ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 宣伝広告
  3. 提供番組
  4. NEC presents Crossroad
  5. 2015年放送
  6. 放送内容
ここから本文です。

NEC提供番組

NEC presents Crossroad

テレビ東京系列 毎週土曜日 よる10時30分~11時00分

Crossroad

バックナンバー (2015年放送)

第113回放送 12月26日(土曜日) 上原淳

第113回放送

医療業界である革命を起こし、注目を集めている町医者がいる。日本初、個人で救急病院をつくった異端の上原淳医師。彼が設立した「川越救急クリニック」は埼玉県川越市にあり、ほぼ年中無休、長時間の外来診療をしながらどんな救急患者でも受け入れている。近年、問題となっている救急車の「たらい回し」を防ぎたい一心で救急医療の現場に立ち続ける上原。
その想いの裏には今は亡きある患者への大切な想いがあった。

  • 次回は夜11時からの放送となります

第112回放送 12月19日(土曜日) 鎌田保義

第112回放送

「新橋かま田」のおでんのメニューは約20種類。価格は150円から500円。にもかかわらず、出汁に最高級の鰹節を使い、はんぺんは煮込むこと8時間。大根は火力を調整しながら5時間煮込む。
店主の鎌田保義は7年間「お多幸」大宮東口店で技術を磨き、31歳で現在の「新橋かま田」をオープンした。日々おでんの道を究めんとする、38歳の職人を追った。

第111回放送 12月12日(土曜日) 河合行雄

第111回放送

東京・荒川区に工房を構えるミニチュアドールハウス作家の河合行雄氏。もともとは父親の代から続く町工場の職人。
妻から頼まれ、工場にある金属プレス加工の古い機械を使い、ミニチュアの金属製のフライパンを作って喜ばれた ことがきっかけとなり、10年ほど前からミニチュアドールハウス作りをするようになった。
現在は妻と娘と3人で工房を運営している。番組では一家の作品作りの様子に密着する。

公式Webサイト

第110回放送 12月5日(土曜日) TAKAYA

第110回放送

TAKAYAはヘアメイクアーティストでもなければ、フラワーアレンジメントも作らない。
彼が作るのは、人の頭から植物が湧き出たような独創的なヘッドドレス。
花結い師として活動するようになって10年。彼はこの秋、花結いをした50人の遺影を自ら撮影し、個展を開くという。一体なぜ、遺影を作ろうと思ったのか?
新たな世界を切り拓こうとするTAKAYAを追った。

公式Webサイト

第109回放送 11月28日(土曜日) 神山永治

第109回放送

手打ちそば「かみやま」2代目店主の神山永治氏に密着。店は都心から100キロほど離れた栃木県佐野市の山奥の築100年の古民家!だが週末になると辺りは車であふれ、店前には人々の大行列ができるほど「美味い」と言われている。店の駐車場に並ぶ車のナンバーは栃木県内のものだけでなく県外ナンバーが目立つ。なぜ客は、わざわざ何時間もかけて山奥のそば店に集まるのか!?

第108回放送 11月21日(土曜日) 森田隼人

第108回放送

美しく美味しい、他に類を見ない肉料理の数々と、客を楽しませる劇場型エンターテインメントで焼肉屋の常識を覆してきた森田隼人さん。自らの舌と足で見つけた美味しい肉を全国各地から仕入れ、話術とパフォーマンスでお客の五感を刺激する。
その森田氏が新たに店を構えるという。新店舗オープンに伴い、彼が声を掛けたのは建築士でもある父。
新店舗に託す想いとは?

