日配品需要予測

NEC独自の「異種混合学習技術」で商品の需要を高精度に予測して、日配品の廃棄率を削減

NEC独自の「異種混合学習技術」を用いて商品の時間帯別販売実績や廃棄、欠品情報、気象情報等の相関関係を解析することにより、高精度な需要予測を実現。需要予測数と店舗の在庫情報、納品予定情報をもとに適正な発注数を自動算出し、適正な発注を実現、日配品の廃棄率削減や欠品防止、発注作業の効率化に貢献します。

小売業でのビッグデータ活用事例の図

顧客ニーズ

在庫切れによる販売機会の損失や日配品の廃棄ロスを最小限に抑えたい。

導入メリット

  • 過去のデータを学習して消費者需要の予測式を生成。
  • 予測式に、気象情報やカレンダイベント等の将来情報を入力し、未来の需要数を算出。
  • 需要予測数、現在在庫数、納品予定数から適正な発注数を算出。

AI技術

多種多様なデータから、複数の規則性を自動で発見!