サイト内の現在位置

アジア地域工場の基幹統合を実現。ルネサスのグローバルバリューチェーン最適化 [02:35]

音声テキスト

ルネサス エレクトロニクス株式会社
組織活性化本部 情報システム統括部 統括部長 田尻 昌三 氏:

ルネサス エレクトロニクスでは安全・安心・快適で環境にやさしい社会を構築するために付加価値を高めた最適な半導体のソリューションやサービスを提供していきます

この変化と競争の激しいグローバル市場において持続的に成長するためよりダイナミックな生産調整を可能とする基盤作りが重要です

海外工場では個別の基幹システムによる運用で各社間の人的な連携に頼り多くの負荷を掛けてしまいます

そのため ITでは基幹業務システムの標準化により各社間の情報連携がタイムリーにできる仕組みの提供が必要でした

変革の第一歩としてマレーシア工場から着手しました

Renesas Semiconductor KL Sdn. Bhd.
Senior Director,
伊藤 博範氏:

工場ではお客様の要求されるQCDを実現する上で問題を素早く発見し課題を解決する必要があります

そのため 調達・生産・原価・会計を一貫してカバーできるシステムを導入したいそれも 短期間で安全に既存システムから移行したいと考えていました

ルネサス エレクトロニクス株式会社
組織活性化本部 情報システム統括部 生産・アドミニシステム部 部長 佐藤 博文 氏

私たちがNECをパートナーに選んだ理由は万全のセキュリティ対策と当社の事業戦略や業務に合わせた柔軟なシステム構築と運用・保守まで日本と現地が連携したワンストップ体制が充実していたからです

NEC製SAPテンプレートの活用とコンサルタントの推進力クラウドも活用し 低コストでわずか半年での基幹システム立ち上げが実現しました

Senior Director,
伊藤 博範氏:

これまではデータの整合に時間がかかっていましたがSAPの資材発注・在庫管理機能を導入しデータの同期が容易になりました

その結果 決算処理の時間短縮課題の早期認識対策の実行に繋がっています

コスト計算に関してもBOM・コストセンターを標準化したことで実コストの把握が容易になり改善活動に活用しています

バーコードの活用でデータ入力など現場工数を軽減でき現場は大変助かっています

組織活性化本部 情報システム統括部 統括部長 田尻 昌三 氏:
今後は 経営情報の見える化など機能の充実と共に他のグループ工場への共通システムを展開を通じて世界中のお客様のニーズにこたえる為にバリューチェーン全体を通しての業務改革をNECと進めて行きたいと思います

Orchestrating a brighter world
NEC

概要

アジア地域の生産工場を支える基幹システム全面刷新に向けたルネサス エレクトロニクス様の取り組み。変化の激しい半導体市場での競争に勝ち抜くためのグローバルでダイナミックな生産調整を可能にします。


関連リンク


動画へのご意見を聞かせてください。

この記事を評価
  • ここで書き込まれた内容に関しましては、返信は差し上げておりません。また、いただいたコメントはプロモーション等で活用させていただく場合がありますので、あらかじめご了承願います。

お問い合わせ

(2016年12月15日)