第107回放送 11月14日(土曜日) 山田敏夫

第107回放送

日本の工場から世界に通じるブランドを発信したいと奮闘する若き経営者、山田敏夫さん。
2012年に立ち上げたブランド「ファクトリエ」は、日本のファクトリー専門ブランドで、全国20以上の工場と提携してアパレル商品を開発している。店舗は持たずショールームとインターネット販売という形態で勝負し、立ち上げから3年で初年度の売上から1600%も急成長、いま注目を集めている。

公式サイト
twitter Facebook

第106回放送 11月7日(土曜日) 藤井慎介

第106回放送

木工作業だけにとどまらず材木の買い付けから漆塗りまで、全てをひとりで手掛ける木工作家・藤井慎介さん。
独特な世界観で作られる椅子やテーブルは、それだけでオブジェのような美しさをもちながら機能性にも優れているのが特徴。いま彼が挑んでいるのは他素材を扱う作家とのコラボレーション。
陶芸家やステンドグラス作家など、ジャンルの違う工芸アーティストたちとお互いを刺激し合い、さらなる高みを目指す。

第105回放送 10月31日(土曜日) 武部貴則

第105回放送

再生医療の世界で“若き天才”と呼ばれる武部貴則(28歳)さん。26歳の時にiPS細胞を使って肝臓の原基となる“ミニ肝臓”を作り出すことに世界で初めて成功。「複雑な臓器を作るのは困難」という常識を覆した。
臓器移植の外科医を目指していたアメリカでの研修医時代に肝臓移植が必要な日本人患者に出会ったことがきっかけとなり、より多くの命を救いたいと現在の研究者の道に変更した。武部さんの素顔に迫ります。

第104回放送 10月24日(土曜日) 嵯峨完

第104回放送

水曜日の朝、東京・浅草橋の駅前に法被姿で立つ名物おじさん嵯峨完さん。
通勤客に拳をだして「ガッツ」と呼びかけ、仕事に向かう人たちを励ます。
そんな嵯峨さんの仕事は居酒屋「おさかな本舗 たいこ茶屋」の経営者。
昼時には毎日お店の前に大行列ができる繁盛店だ。かつて5億円の借金を抱え、どん底まで落ちた嵯峨がなぜ復活でき、繁盛店を作ることができたのか?
そこから学んだ「本当に大切なこと」と「ガッツ流経営術」に迫る。

ホームページ
Facebook

第103回放送 10月17日(土曜日) 濱田岳

第103回放送

個性派俳優・濱田岳が、この秋、話題のドラマで主演を務めることになった。
昭和63年に公開された国民的映画「釣りバカ日誌」のテレビドラマ版。万年平社員のハマちゃん役を濱田が演じる。相手役のスーさんは、映画版でハマちゃんを演じていた西田敏行。これまでにないプレッシャーが濱田を襲う。
いかにして乗り越えて行くのか…。その緊張の現場にカメラが迫ります。

オフィシャルブログ
twitter

第102回放送 10月10日(土曜日) 宮﨑千尋

第102回放送

ラーメン屋「ソラノイロ」店主・宮﨑千尋。宮﨑は、ラーメンにあまり親しみのない女性や、動物性のものを一切食す事が出来ないビーガンと呼ばれる人々をターゲットに、野菜のみで作った全く新しいラーメン「ベジソバ」を発案。ラーメン業界にベジ旋風を巻き起こした。
「変わらないために変わり続ける」をコンセプトに、客を飽きさせることのない美味しいラーメンを日常的に考え生み出す男、宮﨑千尋に密着した。

オフィシャルサイト
twitter Facebook

第101回放送 10月3日(土曜日) 木場克己

第101回放送

体幹を鍛えるトレーニングで話題のプロトレーナー木場克己。柔道整復師・鍼灸師の経験を元に「体幹」を鍛える重要性を見い出し実践、なでしこジャパンの大儀見選手やサッカー日本代表の長友選手などトップアスリートを陰で支えている。実は「体幹」を鍛えるトレーニングは、誰でも簡単にでき、あらゆる人の健康づくりに欠かせない筋力をつけるという。
今、人気のプロトレーナー木場克己に密着した。

オフィシャルサイト
Facebook

第100回放送 9月26日(土曜日) 井田恭太郎

第100回放送

今年7月、油井亀美也宇宙飛行士らを乗せたロケットが大空の彼方へと飛び立った瞬間を、地上から感慨深く見つめる男がいた。日本の宇宙事業の中枢機関・JAXAでフライトディレクタを務める井田恭太郎だ。彼の任務は、国際宇宙ステーション内の日本の実験棟“きぼう”の安全管理や宇宙飛行士が“きぼう”内で活動する際の地上からの指揮。
子供の頃から憧れ続けていた宇宙への想いを胸に奔走する姿を追った。

