情報ガバナンス強化

コンテストで世界No.1の評価を得た「テキスト含意認識技術」で要管理文書の適切な管理を実現

文中における単語の重要性、主語や述語などの文の構造を考慮し、2つの文の意味の包括関係(片方の文がもう片方の意味を含む)を認識する「テキスト含意認識技術」により、社内で発生するメールや営業報告書から、要管理情報を高精度に判定。事業停止・営業機会損失を回避します。

  • 米国国立標準技術研究所(NIST: National Institute of Standards and Technology)主催コンテストでの結果
商社でのビッグデータ活用事例の図

顧客ニーズ

機密文書を適切に管理して、うっかりミスなどによるコンプライアンス違反を回避したい。

導入メリット

  • 事業停止、営業機会の損失の回避。
  • 手作業による文書管理作業の効率化。
  • 「テキスト含意認識技術」による精度の高い分析結果。

AI技術

二つの文が同じ意味を含むかどうかを高精度に判定。

関連事例

株式会社三井住友銀行 様

株式会社三井住友銀行 様
数千人の営業職員の文書を自動で分析、判定。重要情報を漏れなく抽出しガバナンス強化を実現