング、ログ配布を含む)
(Enterprise, Standard, Developer, Business Intelligence Edition)
AlwaysOn Availability Group (AAG) をサポート
Windows Server 2012 R2 Standard - RTM
Datacenter - RTM
Foundation - -
Essentials - -
Windows Server 2012 Standard - RTM
Datacenter - RTM
Foundation - -
Essentials - -
Windows Server 2008 R2 Standard - SP1
Enterprise - SP1
Datacenter - SP1
Web Server - -
Foundation Server - -
Windows Server 2008 Standard SP2 SP2
Enterprise SP2 SP2
Datacenter SP2 SP2
Web Server - -
SQL Server 2012, SP1, SP2 (データベース ミラーリング、ログ配布を含む)
(Enterprise, Standard, Developer, Business Intelligence Edition)
AlwaysOn Availability Group (AAG) をサポート (※1)
Windows Server 2012 R2 Standard - RTM
Datacenter - RTM
Foundation - -
Essentials - -
Windows Server 2012 Standard - RTM
Datacenter - RTM
Foundation - -
Essentials - -
Windows Server 2008 R2 Standard - SP1
Enterprise - SP1
Datacenter - SP1
Web Server - -
Foundation Server - SP1
Windows Server 2008 Standard SP2 SP2
Enterprise SP2 SP2
Datacenter SP2 SP2
Web Server - -
SQL Server 2008, SP1, SP2, SP3, SP4, R2, R2 SP1, R2 SP2, R2 SP3 (データベース ミラーリング、ログ配布を含む)
(Enterprise, Standard, Developer Edition)
Small Business Server 2011 Standard - -
Windows Server 2008 R2 Standard - RTM, SP1
Enterprise - RTM, SP1
Datacenter - RTM, SP1
Web Server - -
Foundation Server - -
Windows Server 2008 Standard RTM(SP1), SP2 RTM(SP1), SP2
Enterprise RTM(SP1), SP2 RTM(SP1), SP2
Datacenter RTM(SP1), SP2 RTM(SP1), SP2
Web Server - -
Small Business Server(SBS) Standard - -
Small Business Server(SBS) Premium - -
Windows Server 2003 R2 Standard SP2 SP2
Enterprise SP2 SP2
Datacenter SP2 SP2
Storage Server SP2 SP2
Windows Server 2003 Standard SP2 SP2
Enterprise SP2 SP2
Datacenter SP2 SP2
Web Server - -
Storage Server SP2 -
SQL Server 2005, SP1, SP2, SP3, SP4 (データベース ミラーリング、ログ配布を含む)
(Enterprise, Standard, Developer Edition)
Windows Server 2008 R2 Standard - RTM, SP1
Enterprise - RTM, SP1
Datacenter - RTM, SP1
Foundation Server - -
Windows Server 2008 Standard RTM(SP1), SP2 RTM(SP1), SP2
Enterprise RTM(SP1), SP2 RTM(SP1), SP2
Datacenter RTM(SP1), SP2 RTM(SP1), SP2
Web Server - -
Windows Server 2003 R2 Standard RTM(SP1), SP2 RTM(SP1), SP2
Enterprise RTM(SP1), SP2 RTM(SP1), SP2
Datacenter RTM(SP1), SP2 RTM(SP1), SP2
Storage Server RTM(SP1), SP2 RTM(SP1), SP2
Windows Server 2003 Standard SP1, SP2 SP1, SP2
Enterprise SP1, SP2 SP1, SP2
Datacenter SP1, SP2 SP1, SP2
Web Server - -
Storage Server SP1, SP2 -
【その他】アプリケーションとOSの組み合わせは、日本マイクロソフト株式会社に準じます。
【表内注釈】
(※1) AlwaysOn Availability Group (AAG) 環境は、SQL Server 2012 SP2からサポートします。
(※3) Arcserve Unified Data Protection Update 3 以降を適用してください。

