ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. バックアップ/アーカイブ
  4. Arcserve Replication/High Availability
  5. 動作環境
ここから本文です。

Arcserve Replication / High Availability r16.5 動作環境

※ 前提事項:Arcserve Replication/High Availability の略称として Arcserve RHA と表記しています。

動作スペック
製品名 Arcserve Replication r16.5
Arcserve High Availability r16.5
対象機種 Express5800サーバ、iStorage NSサーバ
CPU Arcserve RHA エンジン 1 GHz以上のIntel Xeon/Pentium/Celeronファミリ、あるいは互換性のあるプロセッサを推奨
Arcserve RHAコントロールサービス
最小稼働
メモリ
Arcserve RHA エンジン 【32 bit(x86)の場合】512MB以上推奨
【64bit(x64)の場合】1GB 以上推奨
Arcserve RHAコントロールサービス 1GB 以上推奨
ハード
ディスク
コンポー
ネント別
Arcserve RHA エンジン 100MB以上のディスク空き容量
Arcserve RHA
コントロールサービス
2GB以上のディスク空き容量
Arcserve RHA マネージャ 50MB以上のディスク空き容量
Arcserve RHA PowerShell 30MB以上のディスク空き容量
スプール領域 複製対象データ全体の10%~15%以上のディスク空き容量を推奨
周辺機器
  • DVD ROMドライブ(DVDからのインストールに必要
  • XGA(1024×768)以上の解像度で表示できるビデオアダプタとモニタ
    ※ Arcserve RHA マネージャを利用するマシン(Arcserve RHA の管理を行うサーバもしくはPCに必要
インター
ネット
ブラウザ
Internet Explorer 6 SP2 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11*9 以上
※Internet Explorer 6 SP2 / 7 は、Arcserve RHA r16.5 SP2ではサポートしません(SP無し、またはSP1でサポートします)。
※Arcserve RHA マネージャを利用するマシン(Arcserve RHA の管理を行うサーバもしくはPC)に必要

