サイト内の現在位置

エリア拡大の費用と時間を大幅短縮!エジプトの通信環境を支える「パソリンク」 [4:23]

音声テキスト

ファラオの国、エジプト。
人口は7800万人。アフリカの中でも急成長している国のひとつです。
他の発展途上国と同じく、夢は情報革命の波に乗ることです。

その夢をかなえようとしているのが、エジプトの大手携帯通信キャリア、モビニール。1500万人の加入者数を、ここ数年の内に倍増させることを目標にしています。

モビニール BSS&通信マネージャー モハメッド・アズミー:
発足当時の我々のスローガンは「皆の手に携帯電話を」
ほんの数年前には誰も持っていなかった携帯電話を今では皆が使っています。


THE CHALLENGE

モビニールに対する需要は高いものの、そこには大きな課題がありました。
通信信号の多くは、地表深く、ケーブルで複雑に結ばれたネットワークを通ります。データバックボーンと呼ばれるものです。

このデータバックボーンと携帯電話の基地局がつながることで、エリア内のユーザーは信号を受信できます。
市街地から田舎まで、どのようにしてデータバックボーンを拡大するか。それがモビニールの課題でした。
地下の通信網を広げるには多大なコストと時間がかかり、政府の許可がおりない場合もあります。

NECカイロ ゼネラル・マネージャー モハメッド・ゼンハム:
道路を掘ると完全に交通が止まってしまいますから政府は道路の掘削工事を一切禁じています。

モビニールは、コスト効率の良い、シンプルなソリューションを模索していました。


THE SOLUTION

この問題を解決したのがパソリンク。NECが誇るマイクロ波通信デバイスです。
地下を通っていた通信信号は、空中を飛んで伝送できるようになったのです。掘削工事は必要ありません。

複数のパソリンクをネットワーク上でつなげることで、データバックボーンが形成されます。
そして、パソリンクのネットワークとモビニールの基地局がつながり、携帯電話ユーザーはクリアで安定した通信ができるようになりました。
問題は解決されたのです。


THE TECHNOLOGY

パソリンクは、日本だけで生産されているNEC製品のひとつです。100年におよぶNECのコア技術開発の集大成。パソリンクの精密で無駄の無い設計は、高い耐久性と信頼性を備えており、過酷な条件にも耐えることができます。昼間は40度、夜にはマイナス4度になる砂漠の気温にも耐えられます。

NEC グローバルネットワーク事業部長 中田博也:
パソリンクの信頼性は群を抜いています。障害発生の確率はおよそ100年に1度。
この数値は業界平均の10倍も優れたものです。

パソリンクのもうひとつの強みは、信号の強さです。パソリンク一台で、信頼性の高い信号を、見通しがきく範囲で50km以上伝送できます。
設置も簡単でコスト効率が高いため、モビニールはネットワークを急速に拡大できました。

BSS&通信マネージャー モビニール モハメッド・アズミー:
無線中継リンクを建設するのに何日もかかっていましたが、今では数時間
一日で設置し、稼動できるのです。


THE BENEFITS

パソリンクのおかげで、モビニールはエジプト全土を活気付けることができました。
カイロの市場では、バザールの商人たちがすばやく底値をチェック。

通信エリアは紅海の豪華なリゾートまで広がり、観光客は携帯電話だけでなくモバイルインターネットも利用できます。

パソリンクはその利便性とともに、世界中に広がっています。この素晴らしい21世紀の通信は、古代の人々もきっと賞賛してくれることでしょう。

概要

パソリンク(エジプト)

写真:パソリンク

エジプト。約7800万人の人口を持ち、アフリカでも急速な成長を続けている国です。人々の願いは、グローバルな情報革命の波に乗ること。

その願いを実現すべく、ビジネスを展開しているのがエジプトの大手通信キャリア、モビニール。ユーザーは1500万人以上ですが、近年中にその加入者を倍増させようとしています。

ここで、通信信号がどのように伝送されるのか、整理してみましょう。

まず、通信信号の多くは「データバックボーン」と呼ばれる、地下のケーブルネットワークを通ります。そして、通信信号が携帯電話の基地局とつながることによって、エリア内のユーザーは電波を受信できるのです。

しかし、地下にある通信網を拡大するには費用と時間がかかり、例えばカイロのような都市部では、工事自体が許可されない場合もあります。道路を掘ると交通を止めてしまうことになり、ひどい渋滞を招いてしまうからです。

この打開不可能にも思える状況で、モビニールはNECに助けを求めました。解決の鍵となったのはNECの技術の粋を集めたマイクロ波通信デバイス、パソリンク。パソリンク同士がつながり、ネットワークを構成することにより、データバックボーンが形成されるのです。このデバイスのおかげで問題は解決され、道路の掘削工事を行うことなく、高品質の信号を伝送することが可能となりました。

パソリンクは、日本の国内工場だけで生産されているNEC製品のひとつです。NECが誇る信頼性の高い技術で、最高レベルの基準を満たす必要があるからです。その品質管理が、マイナス4度からプラス 40度という厳しい砂漠の 気温変化の中でも使用可能な耐久性、信頼性を生んでいるのです。

NECのグローバルネットワーク事業部長、中田博也氏は次のように言います。「パソリンクの信頼性は傑出しています。100年に1回故障するかどうか、と言ってもいいでしょう。これは、業界平均値の10倍も優れた数値です。」

パソリンクが送出する信号は、非常に強いもので最大50km先まで届きます。また、容易に設置でき、費用面でも大きなメリットがあります。

「簡単に言いますと、無線中継リンクを建設するのに何日もかかっていましたが、今では数時間でできてしまうわけです。一日で新しい中継点を作り、サービスを開始できるのです。」こう説明してくれるのは、モビニールのBSS&通信マネージャー、モハメッド・アズミー氏。

パソリンクのおかげで、モビニールは携帯電話のサービスエリアを国中に広げることができました。今では、カイロの市場でも紅海のラグジュアリーなリゾートでも、住民や観光客は携帯電話とモバイルインターネットを利用できるのです。

パソリンクの恩恵を受けているのはモビニールやエジプトの人々だけではありません。どんな辺境の地であろうとも、パソリンクは人々の願いをかなえ、いつでもクリアで信頼性の高い通信を楽しめる環境を実現しているのです。


関連リンク


動画へのご意見を聞かせてください。

この記事を評価
  • ここで書き込まれた内容に関しましては、返信は差し上げておりません。また、いただいたコメントはプロモーション等で活用させていただく場合がありますので、あらかじめご了承願います。

お問い合わせ