Oracle

OS Edition x86 x64
Oracle 12c (※1)
Windows Server 2012 R2 Standard - RTM
Datacenter - RTM
Windows Server 2012 Standard - RTM
Datacenter - RTM
Windows Server 2008 R2 Standard - RTM, SP1
Enterprise - RTM, SP1
Datacenter - RTM, SP1
Oracle 11g R2
Windows Server 2012 Standard - RTM
Datacenter - RTM
Windows Server 2008 R2 Standard - RTM, SP1
Enterprise - RTM, SP1
Datacenter - RTM, SP1
Oracle 11g R1
Windows Server 2008 R2 Standard - SP1
Enterprise - SP1
Datacenter - SP1
Windows Server 2008 Standard SP2 SP2
Enterprise SP2 SP2
Datacenter SP2 SP2
【その他】 アプリケーションと OS の組み合わせは、日本オラクル株式会社に準じます。
【表内注釈】(※1) Oracle 12c の CDB(コンテナ・データベース)は未サポートです。

Microsoft Hyper-V

Hyper-V Edition x86 x64
Windows Server 2012 R2 Hyper-V (※2) Standard - RTM
Datacenter - RTM
Windows Server 2012 Hyper-V (※2) Standard - RTM
Datacenter - RTM
Windows Server 2008 R2 Hyper-V (※2) Standard - RTM, SP1
Enterprise - RTM, SP1
Datacenter - RTM, SP1
Server Core - -
Windows Server 2008 Hyper-V (※2) Standard - RTM(SP1), SP2
Enterprise - RTM(SP1), SP2
Datacenter - RTM(SP1), SP2
Server Core - -
【その他】Arcserve Unified Data Protection Agent (Windows) をHyper-V ホストに導入する場合のサポート対象です。保護対象は、Hyper-V ホストおよび、日本マイクロソフト株式会社によって Hyper-V 環境でサポートされ、かつ物理環境で Arcserve Unified Data Protection Agent (Windows) がサポートするゲスト OS です。
【表内注釈】(※2) クラスタ環境は未サポートです。

仮想化環境

Arcserve Unified Data Protection Agent (Windows) を仮想マシンに導入する場合、VMware vSphere、Microsoft Hyper-V、Redhat KVMの仮想システムをサポートします。この場合、以下 3 つのサポート条件を満たす必要があります。

Browser Support

Browser Version
Internet Explorer(全てのレンダリングモード) ※ 9, 10, 11
Firefox -
Chrome -
【その他】ブラウザは全て日本語 Windows 版(x86,x64)が対象です。
※ Internet ExplorerのバージョンとOS の組み合わせは、日本マイクロソフト株式会社に準じます。

Arcserve Unified Data Protection Server version 6.0 動作要件

Unified Data Protection Console

CPU Express5800シリーズで1GHz 以上の Intel Xeon/Core/Atom ファミリ、あるいは互換性のあるプロセッサ搭載の機種
メモリ 8GB 以上
※ 復旧ポイント サーバと混在の場合は、復旧ポイント サーバのメモリ要件を上記に追加します。
ディスク容量 6GB 以上のディスク空き容量を推奨
(セットアップ時に4GBの一時領域を利用。共有コンポーネントとしてシステムドライブに2GB)
※ 復旧ポイント サーバと混在の場合は、8GB 以上のディスク空き容量を推奨 (Windows Server 2012 / 2012 R2 環境では、Windows の機能の有効化または無効化より、「.NET Framework 3.5 Features」をインストールしてください。)
周辺機器 DVD ROM ドライブ(DVD メディアからインストールする場合)
XGA (1024 X 768)以上の解像度で表示できるビデオ アダプタとモニタ
インターネット
ブラウザ
Arcserve Unified Data Protection の各製品を利用するマシン(導入サーバ、もしくはリモート操作を行う PC)に必要です。詳細は、[Browser Support]を参照してください。
Adobe Flash Player Adobe Flash Player 10 以降
※ Unified Data Protection のGUI から Unified Data Protection Agent (Windows) のGUI を起動して Unified Data Protection Agent (Windows) のグラフ表示を行う場合に必要です。

