サイト内の現在位置

モノやTVにかざしたり、撮影するだけで簡単に情報を入手できる画像認証サービス [5:56]

音声テキスト

カメラが小型化し、高解像度なものとなった今日。パソコンや、スマートフォンなどの情報端末が高速で大容量な情報網に接続し、画像認識を簡単に扱える時代になってきました。そう、今、まさにカメラが頭脳を手に入れ、さらには人間の目よりも優る能力を発揮する時代となっているのです。NECはこれまで、様々な用途に合わせた画像認識技術を開発。そして、ワールドワイドに活用されています。今回は、実際に使用されているものから、開発中のものまで、3つの先端的な画像認識技術をご紹介致します。

<画像認識サービス 「GAZIRU」>

スマートフォンなどのモバイル端末を通して、自動車や食品など様々なものを対象とする画像認識サービス「GAZIRU」。一体、どのようなサービスなのでしょうか?

(NEC 第三キャリアサービス事業部 福澤茂和)
「このマンションにスマートフォンをかざしますと、このマンションの不動産情報が分かります。今、どこの部屋が空いているのか、その部屋の間取りとか家賃がどのくらなのかという情報が表示されます。」
マンションにスマートフォンのカメラを向けるとマンション名が表示されます。
スマートフォンを振り、空いている部屋をタップすると物件情報などを引き出せるのです。また同様に、車に対しても車種名だけではなく、販売情報なども入手することができるのです。では、決まった形のものではなく、それぞれ異なる形のものは認識するのでしょうか?

(福澤)
「カレーであったり、スパゲッティーであったり、食べ物にスマートフォンをかざしますと、それが何であるのかを判定したり、情報をリンクさせると摂取カロリーがどのくらいであったりするかということも表示が可能です」
では、どのくらいの料理を認識するのでしょうか?

(福澤)
「スパゲティであれば、ペスカトーレとカルボナーラとたらこスパゲティであれば見分けられます。」
「カレーはキーマカレーくらいは見分けられます」
また、このGAZIRUは、静止画だけでなく、動画に対しても使用することができるのです。例えば、このようなCMにカメラを向けると、出演者の名前を表示させることができます。なぜスマートフォン一つで様々なものを見分ける画像認識が出来るのでしょうか?

(福澤)
「NECが独自に開発した画像認識エンジンをスマートフォンやクラウドに持たせているからです。」
このような画像認識エンジンには、その画像が何かを判別する画像辞書を使います。しかし、それはスマートフォンにも入るほどの小さなデータ量になるのでしょうか?

(福澤)
「特定のものしか認識しないのであれば、画像認識辞書をスマートフォンに入れることもできます。」
「GAZIRUではより多くのものを認識させるために、外部サーバーとクラウド技術を使って、スマートフォンなどのモバイル端末に負担をかけずに、画像認識を行なうことができます。データ量と計算量を削減したNEC独自のロジックがガジルには使われているので、スマートフォンで画像認識のサービスが提供できるのです」
このGAZIRU、どのようなサービス展開が可能なのでしょうか。

(福澤氏)
「一般の利用者からはあの車を調べたい。この雑誌に載っている食べ物を食べたいという時に画像から情報を検索することができます」
「企業側にとっては、ツイッターやブログの写真を分析することで、何が流行っているかを分析できます。検索した結果に関連した広告を連動させることもできるのです」
このGAZIRU、いつから利用が可能なのでしょう?

(福澤氏)
「2012年の秋からファーストサービスが開始されます。」
そもそも画像認識はどのような仕組みになっているのでしょうか。
NEC中央研究所で画像認識の開発を行なっている広明敏彦です。

(NEC中央研究所 広明敏彦)
「人間がものを区別する時にも、物に対する知識が必要です。機械もその物を識別する時には、それに対する大量のサンプルデータを用意しまして、事前に学習する必要があります。」

画像認識の最初のステップは学習。認識させたい画像から輪郭線だけが分かるように画像処理を行い、縦線や横線、斜め線の数、色などの特徴を数値化します。これをグラフにマッピングし、境界線を引く事が学習になるのです。この特徴空間の地図を作成し、新しい画像をマッピングすれば、どのような画像かを認識できるのです。

(広明)
「例えば、物の認識ですと、現在は100から200種類の識別が可能となっています。さらに顔の認証は進んでいまして、現在ですと100万人以上の識別が瞬時にできるという時代になっています。
画像認識の技術は日進月歩で進んでいますので、今後様々な日常シーンに使って頂けるようになってくるのではないかと考えております」
音声認識がスマートフォンの耳になり、画像認識が目になって、
面白いサービスが展開されるかもしれません。

関連リンク


動画へのご意見を聞かせてください。

この記事を評価
  • ここで書き込まれた内容に関しましては、返信は差し上げておりません。また、いただいたコメントはプロモーション等で活用させていただく場合がありますので、あらかじめご了承願います。

お問い合わせ

(2013年1月25日)