アプリケーション(サーバタイプ)毎のサポートOS

前提
事項
× 未サポートです
RTM、RTM(SPx) OS初期リリースの状態をサポートします。OSリリース時からService Pack 適用済みの場合は(SPx)で明記します。
SPx 記載の Service Pack(SP) が適用されたOSでサポートします
ファイルサーバ
OS Release Edition Support Architecture/
Service Pack
x86 x64
Windows Server 2016 *15 Standard,Datacenter × RTM
Windows Storage Server
2016 *15,*21
Workgroup,Standard × RTM
Windows Server 2012 R2 *9 Standard,Datacenter × RTM
Windows Storage Server
2012 R2 *9,*21
Workgroup,Standard × RTM
Windows Server 2012 Standard,Datacenter × RTM
Windows Storage Server
2012 *21
Workgroup,Standard × RTM
Windows Server 2008 R2 Standard,Enterprise × RTM, SP1
Windows Storage Server
2008 R2 *21
Workgroup,Standard,
Enterprise
× RTM, SP1
Windows Server 2008 Standard,Enterprise RTM(SP1), SP2 RTM(SP1), SP2
Windows Storage Server
2008 *21
Basic,Workgroup,
Standard,Enterprise
RTM(SP1), SP2 RTM(SP1), SP2
Windows Server 2003 R2 Standard,Enterprise RTM, SP2 RTM, SP2
Windows Storage Server
2003 R2 *21
Express,Workgroup,
Standard,Enterprise
SP1, SP2 SP1, SP2
Windows Server 2003 Standard,Enterprise SP1, SP2 SP1, SP2
Windows Storage Server
2003 *21
Express,Workgroup,
Standard,Enterprise
SP1, SP2 ×
Exchange
Application version OS Release Edition Support Architecture/
Service Pack
x86 x64
Exchange
2013 *4,*7
2013 SP1 *9
Windows 2012 R2 Standard × RTM
Datacenter × RTM
Windows 2012 Standard × RTM
Datacenter × RTM
Windows 2008 R2 Standard × SP1
Enterprise × SP1
Datacenter × SP1
Exchange
2010 SP3
*4,*7
Windows 2012 Standard × RTM
Datacenter × RTM
Exchange
2010 SP1, SP2, SP3
*7
Windows 2008 R2 Standard × RTM, SP1
Enterprise × RTM, SP1
Windows 2008 Standard × SP2
Enterprise × SP2
Exchange
2007 SP3
*7
Windows 2008 R2 Standard × RTM, SP1
Enterprise × RTM, SP1
Windows 2008 Standard × SP2
Enterprise × SP2
Windows 2003 R2 Standard × SP2
Enterprise × SP2
Windows 2003 Standard × SP2
Enterprise × SP2
Exchange
2007 SP2
*7
Windows 2008 Standard × SP2
Enterprise × SP2
Windows 2003 R2 Standard × SP2
Enterprise × SP2
Windows 2003 Standard × SP1, SP2
Enterprise × SP1, SP2
Exchange
2007 SP1
*7
Windows 2008 Standard × RTM(SP1), SP2
Enterprise × RTM(SP1), SP2
Windows 2003 R2 Standard × RTM, SP2
Enterprise × RTM, SP2
Windows 2003 Standard × SP1, SP2
Enterprise × SP1, SP2
Exchange
2003 SP1, SP2
*7,10
Windows 2003 R2 Standard RTM, SP2 ×
Enterprise RTM, SP2 ×
Windows 2003 Standard SP1, SP2 ×
Enterprise SP1, SP2 ×
SQL Server
Application version OS Release Edition Support Architecture/
Service Pack
x86 x64
SQL Server
2016 *14
Windows 2012 R2 Standard × RTM
Datacenter × RTM
Windows 2012 Standard × RTM
Datacenter × RTM
SQL Server
2014 *11
2014 SP1*14
Windows 2012 R2 Standard × RTM
Datacenter × RTM
Windows 2012 Standard × RTM
Datacenter × RTM
Windows 2008 R2 Standard × SP1
Enterprise × SP1
SQL Server
2012 SP1
2012 SP2 *13
2012 SP3 *14
Windows 2012 R2
*11
Standard × RTM
Datacenter × RTM
Windows 2012 Standard × RTM
Datacenter × RTM
Windows 2008 R2 Standard × RTM, SP1
Enterprise × RTM, SP1
SQL Server
2012
Windows 2012 Standard × RTM
Enterprise × RTM
Windows 2008 R2 Standard × RTM, SP1
Enterprise × RTM, SP1
SQL Server
2008 R2 SP2
Windows 2012 Standard × RTM
Datacenter × RTM
SQL Server
2008 R2, R2 SP1
Windows 2008 R2 Standard × RTM, SP1
Enterprise × RTM, SP1
Windows 2008 Standard SP2 SP2
Enterprise SP2 SP2
Windows 2003 R2 Standard SP2 SP2
Enterprise SP2 SP2
Windows 2003 Standard SP2 SP2
Enterprise SP2 SP2
SQL Server
2008 SP3
Windows 2012 Standard × RTM
Datacenter × RTM
SQL Server
2008 SP1, SP2, SP3
Windows 2008 R2 Standard × RTM, SP1
Enterprise × RTM, SP1
Windows 2008 Standard RTM(SP1), SP2 RTM(SP1), SP2
Enterprise RTM(SP1), SP2 RTM(SP1), SP2
Windows 2003 R2 Standard SP2 SP2
Enterprise SP2 SP2
Windows 2003 Standard SP2 SP2
Enterprise SP2 SP2
SQL Server
2005 SP3, SP4
Windows 2008 R2 Standard × RTM, SP1
Enterprise × RTM, SP1
SQL Server
2005 SP1, SP2,
SP3, SP4