第99回放送 9月19日(土曜日) 柄本時生

第99回放送

一度見たら忘れられない個性的な容姿と自然な演技で、作品に独特の風味を加える人気の若手個性派俳優・柄本時生。父は柄本明、母は角替和枝、兄の柄本佑も俳優という芸能一家の次男坊。「密着取材は初めて」という柄本を撮影すること9カ月。
カメラが捉えたのは徹底した職業意識と表裏のない自然体すぎる姿。
柄本時生、25歳の素顔に迫る。

第98回放送 9月12日(土曜日) 西亜里沙

第98回放送

「DRUM TAO」は、日本の伝統楽器である和太鼓などを、鍛え上げた身体を使い演奏するパフォーマンス集団。国内外で高く評価されている。その4代目リーダーが西亜里沙だ。
今年、結成22年目を迎えたTAOに新たな挑戦が待ち受けていた。それは、初めて演出家を招いての作品制作。演出家・宮本亜門の求める演技が、TAOの演奏・パフォーマンスに加わるとどうなるのか?

オフィシャルサイト
twitter Facebook

第97回放送 9月5日(土曜日) 田中哲司

第97回放送

優しい父親役から凶暴な犯罪者まで幅広い役柄に対応し、時にはエキセントリックなキャラクターさえも見事に演じきる名脇役・田中哲司。
舞台、映画、テレビドラマと多岐にわたって存在感を発揮している。複数のドラマや舞台を掛け持ちしながら、膨大な量の台詞をどのようにたたき込んでいくのか。密着で見せたのは、台詞を覚えるために標高3000メートル級の立山連峰で登山をするストイックな姿だった。

第96回放送 8月29日(土曜日) 青木良太

第96回放送

陶芸家・青木良太の作品は、金や銀、虹色に輝くカラフルでガラスのようなワイングラス、滑らかな肌触りのカップ…など、一見、陶器に見えない独創的なもの。毎年国内外で開かれる個展では、入荷待ちが続くほどの人気だ。
今年4月、陶芸家になって13年目にして倒炎式の薪窯を建設。これまで電気窯で緻密なデータをもとに自在に作品を作り出してきた青木が難しい自然の炎を相手に、新しい表現に挑む様子に密着した。

公式サイト

第95回放送 8月22日(土曜日) 大谷秀政

第95回放送

渋谷のカフェのカリスマと呼ばれる大谷秀政。
年商20億を稼ぎ出す経営方法は一風変わっており、渋谷に来る大多数ではなく5%を相手にしたカフェをつくる。
店はどれも路地裏、暗い店内、古びた不揃いの椅子…と一見、時代に逆行しているように見えるが、年間10万人もの客を呼ぶ。
再開発が進む渋谷で、人らしい居場所づくり、そして渋谷の裏路地から街の魅力を発信し続ける、大谷の挑戦を追う。

オフィシャルブログ

第94回放送 8月15日(土曜日) 米村昌泰

第94回放送

京都料理界きっての異端児とされる、京都の「レストランよねむら」オーナーシェフ・米村昌泰。
フレンチとも和食ともつかない新しい味を作り出すそのスタイルは“米村流”と称される。
今回、米村は初めて大学の学生食堂の名物メニューの開発を引き受けることになり、これまでとは異なる「学生価格のメニュー作り」の壁に奮闘する。
彼の料理はいかにして作り出されるのか?密着取材し、その仕事を解き明かす。

レストランよねむら

第93回放送 8月8日(土曜日) 西尾鉄也

第93回放送

日本アニメの技術力の高さを世界に発信し続ける男、アニメーター西尾鉄也。
これまで携わった作品は、数多くの海外の映画祭に出品され、アニメ業界からは「神」として崇められている人物だ。
この夏、西尾が挑むのは、世界80か国以上で放送される世界的大ヒットアニメ「NARUTO -ナルト-」シリーズの最新映画。作品が出来上がるまでに密着!

