ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. バックアップ/アーカイブ
  4. Arcserve Backup
  5. ソリューション
  6. マイナンバー対策
ここから本文です。

Arcserve Backup - マイナンバー対策に必要なバックアップ

マイナンバー対応として、事業者には個人情報を含む文書の漏えいの防止、滅失・破損の防止、廃棄・削除などの義務があります。
Arcserve がマイナンバー対策を支援します。

マイナンバー制度って何ですか?

マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)は、国民に「個人番号」を付番し、社会保障・税・災害対策の分野で情報を活用するための制度です。 平成27年10月より個人番号の通知が開始され、平成28年1月より個人番号の利用が開始されます。
民間事業者は税や社会保険の手続きで従業員等のマイナンバーを取り扱います。例えば、源泉徴収票・支払調書・健康保険・厚生年金・雇用保険の被保険者資格取得届などの作成時に、従業員やその扶養家族の個人番号を記載して、行政機関へ提出します。

民間事業者はどのような対応が必要?

どのようなバックアップ対策が必要か

日常のバックアップは必須 - 滅失又は毀損の防止

所管法令による保存義務文書等は、業務システム機器の故障、人為的ミス、災害などで損失しないよう、日常のバックアップによって保護します。

バックアップ中の障害への対策 - 滅失又は毀損の防止

物理的に異なる場所へバックアップを保管

単純な上書きデータコピーや同期、スナップショットでは処理中の障害発生によって、業務システムとバックアップデータの両方を損失する可能性があります。そのため、物理的に異なる保存場所へバックアップすることが原則です。
Arcserve Backup では、物理的に異なる保存先にバックアップを保管し、かつ、複数世代のバックアップを保持・管理できます。

バックアップ保存先破損への対策 - 滅失又は毀損の防止

バックアップデータの移行や複製

バックアップ保存先のディスクやテープ媒体の劣化等によって破損した場合、所管法令で定められた保存期間を遵守できません。長期の保存期間(例:7年)におよぶ保管では、ハードウェア機器の障害発生リスクも高まります。
新しい保存先へバックアップデータを移行または複製して、保存先の劣化や破損に対処します。
Arcserve Backup は、スケジュール設定による自動運用または手動操作によって、バックアップデータを複製できます。

災害やサイト火災などへの対策 - 滅失又は毀損の防止

遠隔地へバックアップデータを退避

災害発生、サイト火災等により、保管文書が損失しないために、Arcserve Backup によってバックアップ保管したテープ媒体を遠隔地へ搬送・外部保管します。

Arcserve Replication を使用すると、遠隔地サイトへネットワーク経由でバックアップデータを自動転送できます。

持ち出し・転送時の情報漏えい対策 - 情報漏えいの防止

バックアップデータを暗号化

システム外部に特定個人情報を含むバックアップをテープ媒体等で持ち出す際、テープ盗難などによる情報漏えいへの対策として、バックアップ・データの暗号化が有効です。バックアップデータをテープ媒体に書き込む際にLTOドライブで暗号化する、または、Arcserve Backup がバックアップデータを暗号化し保存先テープに書き込みます。

また、Arcserve Replication にてバックアップデータを遠隔地 へ自動転送する場合、ネットワーク転送部分を暗号化できます。暗号化によって安全性向上を図れます

保存期間を経過した文書の廃棄・削除 - 情報の廃棄・削除

バックアップデータの削除処理

保存期間が経過後、個人番号や特定個人情報を含む保存期間切れのバックアップデータを削除または廃棄しなければなりません。
Arcserve Backup では、保存期間切れのバックアップを削除処理することができます。
保存期間切れのテープ媒体自体を物理的に破壊して、廃棄処理を実施する方法も考えられます。

データクリーンサービス
ディスクやテープ媒体の破壊・消去を代行するサービスです。個人情報の漏えい、流出を防ぎます。

ハードディスクやテープ媒体を廃棄する際、サルベージなどの専門的なデータ復旧行為により、個人情報や企業機密情報が復元されてしまうおそれがあります。 「データクリーンサービス」は、専用の装置を使用し、記憶媒体内のデータを確実に消去します。
  • データ消去方法: 上書き消去、磁気破壊、物理破壊
  • サービス提供方法: オンサイト消去、持ち込み消去
  • 対応機器: ハードディスク、LTO、DAT、DLT、DVD、CD、MO、等
※サービス内容、対象機器、料金などの詳細は弊社までお問い合わせください

安全管理のために・・・

NECならハードウェア/ソフトウェアをワントップでサポート

サーバ機器、OS、バックアップ保存先装置、Arcserve製品は、NECで保守サポートをご提供しています。

プラットフォームサポート(主な特徴)
お客様対応窓口の統合
ソフトウェア製品の問い合わせ、ハードウェア障害対応の窓口を一本化し、障害復旧までワンストップにて対応します。
ソフトウェア・ハードウェア連携強化
ソフトウェア製品問い合わせやハードウェア障害等のトラブルに対して、専門技術チーム・各技術部門との連携を強化することで問題の早期解決を図ります。
問い合わせ履歴/作業履歴
NECサポートポータルのお客様専用ページから、ソフトウェア製品に関する問い合わせ履歴、ハードウェアの障害対応履歴の情報をご確認頂けます。

その他、NECサポートポータルより多数の情報をご提供いたします。

  • 各製品のサポート内容が異なる場合があります。詳細は弊社までお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る