ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. バックアップ/アーカイブ
  4. Arcserve Backup
  5. BrightStor ARCserve Backup r11.5 for Linux サポート情報 (ご利用者向け)
ここから本文です。

BrightStor ARCserve Backup r11.5 for Linux サポート情報 (ご利用者向け)

◆注意◆ 本バージョンの製品に関しましては、下記の点にご留意ください。

  • CA ARCserve Backup r11.5 for Linux製品は 2010年 6月 30日 に受注停止になりました。(アップグレード製品含む)
    現在は手配できませんので、後継製品をご利用ください。
  • 本バージョンの製品は、提供元でのサポートが終了しています。
    なお、NECではNECが保有するノウハウをもとに、PP・サポートサービスにてサポートを継続しております。
  • Arcserve 製品の提供元が、CA社からArcserve社に変更になり、提供元での情報提供サイトも変更されました。サポートが終了している古い製品に関しては、恐れ入りますが製品情報や技術情報が削除されている場合があります。ご了承ください。

サポート情報
動作環境

サポート情報

  1. セキュリティ情報
    BrightStor ARCserve Backup ではセキュリティ情報が公開されています。
    セキュリティ情報」のページをご参照ください。
  2. Windows 版 ARCserve と Linux 版 ARCserve の相互運用について
    BrightStor ARCserve Backup r11.5 for Windows と BrightStor ARCserve Backup r11.5 for Linux を LAN 上で混在させている環境でも、Windows 版 Arcserve と Linux 版 Arcserve との相互間で、ジョブの監視や制御は行えません。
    また Windows 版 Arcserve と Linux 版 Arcserve では表示情報や操作性などで異なる部分がありますのでご注意ください。
  3. ジョブが正しくリスケジュールされない問題について
    BrightStor ARCserve Backup r11.5 for Linux において、カスタムスケジュールジョブが正しくリスケジュールされない場合があるという不具合を修正したモジュールが公開されました。 下記に記載する発生条件に該当する環境でご利用のお客様は、速やかに修正モジュールを適用いただきますようお願いいたします。
    なお、本障害は BrightStor ARCserve Backup r11.5 for Linux SP3 適用環境のみで発生し、SP2 以前や Windows 版 ARCserve では発生いたしません。
    <発生条件>
    • Arcserve r11.5 for Linux SP3 であること。
    • カスタムスケジュールジョブであること。
    • 次回スケジュール(リスケジュール)日が 32 日に該当する場合。
    <障害内容>
    発生条件を満たすと次のような現象が発生します。
    • Arcserve 本体製品のデーモン caqd が CPU を占有する。
    • ARCserve マネージャから、ジョブ ステータスを参照しようとすると ARCserveマネージャがハングする。
    • バックアップ ジョブがアクティブ ステータスのまま終了しない。
    • cstop コマンドで Arcserve の全プロセスを停止できない。
    • 事象発生後のバックアップ ジョブが動作しない。
  4. ジョブ ログでの時間経過表示について
    BrightStor ARCserve Backup r11.5 for Linux では、ジョブ ログの経過時間が秒単位で表示されてしまいますので、秒を時/分/秒単位に変換し読み替えてください。
    本件に関しては次期サービスパックにて修正予定です。
  5. Oracle 10g Flash Recovery Area 使用時の注意制限事項
    Oracle 10g からの仕様変更により設定時に以下の注意が必要となります。
    A. Oracle 10g から log_archive_format には %r を含める必要があります。
    従来の arc%s.%t に代わり、arc%s_%r.%t 等のように %r を含めて log_archive_fomat を記載してください。
    • %s : ログ順序番号
    • %t : スレッド番号
    • %r : リセットログ ID
    B. Oracle 10g では Flash Recovery Area (フラッシュ・リカバリ領域) を設定している場合
    log_archive_dest を設定することができません。 log_archive_dest に代わり、log_archive_dest_1 にアーカイブログ出力先を設定してください。Agent for Oracle は log_archive_dest_1 のパスからアーカイブログをバックアップします。
    また、log_archive_dest_1 のパスは Flash Recovery Area のログ出力先と同じパスを設定してください。
    log_archive_dest_1 = location=/u01/app/oracle/flash_recovery_area/orcl/archivelog
    ※ 上記は Oracle SID 名が "orcl" の場合の設定例です。上記 "orcl" の部分を、ご利用の環境の SID 名に読み替えて設定をお願い致します。
  6. Agent for Oracle にてバックアップ時 E10002 が発生する場合の対処方法
    アーカイブログのバックアップ時、log_archive_dest_1 に設定しているパスまたはアーカイブログにアクセスできない場合に下記のエラーが発生します。
    E10002: エラー: DSABackup(): SID [orcl] にマウントされているデータベース [orcl] により、[-1] が返されました。
    【発生条件】
    Oracle 10g Flash Recovery Area を使用しており、log_archive_dest_1 に /u01/app/oracle/flash_recovery_area/orcl/archivelog を設定しているが、u01/app/oracle/flash_recovery_area 配下の /orcl/archivelog フォルダが Oracle 10g によって生成されていない場合に発生することを確認しています。
    【対処方法】
    1. /u01/app/oracle/flash_recovery_area 配下に手動で /orcl/archivelog を作成します。
    2. SQLPlus より alter system switch logfile を実行します。
    3. /u01/app/oracle/flash_recovery_area/orcl/archivelog にアーカイブログが出力されていることを確認します。
    ※ 上記は Oracle SID 名が "orcl" の場合の設定例です。上記 "orcl" の部分を、ご利用の環境の SID 名に読み替えて設定をお願い致します。
  7. 補足情報
    • BrightStor ARCserve Backup r11.5 for Linux には、インストール CD-ROM 内に PDF 形式のマニュアルが添付されています。
      BrightStor ARCserve Backup r11.5 for Linux の機能については、まずこのマニュアルをご確認ください。
      また、CD-ROM 内に収録されている readme.ja_euc.html もご参照ください。
    • 本バージョンの製品につきましては、開発元(Arcserve社)でのサポートが終了致しました。そのため、本バージョンの製品情報や技術情報についても掲載を終了しております。ご了承ください。