Windows 2008 Standard RTM(SP1), SP2 RTM(SP1), SP2
Enterprise RTM(SP1), SP2 RTM(SP1), SP2
Windows 2003 R2 Standard RTM, SP2 RTM, SP2
Enterprise RTM, SP2 RTM, SP2
Windows 2003 Standard SP1, SP2 SP1, SP2
Enterprise SP1, SP2 SP1, SP2
Oracle Database
Application version OS Release Edition Support Architecture/
Service Pack
x86 x64
Oracle Database
12C
*9,20,26,27
Windows 2012 R2 Standard × RTM
Datacenter × RTM
Windows 2012 Standard × RTM
Datacenter × RTM
Oracle Database
11.x
*20
Windows 2012 R2 Standard × RTM
Datacenter × RTM
Windows 2012 Standard × RTM
Datacenter × RTM
Windows 2008 R2 Standard × RTM, SP1
Enterprise × RTM, SP1
Windows 2008 Standard SP2 SP2
Enterprise SP2 SP2
Windows 2003 R2 Standard SP2 SP2
Enterprise SP2 SP2
Windows 2003 Standard SP1, SP2 SP1, SP2
Enterprise SP1, SP2 SP1, SP2
Oracle Database
10.x
*20
Windows 2008 R2 Standard × RTM, SP1
Enterprise × RTM, SP1
Windows 2008 Standard RTM(SP1), SP2 RTM(SP1), SP2
Enterprise RTM(SP1), SP2 RTM(SP1), SP2
Windows 2003 R2 Standard SP2 RTM, SP2
Enterprise SP2 RTM, SP2
Windows 2003 Standard SP1, SP2 SP1, SP2
Enterprise SP1, SP2 SP1, SP2
IIS
Application version OS Release Edition Support Architecture/
Service Pack
x86 x64
IIS 8.5
*9,*22
Windows 2012 R2 Standard × RTM
Datacenter × RTM
IIS 8.0
*22
Windows 2012 Standard × RTM
Datacenter × RTM
IIS 7.5
*22
Windows 2008 R2 Standard × RTM, SP1
Enterprise × RTM, SP1
IIS 7.0
*22
Windows 2008 Standard RTM(SP1), SP2 RTM(SP1), SP2
Enterprise RTM(SP1), SP2 RTM(SP1), SP2
IIS 6.0 Windows 2003 R2 Standard RTM, SP2 RTM, SP2
Enterprise RTM, SP2 RTM, SP2
Windows 2003 Standard SP1, SP2 SP1, SP2
Enterprise SP1, SP2 SP1, SP2
VMware vCenter Server
Application version OS Release Edition Support Architecture/
Service Pack
x86 x64
VMware vCenter
Server 5.0
Windows 2008 R2 Standard × RTM, SP1
Enterprise × RTM, SP1
Windows 2008 Standard × SP2
Enterprise × SP2
VMware vCenter
Server 4.1 *10
Windows 2008 R2 Standard × RTM, SP1
Enterprise × RTM, SP1
Windows 2008 Standard × SP2
Enterprise × SP2
Windows 2003 Standard × SP2
Enterprise × SP2
Arcserve RHA コントロールサービス *1
OS Release Edition Support Architecture/
Service Pack
x86 x64
Windows Server 2012 R2 *9 Standard,Datacenter × RTM
Windows Storage Server
2012 R2 *9,21
Workgroup,Standard × RTM
Windows Server 2012 Standard,Datacenter × RTM
Windows Storage Server
2012 *21
Workgroup,Standard × RTM
Windows Server 2008 R2 Standard,Enterprise × RTM, SP1
Windows Storage Server
2008 R2 *21
Workgroup,Standard,
Enterprise
× RTM, SP1
Windows Server 2008 Standard,Enterprise RTM(SP1), SP2 RTM(SP1), SP2
Windows Storage Server
2008 *21
Basic,Workgroup,
Standard,Enterprise
RTM(SP1), SP2 RTM(SP1), SP2
Windows Server 2003 R2 Standard,Enterprise RTM, SP2 RTM, SP2
Windows Storage Server
2003 R2 *21
Express,Workgroup,
Standard,Enterprise
SP1, SP2 SP1, SP2
Windows Server 2003 Standard,Enterprise SP1, SP2 SP1, SP2
Windows Storage Server
2003 *21
Express,Workgroup,
Standard,Enterprise
SP1, SP2 ×
Hyper-V
Application version OS Release Edition Support Architecture/
Service Pack
x86 x64
Windows Server 2012 R2
Hyper-V *9,20,25,28
Windows 2012 R2 Standard × RTM
Datacenter × RTM
Windows Server 2012
Hyper-V *20,25,28
Windows 2012 Standard × RTM
Datacenter × RTM
Windows Server 2008 R2
Hyper-V *20,25,28
Windows 2008 R2 Standard × RTM, SP1
Enterprise × RTM, SP1
仮想環境(ゲストOS)
Microsoft Hyper-V Server Hyper-V 2008 R2、2012、2012 R2
VMware Virtualization 6.5、6.0 *13,24
5.5 *9,24、5.1 *24、5.0 *24
4.1 *24
4.0 *23
3.5 *23、3.0 *23
2.5 *23
Citrix XenServer 6.2 *4、6.1、6.0、5.6、5.5
Redhat KVM すべてのバージョン
Arcserve RHA を仮想マシン上に導入する場合のサポート条件
以下の条件を満たしていることを確認してください。
1.OS
  • 上記サーバ仮想化アプリケーションが仮想マシンとしてサポートするOS
  • Arcserve RHA が物理マシン上でサポートするOS
2.アプリケーション
  • 上記サーバ仮想化アプリケーションが仮想マシンとしてサポートするアプリケーション
  • アプリケーションベンダが当該仮想化環境上でサポートするアプリケーション
  • Arcserve RHA が物理マシン上でサポートするOS
  • アプリケーションとOSの組み合わせは、各アプリケーションの動作要件に準じます。

