Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

主な特長・機能 -緊急連絡・安否確認システム

災害発生時、いち早く職員・社員・家族の安否状況を確認するのはもちろんですが、震災発生から時間が経過すると、被災した職員・社員・家族のニーズに変化が生じてくることも分かり、ニーズの変化をリアルタイムに収集し、生活支援に役立つようにするなど、東日本大震災の被災経験が活かされています。


東日本大震災の被災経験を活かした特長

機能 東日本大震災の被災経験と課題 被災経験を活かした特長
確認発動 地震発生後、BCP責任者は社外にいても安否確認を発動する必要がありました 携帯電話から発動できるようにしました
出社・自宅待機などの勤務指示の伝達に苦慮しました 一斉通報としても使えるようにしました
状況回答 停電が続き携帯電話のバッテリや良好な通信環境の確保が難しい 安否状況や出勤可否をワンクリックで素早く送信するようにし、バッテリーと通信への負荷を軽減しました
Pull型では、普段から登録URLや送信フォームを各自が備え、いざという時に回答する必要があので、大災害の混乱では機能させることが難しい Push型の安否確認で、簡単操作(1クリック)で回答できるようにしました
輻輳を増長させないための工夫が必要でした シンプルな画面、最低限の通信量で送信データを軽減しました
自分の安否状況を家族に伝えたい 安否状況回答を、家族へ転送できるようにしました
状況確認 復旧作業の計画立案のため、出社できる社員を把握したい 出社可否を一覧で確認できるようにしました。
管理職者は、出勤が困難な状況でも部下の安否を確認する必要がありました 携帯電話で部下の安否登録状況を確認できるようにしました
全社員が安否確認メールを受信できているか確認する必要がありました 再送や電話連絡先を確認できるようにしました
アンケート機能 震災発生から時間が経過すると、被災した社員のニーズに変化が生じました アンケート機能により、被災状況や物資の要望などを把握し、生活支援に役立つようにました

お問い合わせ