第92回放送 8月1日(土曜日) 萩春朋

第92回放送

福島県いわき市の丘の上にある「1日1組」にこだわった小さなレストラン『Hagiフランス料理店』オーナーシェフ・萩春朋。
フランスのオランド大統領に料理を振る舞った経験を持ち、2014年には農林水産省が認める「料理マスターズ」に選ばれた新進気鋭のフレンチシェフだ。
皿の上に畑の味を再現するため情熱を燃やす姿に密着する。

公式サイト

第91回放送 7月25日(土曜日) 増田明美

第91回放送

“詳しすぎるマラソン解説”で話題の人、スポーツジャーナリスト増田明美。
彼女の解説が視聴者の心を掴んで離さない理由は一体何故か?
歩んできた半生、またその私生活に理由は隠されていた。
現場を駆け回りどんなに些細な“小ネタ”も逃さない取材に番組は密着。
また、謎に包まれた私生活を本邦初公開!
見えてきたのは意外な素顔だった。

公式サイト

第90回放送 7月18日(土曜日) 高橋克実

第90回放送

劇団員時代はアルバイトをしては舞台に上がり芝居を磨いていた。そして36歳の時、人気ドラマに抜擢され、そのコミカルな演技が評価されると、自分にしか出来ない芝居があることを知る。これを機に、シリアスからコメディーまで幅広い芝居で活躍し、さらに43歳の時、あるものを捨てたことで大ブレイクした。
遅咲きの苦労人が明かすこれまでの自分、そしてこれからの自分とは?

公式サイト

第89回放送 7月11日(土曜日) 市川染五郎

第89回放送

歌舞伎の名跡・市川染五郎さん。伝統を重んじる歌舞伎界で、常に新しいものを求めてきた彼が、この夏新たな舞台に挑む。高校時代に出会い、いつか歌舞伎にしたいと温めてきた平安時代の蝦夷の指導者アテルイの伝説を、人気劇団「劇団☆新感線」の演出家と脚本家とともに『阿弖流為』として歌舞伎化する。
カメラはイメージ作りのために岩手県のアテルイの里を訪れる染五郎にも密着。
果たして、どのような舞台になるのか!?

オフィシャルサイト
オフィシャルブログ

第88回放送 7月4日(土曜日) 久保宗一

第88回放送

都会に残されたわずかな敷地に理想の家を設計する狭小住宅のスペシャリスト、建築家の久保宗一氏。土地がどれだけ狭くても、どんな形をしていようとも、施主にとって必ず居心地の良い空間を生み出す、狭小住宅の巨匠と言われている。
そんな百戦錬磨の久保氏に新たな依頼が!建坪が6坪しかとれない超狭小地に、夢のマイホームはどのように生み出されるのか?狭小住宅にこだわる久保氏の建築家としての哲学を追った。

第87回放送 6月27日(土曜日) ヒロミ

第87回放送

1986年にお笑いトリオB-21 SPECIALでデビュー後、バラエティやドラマ、さらに実業家としても活躍していたヒロミは、容赦ない毒舌、強烈なツッコミを行うスタイルで注目を集めていた。
しかし、ヒロミは突然テレビから姿を消した…。なぜヒロミは芸能界から姿を消したのか。
そして今、毎日のようにテレビで活躍している理由とは?密着取材の中から見えてきたのはヒロミ流の仕事術だった。

オフィシャルブログ
twitter

  • 6/20は特番のため番組は休止になります。
  • 次回6/27は1時間スペシャル!よる10時~放送

第86回放送 6月13日(土曜日) カール・ベンクス

第86回放送

美しい棚田に囲まれ、どこか懐かしい日本の原風景が残る、新潟県十日町市松代地域の竹所集落。
10世帯にも満たないこの小さな集落に居を構え、古民家の再生を手掛けるドイツ人建築デザイナー、カール・ベンクス氏がこれまでに手掛けた古民家は、カールが住む竹所集落を中心に全国に50軒ほど。
和と洋を融合させ、スタイリッシュで利便性の高いものを追及し、古民家に命を吹き込んでいく、その一部始終を追いかけました。

