ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 宣伝広告
  3. 提供番組
  4. NEC presents Crossroad
  5. 2016年放送
  6. 放送内容
ここから本文です。

NEC提供番組

NEC presents Crossroad

テレビ東京系列 毎週土曜日 よる10時30分~11時00分

Crossroad

バックナンバー (2017年放送)

第172回放送 3月18日(土曜日) 
カゴメアグリビジネス研究開発センター 中村浩介

第172回放送

ポルトガルでは農業ICTを活用して効率的なトマト栽培を実践。そんな中村が今取り組んでいるのが西アフリカ・セネガルにトマト畑を作るプロジェクト。トマト未開拓の地で、セネガル人とともにトマト畑を一から作っている。文化や気質の違いから、なかなか思うように進まないことも多いが、今年はサプライズが待っていた。
異文化の土地で未来のトマト畑を夢見て奮闘する中村の姿を追う。

第171回放送 3月11日(土曜日) 合原一幸

第171回放送

合原は2012年に「病気になる前に病気の予兆を見つける方法」を数学的に開発。
これは漢方の世界では「未病」で知られる考え方。漢方研究の最先端である富山大学ではその実証実験中だ。さらに前立腺がんの治療においては「間欠的ホルモン療法の最適な投薬タイミングを割り出す計算式」を発表。分野の垣根を飛び越え、数学を駆使して様々な問題を解決。“数学で社会を変える”合原一幸、初の密着ドキュメンタリーです。

第170回放送 3月4日(土曜日) 暦本純一

第170回放送

あらゆるモノにつながり、ますます太くなっていくデジタルの神経網・インターネットを、将来にわたって何に活かしていくべきか。その回答の1つとして、暦本が提唱するのが「IoA(Internet of Abilities)」。
ネットワークを介して人々やロボットがそれぞれの「能力(Abilities)」を持ち寄り、交換して、今までにない用途の領域を切り開こうという概念だ。
彼のIoAに懸ける想い、そして、その彼が描く未来の姿とは?

第169回放送 2月25日(土曜日) 内藤善夫

第169回放送

乳酸菌で畜産業界を変える、内藤善夫。畜産業界が長年抱え続けている問題を、乳酸菌発酵飼料を利用した画期的な手法で解決している今注目の人物だ。全国250の牧場をまわり、牛を健康に育て、そこから得られる牛乳やお肉、そして堆肥でつくられた野菜を食べてもらうことで人々を健康にしたい!
今回、内藤はその想いを提供する場所として、3月にお肉をメインとしたレストランをオープンする。
畜産業界の革新者の挑戦に密着する。

第168回放送 2月18日(土曜日) 谷井康人

第168回放送

名だたるラグジュアリーホテルから熱烈な支持を受けている和歌山県のみかん農家・谷井康人。極限まで水分をおさえて育て上げる「極熟みかん」は10kg6500円。年末には1日300件を超える注文があった。谷井は生産から加工?販売まで全て行う6次産業の実業家でもある。最も支持されている加工品は「フレッシュジュース」。オレンジを極熟させるだけでなく各ホテルのオーダーに合わせた味にするため様々な工夫をしている。

第167回放送 2月11日(土曜日) 左今克憲

第167回放送

「都会に住む人に“新鮮”で“おいしい”野菜を“お値打ち価格”で届けたい!」しかも「野菜をつくる農家さんも稼げる環境をつくりたい!」という左今克憲。
そんな、実現出来そうで今まで誰も実現出来なかった八百屋を、いかにして作り上げたのか?
独創的な発想で青果業界に旋風を巻き起こす左今に密着。年商4億円の人気の八百屋「旬八青果店」の秘密に迫る。

第166回放送 2月4日(土曜日) 上田勝彦

第166回放送

漁の現場からスーパーマーケットでの販売、さらに家庭で美味しく食べる方法まで全力で取り組む上田勝彦。そこには“魚料理はめんどくさい”というイメージを覆す『目からウロコ』の情報が満載!さらに、昨年の夏から、南国では不可能と言われた牡蠣の養殖に沖縄水産高等学校の生徒と一緒に挑戦し「次世代を担う人材の育成も大切なこと」と漁師の育成にも力を入れる。
果たして南国の沖縄で牡蠣と人材は育つのか!?

第165回放送 1月28日(土曜日) 北原淳

第165回放送

小・中学校の理科実験での事故が問題視され「理科離れ」が叫ばれる近年。
あえて子どもたちに危ない器具を使わせ、自ら理科実験を体験させることを重視するのが「アインシュタインラボ」の授業の特徴。そこには北原が敬愛するアインシュタインの言葉「何かを学ぶためには、自分で体験するのが一番」という格言を実践したいという思いが込められている。
「楽しいことを見つけること」の大切さを子どもたちに伝え続ける姿を追う。

第164回放送 1月21日(土曜日) 坂井孝行

第164回放送

坂井はなぜ、農業を志したのか?それは農業の後継者不足と耕作放棄地が増えているという現状。そして問題点が多い農業の3K(キツイ・カッコ悪い・金にならない)というイメージを払拭して、新3K(かっこ良く・感動がある・稼げる)という新たな時代の農業を実現させようとしている。そこには様々な苦労があった…。

第163回放送 1月14日(土曜日) 山内三郎

第163回放送

防犯のプロという肩書きを持つ山内三郎。

警備会社で培った経験から万引き犯の行動をシステム化し、売り出したのが「サブローくん」。2009年に発売されたこのAI(人工知能)搭載防犯カメラシステムは、書店やスーパーマーケットなどに導入され話題を呼んだ。今回その実績をふまえ、さらにすごい防犯カメラ「アースアイズ」を開発!世界初「五感」搭載の防犯ロボットと言うがいったいどんなロボットなのか!?

第162回放送 1月7日(土曜日) 金子真也

第162回放送

※12/31の放送は休止です

平日でも2時間待ちは当たり前の天丼の店「金子半之助」。
大行列を生み出したのは、喧嘩上等、もと大番長の金子真也社長。オープン6年で国内14店舗・海外9店舗、年商は20億円にまで押し上げた。「利益は度外視!とにかくお客さんを満足させたい」という彼の原動力はとは?
取材で明かされる一子相伝、タレに込められた想い。喧嘩三昧だった男はなぜ変われたのか?
そこには、亡き父、姉に誓った家族の絆が隠されていた。

ここからページ共通メニューです。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る