脚注

  • *1: アシュアードリカバリの機能はこのアプリケーションには対応していません。
  • *4:  Arcserve RHA r16.5 SP1 以降のサービスパックの適用が必要です。
  • *7:  MNS、SCR、CCR および DAG はサポートされていません。
  • *9:  Arcserve RHA r16.5 SP2 以降のサービスパックの適用が必要です。
  • *10:  Arcserve RHA r16.5 SP2ではサポートしません(SP無し、またはSP1でサポートします)。
  • *11: Arcserve RHA r16.5 SP3 以降のサービスパックの適用が必要です。
  • *13: Arcserve RHA r16.5 SP4 以降のサービスパックの適用が必要です。
  • *14: Arcserve RHA r16.5 SP5 以降のサービスパックの適用が必要です。
  • *15: Arcserve RHA r16.5 SP6 以降のサービスパックの適用が必要です。
  • *20: これらのアプリケーションは MSCS・WSFC(MSFC) 環境では利用できません。
  • *21: Arcserve RHA をインストールする前に日本語化作業 (日本語 MUI のインストールおよびロケールの変更) を行ってください。事前に日本語化作業を行わないと、英語版の Arcserve RHA がインストールされます。
  • *22: IIS 7.0/7.5/8.0/8.5 環境でレプリケーションを行うにはあらかじめマスタサーバ/レプリカサーバ双方に IIS 6.0 管理互換をインストールしておいてください。 IIS 6.0 管理互換がインストールされていないとシナリオを作成する事ができません。
  • *23: vMotion、VMware HA、VMware DRS、VMware FTの対象になっているゲストOSは未サポートです。
  • *24: vMotion、VMware HA、VMware DRS、VMware FTの対象になっているゲストOSをサポートします。
  • *25: 保護対象の仮想マシンの動作要件は、物理環境の動作要件に準じます。
  • *26: Oracle 12c の機能であるコンテナ データベース(CDB)およびプラガブル データベース(PDB)の保護は未サポートとなります。CDB/PDB を作成しないインストール構成のみがサポート対象となりますのでご注意願います。
  • *27: Windows 2012 R2 + Oracle 12c環境の既知の問題については、KB208386806を参照してください。
  • *28: Hyper-V ゲストが Windows Server2016 の構成は未サポートです。

注意事項

  • Arcserve High Availabilityによるスイッチオーバ機能は、マスタサーバまたはレプリカサーバが Windowsドメインコントローラ(DC)またはDNSサーバの場合には利用できません
  • システム領域はやVSSは、レプリケーションの対象にできません。
    ※ 「C:\windows」フォルダや「RECYCLE」フォルダ、「System Volume Information」フォルダは、レプリケーション対象として指定できません
  • アプリケーションデータを複製する場合は、マスタサーバとレプリカサーバのOSおよびアプリケーションのバージョンが一致し、同じ修正パッチが適用されている必要があります
  • コントロールサービスやArcserve RHA PowerShell は Microsoft .Net Framework 3.5 を必要としますが、Windows Server 2012 環境では自動でインストールされないため、事前に手動でインストールして頂く必要があります
  • VMware ESX は、Update の適用状況は問いません
  • シングルサーバレプリケーション(同一サーバ上の別ドライブへの複製)の場合、複製対象の総ファイル数は200万以下を推奨しています
  • シングルサーバレプリケーション(同一サーバ上の別ドライブへの複製)の場合、複製元と複製先は物理的に異なるディスクにすることを推奨しています
  • シングルサーバレプリケーション(同一サーバ上の別ドライブへの複製)の場合、ファイルサーバシナリオ以外のシナリオは利用できません
  • Arcserve Backup との連携シナリオは、以下のバージョン組み合わせでのみサポートしています
    • Arcserve Replication/High Availability r16.5(※) と Arcserve Backup r17
      ※ Arcserve Replication/High Availability r16.5 Service Pack5 の適用が必要
    • Arcserve Replication/High Availability r16.5 と Arcserve Backup r16.5
  • 以下のサーバタイプ(シナリオの種類)はサポートしていません
    (※製品マニュアルに記載されていても、サポートしていません)
    • Microsoft SharePoint Server
    • Microsoft Dynamics CRM Server
    • フル システム
  • 以下の機能はサポートしていません
    (※製品マニュアルに記載されていても、サポートしていません)
    • レジストリ同期(※製品が自動で設定する場合は除く)
    • システム状態(System State)の保護
    • コンテンツ配布ソリューション
    • シナリオに対するアクセス権の制御
    • クラウドへのレプリケート
      ※シナリオ作成ウィザードで選択可能な設定(Amazon EC2へのレプリケーション)のこと
      ※レプリカサーバにBIGLOBE クラウドホスティングのサーバを利用する場合には、本設定にチェックを入れずに、レプリカホスト名/IPの欄に複製先のBIGLOBEクラウドホスティングのサーバのIPアドレスを指定します

上記以外にも製品利用にあたっての注意事項や制限事項がございます。『Arcserve Replication / High Availability r16.5 for Windows 注意/制限事項(Arcserve社サイト)』をご確認ください。

ページの先頭へ戻る