第85回放送 6月6日(土曜日) 夏木マリ

第85回放送

歌手としてデビュー後、女優、アーティスト、監督など様々なものを創り表現してきた夏木マリさん。
60歳を迎えた時、今までの人生でやり残したことは何かと自問自答したところ「唄う」ことに全力投球できていなかったと思ったという。夏木さんは、ミュージシャンとしての「夏木マリ」を復活させると決断。
番組では、この春から夏にかけ、キャリア40年にして初の全国縦断ライブに挑戦する姿に密着しました。

オフィシャルサイト
twitter Facebook

第84回放送 5月30日(土曜日) 戸澤宗充

第84回放送

琵琶を弾きながら弘法大師の生涯を語る尼僧・戸澤宗充氏は各地の寺や講演会で説教をしてまわる日々を送る。
ライフワークは夫の暴力や家族の問題など、心身の傷を負った女性達の人助け。もともと2児の母親であり普通の主婦だった戸澤尼僧が、なぜ出家し人々を救うための活動を始めたのか?そこには波乱万丈の人生が…。
人のために尽くし、人を助けることが生き甲斐の戸澤尼総の奮闘と新たなチャレンジを追いかけました。

  • 『全仏オープンテニス2015』により放送時間の変更・休止の可能性があります。

第83回放送 5月23日(土曜日) さだまさし

第83回放送

デビューから42年、還暦を過ぎてもミュージシャン、そして小説家としても常に第一線で活躍するさだまさしさん。そんなさださんの原動力の一つが一緒に歳を重ねてきた年齢層の高いファンたち。ところが『今度、満30歳以下の人たち限定のコンサートをオールスタンディングで行います』と宣言したのだ。なぜ、さださんは若者に目を向けようとするのか?
番組ではU-30コンサートに挑むさだまさしさんに密着。

オフィシャルサイト
オフィシャルブログ

第82回放送 5月16日(土曜日) 友光雅臣

第82回放送

日本仏教の宗派を超え神道の協力を得ることで宗教の枠も超え、能や生花や書道などの日本の伝統文化をテーマにしたイベント「向源(こうげん)」の代表を務める僧侶・友光雅臣さん。東日本大震災を契機に友光氏がひとりで始めた「向源」は日本仏教界の常識を覆し、今年は増上寺を舞台に2日間、5000名の集客を目指すイベントに規模を拡大した。その開催までの日々に密着し、若き僧侶のバイタリティーの秘密と苦悩を追った。

向減
Facebook

第81回放送 5月9日(土曜日) 田村はつゑ

第81回放送

群馬県桐生市にある食堂「はっちゃんショップ」を切り盛りする名物女将“はっちゃん”こと田村はつゑさん(79歳)。日替わりのメニューが13品ならび500円で食べ放題!
“おばあちゃんの味”を求め、食堂は連日大盛況。なのに店は毎月赤字だという。
賑うほど出費がかさむにもかかわらず「お客さんに喜んでもらいたい」一心で年金を切り崩して毎日厨房に立つ。波乱の人生を送ってきた肝っ玉かあちゃんに密着した。

第80回放送 5月2日(土曜日) 杉窪章匡

第80回放送

東京・代々木に2013年にオープンしたパン屋『365日』のオーナーシェフ・杉窪章匡氏は、今、パン業界が最も注目するパン職人の一人だ。杉窪が目指すのは「新しい形の日本のパン」。
これまでのヨーロッパから伝わってきたパンの作り方の概念を覆す、全く新たな日本らしい製法。
常識を覆す作り方とはいったい!?パン職人・杉窪章匡のパンにかける熱い情熱を追った。

オフィシャルWebサイト
Facebook

  • 放送日時は変更になる場合があります。

第79回放送 4月25日(土曜日) 平野美宇、伊藤美誠

第79回放送

4月26日から中国・蘇州で行われる卓球の世界選手権。この日本代表選手に中学生の平野美宇と伊藤美誠がシングルスとダブルスの2種目で初選出された。彼女たちは“みうみま”と呼ばれ、女子卓球界の顔である福原愛や石川佳純らの次世代のエース。 お互い幼い頃から卓球を始め、頭角を現してきた。「最高のパートナー」であり「最高のライバル」、さらには「最高の友」でもある中学生コンビの強さの秘密と素顔に迫ります。