動作環境

製品名 BrightStor ARCserve Backup r11.5 for Linux - Japanese
対象機種 Express5800 シリーズで Intel Pentium II 500MHz 以上あるいは互換性のある CPU 搭載の機種
対象 OS <EUC 環境>
  • Redhat Enterprise Linux 5.0 (x86/AMD64/EM64T) *3
  • Redhat Enterprise Linux 4.0 (AS/ES、x86/AMD64/EM64T)
  • Redhat Enterprise Linux 3.0 (AS/ES、x86/AMD64/EM64T)
  • MIRACLE LINUX V3.0 - Asianux Inside (x86/AMD64/EM64T)
  • MIRACLE LINUX V4.0 - Asianux Inside (x86/AMD64/EM64T) *2
<UTF-8 環境>
  • Redhat Enterprise Linux 5.0 (x86/AMD64/EM64T) *3
  • Redhat Enterprise Linux 4.0 (AS/ES、x86/AMD64/EM64T) *2
64bit 対応 x86_64 モードに対応
必要なソフトウェア
  • RPC port Mapper Service
  • Apache Web サーバ
  • compat-libstdc++
    (または「libstdc++-libc6.*.so」および「libstdc++.so.5」相当を含むその他のパッケージ)
  • ncompress-4.2.4-15 以上
    (または [uncompress] ユーティリティを持つその他のパッケージ)
  • ディストリビューションに付属している wget パッケージ
    (eTrust Antivirus Engine を使用する場合)
  • BrightStor ARCserve Backup を Red Hat Enterprise Linux 4 IA64 または Red Hat Enterprise Linux 5 IA64 上で実行するには、IA32 Execution Layer を Red Hat からインストールする必要があります。
    詳細については、Red Hat Enterprise Linux 4 または Red Hat Enterprise Linux 5 リリース ノートを参照してください。
  • 開発環境がインストールされている AMD64、Intel EM64T 上で実行する場合、glibc-devel(i386) が必要です。
最小稼働メモリ 512MB 以上
ハードディスク
  • 合計でおよそ 2.2GB 以上の空き領域
  • BrightStor ARCserve Backup をインストールするファイルシステム上に 500MB 以上のディスク空き容量
  • /var ファイルシステム上に 5MB 以上の空き領域 (一時領域)
  • Linux プラットフォーム用のデータベースとして利用する Advantage™ Ingres® データベースの最小要件は同じファイルシステムにインストールする場合、合計 1700MB 以上のハードディスク空き容量が必要になります。
    • Advantage Ingres: 350MB のハードディスク空き容量
    • Advantage Ingres データベース: 350MB(データの増加に伴いより多くの空き容量が必要になります)
    • トランザクションログ: 1000MB (デフォルト)
  • インストール CD のインストールスクリプトを使用すると、/var/tmp に充分な空き容量がない場合、代わりの一時領域を使用できます
その他
  • バックアップを行う Linux サーバに導入する製品です。バックアップを行うサーバには、バックアップ先となるテープ装置またはディスクが接続されている必要があります。
  • ローカルシステムおよびデータをバックアップ対象とする場合は、Universal Client Agent for Linux をインストールする必要があります。Base (本体) 製品にはこのライセンスも含まれています。
  • BrightStor ARCserve Backup マネージャの使用には Web ブラウザおよび Java プラグインが必要です。
    • Mozilla 1.7.x(32bit) : JRE 1.5.0_xx (06 以上)
    • FireFox 2.0.0.2(32bit) : JRE 1.5.0_xx (11 以上)
    • FireFox 1.5.x(32bit) : JRE 1.5.0_xx (06 以上) または 1.6.0_xx(01 以上)
    • Microsoft Internet Explorer 7 : JRE 1.4.2_xx(06 以上)
    • Microsoft Internet Explorer 6 SP2 : JRE 1.5.0_xx(08 以上) または 1.6.0_xx(02 以上)
    • Microsoft Internet Explorer 6 SP1 : JRE 1.4.2_xx(06 以上)
    なお Windows Vista より採用された JIS2004 のフォント環境には対応しておりません。