OS

OS Edition x86 x64
Windows Server 2012 R2 Standard - RTM
Datacenter - RTM
Foundation - -
Essentials - -
Storage Server - RTM
Windows Server 2012 Standard - RTM
Datacenter - RTM
Foundation - -
Essentials - -
Storage Server - RTM
Windows Server 2008 R2 Standard - RTM, SP1
Enterprise - RTM, SP1
Datacenter - RTM, SP1
Web Server - -
Foundation Server - -
Storage Server(WSS) - RTM, SP1
Small Business Server 2011 Standard - -

Supported Database

  x86 x64
SQL Server 2016 (※1)Enterprise, Standard - RTM
SQL Server 2014 Express SP1 SP1
SQL Server 2014 Enterprise, Standard, Business Intelligence, Developer RTM, SP1 RTM, SP1
SQL Server 2012 Enterprise, Standard, Business Intelligence, Developer SP1, SP2 SP1, SP2
SQL Server 2008 R2 Enterprise, Standard, Developer SP1, SP2 SP1, SP2
SQL Server 2008 Enterprise, Standard, Developer SP1, SP2, SP3, SP4 SP1, SP2, SP3, SP4
【その他】
Unified Data Protection Server のデータベースとしてサポートされる Microsoft SQL Server は、
ローカル接続のみをサポートします。
前述の要件に加えて、Unified Data Protection Server データベースに必要なディスク容量を考慮する必要が
あります。使用状況によっては、データベースのサイズは数ギガバイトに達することもあります。
Microsoft SQL Server に関する問題や修正パッチについては、日本マイクロソフト株式会社の情報をご確認
ください。
同梱されている SQL Server Express Edition 以外のバージョンの SQL Server Express Edition を
Arcserve UDP コンソールのデータベースとして使用することは未サポートです。
【表内注釈】
(※1) Arcserve Unified Data Protection Update 3 以降を適用してください。

復旧ポイントサーバ(Recovery Point Server)

CPU Express5800シリーズで2.7GHz 4 論理プロセッサ以上のIntel Xeon/Core/Atom ファミリ、あるいは互換性のあるプロセッサを搭載の機種
メモリ
  • 重複排除機能を無効にした場合:8GB 以上
  • 重複排除機能を有効にした場合:8GB + バックアップ対象容量1TBあたり2.5GB~以上(ブロックサイズが16KBの場合)
    ※メモリ使用量を抑える場合、ブロックサイズを大きくするか同サイズのSSDをご用意ください
注: Unified Data Protection コンソールと混在の場合は、Unified Data Protection コンソール のメモリ要件(8GB以上)を上記に追加します。
ディスク
容量
  • 復旧ポイントサーバ単体の場合・・・ 3GB 以上のディスク空き容量(4GB以上推奨)
  • Unified Data Protection Console と混在の場合・・・ 8GB 以上
OS Edition x86 x64
Windows Server 2012 R2 Standard - RTM
Datacenter - RTM
Foundation - -
Essentials - -
Storage Server - RTM
Server Core - -
Windows Server 2012 Standard - RTM
Datacenter - RTM
Foundation - -
Essentials - -
Storage Server - RTM
Server Core - -
Windows Server 2008 R2 Standard - SP1
Enterprise - SP1
Datacenter - SP1
Web Server - -
Foundation Server - -
Storage Server(WSS) - SP1
Small Business Server - -
Server Core - -
【その他】復旧ポイントサーバには、Arcserve Unified Data Protection Agent (Windows) が含まれます。

