サイト内の現在位置

街の安全安心をささえる。アルゼンチン ティグレ市の映像監視ソリューション [02:46]

音声テキスト

物流可視化ソリューション

映像監視ソリューション

ティグレ市長 フリオ セザール氏:
ティグレ市はアルゼンチンのブエノスアイレス州に属している街です。
観光が主要事業となっており、これが市民の雇用を創り出しています。
街の安全は重要です。
私達は、市民のための都市計画を作ることを決めました。
私達が望むのは安全で、活動的、そして健康的な街です。
1,000台以上のカメラが街のあらゆる場所に設置されています。 
カメラによる監視はオペレーションセンターで行われ、犯罪や事故の防止に役立っています。

ティグレ市 市民保護長官 マリア ユージニア フェラーリ氏:
約300人のスタッフが交代で24時間勤務しています。
私達は新たな技術を数々開発し、この街に適用してきました。
市民の安全のために、犯罪を防ぐのが目的です。
マルチチャンネル情報システムや公衆路に設置されたカメラのお陰で、私達は緊急通報より先に情報を得ることができます。
NECと市の協業により構築されたソリューションのひとつはナンバープレート認証です。
以前は月に約100台の車が盗難されていました。
職員とNECの協力により、この種の犯罪を約80%減らすことができました。
NECと共に取り組んだもうひとつは顔認証技術の導入です。
これにより司法当局との連携が可能となり、犯罪者の逮捕、行方不明者の発見につながりました。

ティグレ市長 フリオ セザール氏:
現在アルゼンチンで最も成功した公共安全モデルは間違いなくティグレ市のもので、それは大変な努力の成果です。
これは一朝一夕では出来ません。
NECとの戦略的な提携に基づいた結果なのです。
最先端の技術は より安全な街を可能にし、人々、市民にとっての強い味方であると思います。

Orchestrating a brighter world
NEC

概要

アルゼンチン共和国 ブエノスアイレス州ティグレ市では映像監視ソリューションを導入しています。
NECは行方不明者などの捜索に「顔認証技術」、犯罪につながりやすい行動や不審車両の「行動検知」、盗難車両を迅速に特定する「ナンバープレート認証」など、街の安全安心の向上をささえています。


関連リンク


動画へのご意見を聞かせてください。

この記事を評価
  • ここで書き込まれた内容に関しましては、返信は差し上げておりません。また、いただいたコメントはプロモーション等で活用させていただく場合がありますので、あらかじめご了承願います。

お問い合わせ

(2016年9月28日)