  • CD-ROM ドライブが必要です。
  • シングル ドライブの集合型テープ装置は標準でサポートされます。
    複数ドライブ搭載の集合型テープ装置では Tape Library Option が必要となります。
製品名 BrightStor ARCserve Backup r11.5 Universal Client Agent for Linux - Japanese
対象Arcserve
  • BrightStor ARCserve Backup r11.5 for Linux - Japanese
  • BrightStor ARCserve Backup r11.5 for Windows - Japanese
64bit 対応 x86_64 モードに対応
対象機種 Express5800 シリーズで Intel Pentium II 500MHz 以上あるいは互換性のある CPU 搭載の機種
対象 OS <EUC 環境>
Redhat Enterprise Linux 5.0 (x86/AMD64/EM64T) *3
Redhat Enterprise Linux 4.0 (AS/ES、x86/AMD64/EM64T)
Redhat Enterprise Linux 3.0 (AS/ES、x86/AMD64/EM64T)
MIRACLE LINUX V3.0 - Asianux Inside (x86/AMD64/EM64T)
MIRACLE LINUX V4.0 - Asianux Inside (x86/AMD64/EM64T) *2
<UTF-8 環境>
Redhat Enterprise Linux 5.0 (x86/AMD64/EM64T) *3
Redhat Enterprise Linux 4.0 (AS/ES、x86/AMD64/EM64T) *2
必要なソフトウェア
  • RPC port Mapper Service
  • glibc-2.1.3 以上
最小稼働メモリ 256MB 以上
ハードディスク 25MB 以上
その他
  • バックアップ対象となる、リモートの Linux マシンに導入するオプション製品です。
    Base (本体) 製品インストールマシン以外で使用する場合は、別売オプション製品としての購入が必要です。
  • 次の VMware 環境のゲスト OS での使用をサポートします。
    • VMware ESXserver 3.0/3.0.1 (32bit) *2
    • VMware ESXserver 2.5.3 *2
    • VMware ESXserver 2.5.2 *1
    • VMware ESXserver 2.5/2.51
    VMware ESXserver 3.0/3.0.1 でのご利用には対応モジュールが必要です。
    対応モジュールにつきましてはArcserve社の「BrightStor ARCserve Backup r11.5 Universal Client Agent 動作要件」のページをご参照ください。
    なお、VMotion はサポートしておりません。
    また VCB のご利用は個別対応とさせていただきます。
    ※ 現在ゲストOSへインストールしての使用はサポートされておりません。
製品名 BrightStor ARCserve Backup r11.5 for Linux Disaster Recovery Option - Japanese
対象Arcserve BrightStor ARCserve Backup r11.5 for Linux - Japanese
対象機種 BrightStor ARCserve Backup r11.5 for Linux が動作する環境
動作/復旧対象 OS
  • Redhat Enterprise Linux 4.0 (AS/ES、x86)
  • Redhat Enterprise Linux 3.0 (AS/ES、x86)
  • MIRACLE LINUX 3.0 - Asianux Inside (x86)
※ ただし 32bit OS 環境のみのサポートとなります。
64bit 対応 動作環境/復旧環境とも未対応
必要なハードウェア
  • 3.5 インチ フロッピードライブ
  • Linux を起動できる CD-ROM ドライブ
  • SCSI テープ ドライブ
対応ブート ローダ 上記ディストリビューションにてインストールされるブート ローダ
lilo または grub
最小稼働メモリ BrightStor ARCserve Backup r11.5 for Linux が動作する環境
ハードディスク 300MB 以上 (サーバとマネージャを含む)
その他
  • Base 製品導入サーバに導入する製品です。
  • 復旧対象はローカルサーバのみとなります。リモートサーバの復旧はサポートされていません。
  • 開発元より無償ダウンロードでの提供となります。
    ご利用に当たっては、お客様環境で使用できるかどうかを実際にご確認いただいた上で運用にご利用ください。
  • SuSE Linux Enterprise Server 9 (i686) が動作できる環境が対象となります。
    (インストールされている OS は別の OS で構いません)