Host-Based Agentless Backup

Supported Hypervisors Edition x86 x64
VMware ESXi Server 6.0 (※2), Update 1, Update 2 (※3) all all
5.5, Update 1, Update 2, Update 3 all all
5.1, Update 1, Update 2, Update 3 all all
5.0, Update 1, Update 2, Update 3 all all
VMware vCenter Server
および
vCenter Server Appliance
6.0 (※2), Update 1, Update 2 (※3) all all
5.5, Update 1, Update 2, Update 3 all all
5.1, Update 1, Update 2, Update 3 all all
5.0, Update 1, Update 2, Update 3 all all
Windows Server 2012 R2 Hyper-V (※1) Standard - RTM
Datacenter - RTM
Server Core - RTM
Windows Server 2012 Hyper-V (※1) Standard - RTM
Datacenter - RTM
Server Core - RTM
Windows Server 2008 R2 Hyper-V (※1) Standard - RTM, SP1
Enterprise - RTM, SP1
Datacenter - RTM, SP1
Server Core - RTM, SP1
【その他】
  • Host-Based Agentless Backup は Arcserve Unified Data Protection コンソールの機能の一部です。
  • Host-Based Agentless Backup の保護対象となる仮想マシンは、仮想システム ベンダがサポートするOS(すべてのEdition、ServicePackを含む)をサポートします。
  • 保護対象が Arcserve Unified Data Protection Agent (Windows) の動作要件に掲載している仮想OS・アプリケーションの場合、ファイル レベル リストアとアプリケーションの詳細レベル リストアをサポートします。(VMware vSphere の制限により、Windows Vista、Windows 7、Windows 8、Windows 8.1、Windows 10 は除きます)。
  • Hyper-V 環境の仮想マシン上にあるアプリケーションの保護は、日本マイクロソフト株式会社の要件に準じます。
  • Arcserve UDP は、有償ライセンスの ESXi 環境のみをサポートします。
【表内注釈】
(※1) クラスタは未サポートです。
(※2) vSphere 6 は、以下の適用環境でサポートします。
- VMware ESXi 6.0, Patch Release ESXi600-201505001
(※3) vSphere 6 Update 2 を使用する場合、Arcserve Unified Data Protection v6.0 Update 1 以降を適用してください。
Supported Proxy Server
CPU Expressシリーズで4 論理プロセッサ以上を推奨
Intel Xeon/Core/Atom ファミリ、あるいは互換性のあるプロセッサ
メモリ 8 GB 以上を推奨
注: Unified Data Protection Server もしくは復旧ポイント サーバと混在の場合は、Unified Data Protection Server または復旧ポイントサーバのメモリ要件を上記に追加します。
OS Edition x86 x64
Windows Server 2012 R2 Standard - RTM
Datacenter - RTM
Foundation - -
Essentials - -
Storage Server - RTM
Server Core - -
Windows Server 2012 Standard - RTM
Datacenter - RTM
Foundation - -
Essentials - -
Storage Server - RTM
Server Core - -
Windows Server 2008 R2 Standard - RTM, SP1
Enterprise - RTM, SP1
Datacenter - RTM, SP1
Web Server - -
Storage Server - RTM, SP1
Server Core - -
Windows Server 2008 Standard - RTM(SP1), SP2
Enterprise - RTM(SP1), SP2
Datacenter - RTM(SP1), SP2
Web Server - -
Storage Server - RTM(SP1), SP2
Server Core - -
Windows Server 2003 R2 Standard - RTM(SP1), SP2
Enterprise - RTM(SP1), SP2
Datacenter - RTM(SP1), SP2
Storage Server - RTM(SP1), SP2