第78回放送 4月18日(土曜日) 赤井勝

第78回放送

請け負う仕事は、個人のフラワーギフトから店舗の装飾、イベントのモニュメントまで様々。
過去には、伊勢神宮式年遷宮の献花奉納や北海道洞爺湖サミットの装花を担当するなど、赤井氏の独創的な作品は国内外で高く評価されてきた。今回、赤井氏は時代を代表する料理人やクリエーターがコラボして作り上げる数日間限定のレストランイベントに参加。
富士山を望む日本平を舞台に「桜」を使った装花に挑みました。

オフィシャルWebサイト
公式ブログ
Facebook

第77回放送 4月11日(土曜日) 石橋凌

第77回放送

1980年代、ARBという伝説的ロックバンドのボーカリストとしてメッセージ性の強い楽曲を次々と発表、日本のロックシーンを熱狂させていたが、1990年、突然ARBは活動を停止。石橋さんが音楽活動を休止し俳優業に専念すると宣言したためだ。
そんな石橋さんが再び音楽シーンに戻ってきた。彼は“音楽”で何を伝えようとしているのか?
コンサート&プロモーション活動に密着し、奮闘の日々を追いかけました。

オフィシャルWebサイト

第76回放送 4月4日(土曜日) 吉永陽一

第76回放送

鉄道関係の書籍ランキングで2013年に1位を売り上げた写真集「空鉄(そらてつ)-鉄道鳥瞰物語-」を出したプロの鉄道写真家、吉永陽一さん。「空鉄」とは鉄道空撮写真のこと。吉永さんが撮る「空から見た鉄道風景」は、鉄道マニアでなくとも初めて目にする壮観な光景に感動するといわれている。
3月12日に運行が終了した寝台特急「トワイライトエクスプレス」の最後を「空鉄」として見送るため空から待ち受ける吉永さんに密着。

公式サイト
ブログ

第75回放送 3月28日(土曜日) 富田文隆

第75回放送

群馬県赤城山の人里離れた地で黙々と「木」と向き合う男、木工家・富田文隆さん。
いま、国内外の名だたる料理人たちから熱い眼差しが富田に注がれている。お目当ては富田さんが生み出す独特の木の世界。その世界観を自分たちの店舗の「内装」に取り入れたいというのだ。富田さんの木の世界は何故これほどまでに人々を惹きつけるのか?
彼の多忙な日々に密着し、その魅力を探った。

第74回放送 3月21日(土曜日) 及川正通

1975年から雑誌「ぴあ」の表紙を担当。時代の顔を独自の視点で切り取り描いたイラストは、2011年の休刊まで1300点以上にのぼる。ギネス世界記録にも「同一雑誌の表紙イラスト制作者として世界一長いキャリア」として認定された。その及川さんが今、人生をかけたある大作に取り組んでいる。持てる技術と情熱をすべて注ぐ作品は、果たして完成するのだろうか?

第73回放送 3月14日(土曜日) 小平秀一

第73回放送

日本の海洋研究の総本山である海洋研究開発機構(JAMSTEC)において、被害地震の7割以上とされる“海底を震源とする地震”の研究の陣頭指揮を執り、この分野のフロントランナーの一人として数々の研究を“減災へと繋がる”と信じて行ってきた。東日本大震災から4年。決して立ち止まることなく、地震の研究を続ける小平さんに密着。

第72回放送 3月7日(土曜日) 楠田裕彦

第72回放送

シャルキュティエの楠田裕彦氏登場。シャルキュトリーとは、ソーセージ、ハム、テリーヌ、パテなどの総称。
兵庫に2店舗ある専門店「メツゲライクスダ」は、芦屋のマダムからミシュランの星を獲得している一流シェフたちまで多くのファンがいます。今年1月、シャルキュトリーを使った世界大会「インターナショナルケータリングカップ」出場のため本場フランスに乗り込んで奮闘する彼の挑戦を追いかけました。