    BrightStor ARCserve Backup r11.5 for Linux Disaster Recovery Option (以下 DRO) の CD-ROM は SuSE Linux Enterprise Server 9 (i686) をベースに作成されております。そのため、Disaster Recovery Option でリストアする際に、Tape/Library 装置、HDD/RAID 装置が接続されている SCSI/RAID アダプタを認識するためには「kernel 2.6.5-7.139-default i686」に対応したドライバが必要になります。
  • Disaster Recovery 実施時にドライバを組み込む場合、vfat 形式の FD は使用できません。ドライバ用 FD には必ず ext2 形式を使用してください。
  • ft サーバ環境はサポートされておりません。
  • 64bit OS 環境はインストール対象としても復旧対象としてもサポートされておりません。
  • Express5800/140Rd-4 など USB-FDD を使用するサーバの復旧には対応しておりません。
  • Flash FDD (N8160-86) を使用するサーバの復旧には対応しておりません。
製品名 BrightStor ARCserve Backup r11.5 for Linux Tape Library Option - Japanese
対象Arcserve BrightStor ARCserve Backup r11.5 for Linux - Japanese
対象機種 BrightStor ARCserve Backup r11.5 for Linux が動作する環境
対象 OS BrightStor ARCserve Backup r11.5 for Linux が動作する環境
64bit 対応 x86_64 モードに対応
最小稼働メモリ 256MB 以上
ハードディスク 300MB 以上 (サーバとマネージャを含む、データベースを含まず)
その他
  • Base 製品導入サーバに導入する製品です。動作対象は本製品導入サーバのみとなります。
  • 2 ドライブ以上を実装するテープライブラリ装置を使用する場合は本オプションが必要です。
  • 現在、EUC 環境での動作のみサポートしております。
製品名 BrightStor ARCserve Backup r11.5 for Linux Agent for Oracle - Japanese
対象Arcserve
  • BrightStor ARCserve Backup r11.5 for Linux - Japanese
  • BrightStor ARCserve Backup r11.5 for Windows - Japanese
対象機種 Express5800 シリーズで Intel Pentium II 500MHz 以上、AMD の場合は 1GHz 以上あるいは互換性のある CPU 搭載の機種、
Oracle Database が動作する環境
対象 OS
  • Redhat Enterprise Linux v.4 (AS、ES)
  • Redhat Enterprise Linux v.3 (AS、ES)
  • Redhat Enterprise Linux v.2.1 (AS、ES)
  • Redhat Advanced Server 2.1
  • MIRACLE LINUX V3.0 - Asianux Inside (x86/AMD64/EM64T)
  • MIRACLE LINUX V4.0 - Asianux Inside (x86/AMD64/EM64T) *2
64bit 対応 x86_64 モードに対応
対象 AP
  • Oracle Database 10g Standard/Enterprise Edition Release 2 (10.2.0)
  • Oracle Database 10g Standard/Enterprise Edition Release 1 (10.1.0)
  • Oracle 9i Database Standard/Enterprise Edition Release 2 (9.2.0)
  • Oracle 8i Workgroup Server/Enterprise Edition R8.1.7
  • Oracle 10g R1/R2 64 bit on RedHat ES/AS 4.0 (AMD64/EM64T) *2
  • Oracle 10g R1/R2 64 bit on RedHat ES/AS 3.0 (EM64T) *2
  • Oracle 10g R1/R2 64 bit on Miracle 4.0 (EM64T) *2
  • Oracle 10g R1 64 bit on Miracle 3.0 (EM64T) *2
  • Oracle 9i 64 bit on RedHat ES/AS 3.0 (EM64T) *2
最小稼働メモリ 256MB 以上
ハードディスク 25MB 以上
その他
  • バックアップ対象となる Oracle Server が動作するサーバに導入する製品です。
    動作対象は本製品導入サーバのみとなります。
  • Agent をリモートとしてインストールする場合、compat-libstdc++ (または「libstdc++-libc6.*.so」および「libstdc++.so.5」相当を含むその他のパッケージ) が必要です。

