ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. 最先端AI技術群 ~NEC the WISE~
  4. AI技術群
  5. 自律適応制御
ここから本文です。

自律適応制御  大量の人やモノを、想定外の環境変化に合わせて最適制御

実世界は複雑で常に変化するため、あらゆる環境変化に備えたルール作りのために、必要なデータをすべて集めることは困難です。
自律適応制御は、変化する状況に合わせて、多量のヒトやモノを自動的に配置・配分し、全体最適に導きます。
過去データの蓄積や複雑な制御ルールの作成を必要とせず、シンプルなメカニズムでリアルタイムな制御を実現します。

NECの強み

過去データの分析・複雑なルール作成が不要

多様なデータを取得・蓄積したり、全体最適に向けて様々な状況を考慮したルール追加を行う必要がありません。
現在取得できる情報をもとに、システム自身が自律的に判断し制御を行います。

リアルタイム性が高く、想定外の環境変化にも対応

システム全体を細かく分け、各サブシステムが局所的な情報だけで分散して計算するため、その時点で取得される情報を高速に処理します。
想定外の事象が発生しても即座に再計算を行い、リアルタイム制御を実現します。

ユースケース

<Case 1> 卸売業:倉庫の最適な人員配置

刻々と変化する現場状況の、作業遅延や待ち状態発生の要因を特定するのはとても困難です。複雑な要因分析をしなくても、「自律適応制御技術」に現在の残作業や人員数などを自動入力すると、倉庫全体の作業効率を最適化する人員配置をレコメンドできます。このレコメンドを踏まえて随時作業を調整することで、業務効率を最大化し、作業時間を短縮できます。

<Case 2> サービス業・不動産業:ビルのエネルギーマネジメント

ビル管理においてエネルギーの効率的な運用は、環境・コストの両面で重要な課題です。
電力や室温は天候やビルの利用状況変化の影響を受けるため、最適なエネルギーマネジメントには多種類のデータ取得やビルごとの人手による事前分析が、通常は必要です。
「自律適応制御技術」では、変化に応じてリアルタイムに空調を自律的に調整し、快適性を維持しながら省エネを実現します。

想定される適用範囲

現在取得しているデータを元に、全体最適に向けて、車両・人・機器など多数の制御対象をバランスよく制御する必要があるシーンで適用可能です。
在庫の最適配分、タクシーの最適配車、など

ページの先頭へ戻る