メツゲライ・クスダ
twitter

  • 夜11時25分からの放送となります。

第71回放送 2月28日(土曜日) 塩田眞

第71回放送

日本で最初に夜間動物救急車を始めた塩田眞さんは、日大の獣医学科に入学。しかし学生紛争が盛んな時期で授業が受けられず、一念発起してバングラデシュの獣医大学に進学した。ここでの経験に加え、豊富な外科の症例を持つ塩田さんは、獣医師界で手術のスペシャリストとして有名だ。
動物のために昼夜を問わず走り続ける姿を追いかけました。

第70回放送 2月21日(土曜日) 佐々木薫

第70回放送

近年社会問題化しているごみ屋敷の清掃、片付け(不用品の処分)を専門に行っている会社「孫の手」を、夫とともに会社を切り盛りするのが佐々木薫さん。元々は便利屋として始めたが、ごみ屋敷と化した自分の部屋に悩む女性からの依頼がきっかけで、ごみ屋敷専門の清掃を行うことになった。
これまで手がけたごみ屋敷は1000軒以上。日々ごみと戦う彼女の奮闘に迫ります。

第69回放送 2月7日(土曜日) 山嵜継敬

第69回放送

「救急搬送力」いわゆる患者のたらい回し“ワースト1”だった川崎市にあって、24時間365日「患者を必ず受け入れる」ことをポリシーにしている民間病院、川崎幸病院。
そんな川崎幸病院に「救急患者を断らない」だけでなく「頼ってくる患者を断らない」医師がいます。それが山嵜継敬さん。
どんなに多忙でも直接対応し、患者一人一人の声に耳を傾ける、若き医師の姿に迫ります。

*2/14は放送休止となります。

第68回放送 1月31日(土曜日) 長谷川聡子

第68回放送

日本酒で初めてモンドセレクション特別金賞を受賞した『羅生門』など数々の銘酒の蔵元である和歌山県の田端酒造。
この蔵で酒造りに携わる7代目が長谷川聡子さん。後継者自らが杜氏として働くのは田端酒造の長い歴史の中でも彼女が初めて。最初に醸じた『さとこのお酒』は、マスコミに取り上げられるほど大評判となり、田端酒造の一翼を担っています。その長谷川が結婚・出産を経て、この冬、再び酒造りにかけます。

田端酒造オフィシャルWebサイト

第67回放送 1月24日(土曜日) 佐藤涼子

第67回放送

ボイストレーナー「Ryon2」こと、佐藤涼子さん。一流アーティストからデビュー前のアーティストまで、数々のボーカリストに独自のボイストレーニングを実践し注目を浴びています。彼女の教室には、1日7~8人のアーティストが個人レッスンを受けに来ます。普段は見られないアーティストが行うボイストレーニングに密着し、見た人にも役立つ、斬新かつ分かりやすい練習法を紹介。佐藤涼子の人気の秘密と魅力に迫ります。

オフィシャルWebサイト
ブログ

第66回放送 1月17日(土曜日) 有馬みゆき

第66回放送

福島県須賀川市にある人気温泉旅館「おとぎの宿 米屋」の女将、有馬みゆきさんに密着。
旅館未経験からいきなり初代女将となり、さまざまな試行錯誤の末、予約困難の人気宿になったが、2011年の東日本大震災で風評被害に遭い宿泊客が激減。客足を回復させようと再起をかけて奮闘中だ。素人だった女将が作り上げた、リピーターが押し寄せる旅館の人気の秘訣に迫ります。

第65回放送 1月10日(土曜日) 河野孝彦

第65回放送

京王百貨店の「元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」。北は北海道、南は九州まで全国各地の駅弁300種類以上が一堂に会する百貨店業界最大のイベントだ。2015年の第50回の記念大会を中心となって取り仕切っているのが京王百貨店の河野孝彦さん。粘り強い交渉で、目玉企画が次々と実現。こだわりがつまった大会の全貌とはいかなるものか?駅弁をこよなく愛す男の駅弁大会開催までの奮闘を追りました。

ここからページ共通メニューです。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る