注意

  • Service Pack の番号につきましては「SPx」という略称を使用しています。
    「(SPx 以降)」「(SPx 以上)」という記載は、該当製品バージョンでの Service Pack として該当番号以降が必要である事を意味しており、後継バージョン製品は含んでおりません。
  • 上記「最小稼動メモリ」は推奨値となっています。
  • 上記に記載のメモリ容量、ディスク容量は、システム環境によって異なる場合がありますのでご注意ください。
  • CLUSTERPRO X1.0 環境でご利用いただく場合、フェイル オーバに対応した構成ではご利用いただけません。 仮想ホスト名および仮想 IP アドレス設定でもご利用いただけません。 なお非フェイル オーバ構成であれば、各サーバ (物理ノード) 上で、非クラスタサーバと同等の機能範囲でご利用いただけます。
    ただし Disaster Recovery Option での復旧には対応しておりません。
  • Blade Server、ft サーバ、SAN Boot (SAN 接続のストレージからシステムを起動する構成)、仮想サーバ環境などの構成にて Arcserve の使用をご検討の場合、構成について弊社営業にご相談ください。ご利用いただく環境により、お使いいただける製品が限定される場合やご利用いただけない場合があります。
  • 動作対象環境がブレードタイプの NAS サーバの場合、弊社営業にご相談ください。 ご利用いただく環境により、お使いいただける製品が限定される場合やご利用いただけない場合があります。
  • Arcserve Backup 開発元であるArcserve社テクニカルサポート のページにある「BrightStor ARCserve Backup r11.5 for Linux 製品サポート」のページには、「注意/制限事項」や「技術情報」などの情報が掲載されていますので、これらの情報もご参照ください。

ページの先頭へ戻る