Virtual Standby

Supported Hypervisors Edition x86 x64
VMware ESXi Server 6.0 (※1), Update 1, Update2 (※2) all all
5.5, Update 1, Update 2, Update 3 all all
5.1, Update 1, Update 2, Update 3 all all
5.0, Update 1, Update 2, Update 3 all all
VMware vCenter Server
および
vCenter Server Appliance
6.0 (※1), Update 1, Update2 (※2) all all
5.5, Update 1, Update 2, Update 3 all all
5.1, Update 1, Update 2, Update 3 all all
5.0, Update 1, Update 2, Update 3 all all
Windows Server 2012 R2 Hyper-V Standard - RTM
Datacenter - RTM
Server Core - RTM
Windows Server 2012 Hyper-V Standard - RTM
Datacenter - RTM
Server Core - RTM
Windows Server 2008 R2 Hyper-V Standard - RTM, SP1
Enterprise - RTM, SP1
Datacenter - RTM, SP1
Server Core - RTM, SP1
【その他】
  • Virtual Standby は Arcserve Unified Data Protection Server の機能の一部です。
  • Virtual Standby の保護対象は、 Arcserve Unified Data Protection Agent の動作要件に準じます。詳細は、 Arcserve Unified Data Protection version 6.0 動作要件をご参照ください。
    ただし uEFI が有効な Hyper-V VM の対応につきましては、リリースノートをご確認ください。
  • Virtual Standby MonitorおよびProxy は、 Arcserve Unified Data Protection Agent (Windows)がインストールされたサーバです。 但しFoundation Server、Storage Server、Small Business Server (SBS)を除きます。
表内注釈
(※1) vSphere 6 は、以下の適用環境でサポートします。
  • VMware ESXi 6.0, Patch Release ESXi600-201505001
(※2) vSphere 6 Update 2 を使用する場合、Arcserve Unified Data Protection v6.0 Update 1 以降を適用してください。

Instant VM for Windows (※1)

Supported Hypervisors Edition x86 x64
VMware ESXi Server 6.0 (※2), Update 1, Update 2 (※3) all all
5.5, Update 1, Update 2, Update 3 all all
5.1, Update 1, Update 2, Update 3 all all
5.0, Update 1, Update 2, Update 3 all all
VMware vCenter Server
および
vCenter Server Appliance
6.0 (※2), Update 1, Update 2 (※3) all all
5.5, Update 1, Update 2, Update 3 all all
5.1, Update 1, Update 2, Update 3 all all
5.0, Update 1, Update 2, Update 3 all all
Windows Server 2012 R2 Hyper-V Standard - RTM
Datacenter - RTM
Server Core - RTM
Windows Server 2012 Hyper-V Standard - RTM
Datacenter - RTM
Server Core - RTM
Windows Server 2008 R2 Hyper-V Standard - SP1
Enterprise - SP1
Datacenter - SP1
Server Core - SP1
【表内注釈】
(※1) Instant VMでのマシン復旧をサポートするハイパーバイザーです。
(※2) vSphere 6 は、以下の適用環境でサポートします。
  • VMware ESXi 6.0, Patch Release ESXi600-201505001
(※3) vSphere 6 Update 2 を使用する場合、Arcserve Unified Data Protection v6.0 Update 1 以降を適用してください。

Browser Support (Arcserve Unified Data Protection コンソール)

Browser Version
Internet Explorer ※ 9, 10, 11
Firefox -
Chrome -
Edge -
【その他】ブラウザは全て日本語 Windows 版(x86,x64)が対象です。
※ Internet ExplorerのバージョンとOS の組み合わせは、日本マイクロソフト株式会社に準じます。

脚注

  1. 表中の「x64」は 日本 AMD 社 AMD64 とインテル社 Intel 64 プロセッサを意味します。
  2. Arcserve Unified Data Protection Agent (Windows) は uEFI ブート環境をサポートします。
  3. Arcserve Unified Data Protection Agent はクラスタ環境(MSCS、MSFC、CSV、CLUSTERPRO、FT Server 等)をサポートしません。
  4. Virtual Standbyと Host-Based Agentless Backup は、特に記載のない限り、OSやアプリケーションのマイナー バージョンを サポートします。

ページの先頭へ戻る