サイト内の現在位置

自動車間の情報交換で安全性UP、近未来のドライブを創り出す車車間通信システム [2:44]

音声テキスト

私たちにとって大きな関心事、交通安全。
エアバッグやABSが導入された今も、事故は絶えません。
2000年、ヨーロッパだけで年間4万人の死者、170万人の負傷者が出ました。


THE CHALLENGE

交通安全に、エレクトロニクス技術を活用出来ないかと自動車業界は考えました。


THE SOLUTION

NECは車同士が自動的に情報交換を行い、危険が迫っているときには警報を発するという技術を開発しているヨーロッパの自動車メーカー・コンソーシアムに参加しています。


THE TECHNOLOGY

NECは独自のプラットフォームを設計し、プロジェクトに貢献しています。

NECヨーロッパ、ネットワーク研究所 ゼネラルマネージャー ハインリッヒ・シュツッゲン:
これまでにない画期的な新技術です。世界のどこを見ても、この技術を使っている人はいないと思います。

将来の実現に向け、研究が進められている車車間通信。
車に内蔵されたセンサーから後続車に送られた情報が車同士で共有されます。
移動型のLANのようなシステムですが、LANとの違いはアドレスではなく、GPSによる位置情報で通信を行うという点です。

NECヨーロッパ、ネットワーク研究所 ゼネラルマネージャー ハインリッヒ・シュツッゲン:
車車間通信に使える信頼性の高いテクノロジーだと断言できる段階になりました。

車車間通信システムでは事故、天候、急ブレーキなどの情報がダッシュボード画面に警告として表示されます。GPSとリンクしている為、ドライバーは自分のルートに関係ある情報のみを受け取ります。
このようなNECのソフトウェアのノウハウは自動車メーカーに不可欠です。

ダイムラークライスラーAG社 車両ITサービス研究部 ディレクター ラルフ・ヘルトヴィッヒ:
今後もNECをはじめとしたパートナーが、多くのソリューションを提供してくれるでしょう。彼らの役割はますます重要になります。


THE BENEFITS

NECと自動車メーカーの研究は進行中ですが、成果が出始めています。将来的にはドライバーはガソリンスタンドや渋滞の位置が把握できるだけでなく、車の診断を受けることも出来るようになるでしょう。
そして、最大の利点は言うまでも無く、多くの生命が救われることになるのです。

概要

写真:車車間通信システム01
写真:車車間通信システム02

高速道路でのドライブを想像してください。あたりは暗くなって来たし、あなたは疲れている。スピードも出し過ぎています・・・ そのときです。「1キロ先に渋滞がある」という警告が聞こえました。あなたは車のスピードを落とし、渋滞につかまっている間、ちょっと眠ることにします・・・

まるで近未来小説のワンシーンのような状況ですが、今や実現不可能ではありません。NECの協力があれば、各自動車メーカーが数年以内に提供できるシステムです。

ドイツ、ハイデルベルクにあるNEC研究所のソフトウェア・エンジニアチーム。彼らが開発しているのは、自動車の速度、急ブレーキやエアバッグの使用状況、路面温度などのデータを感知し、いわば各自動車を「通信ハブ」として周辺の車両に安全情報を送信するシステムの試作品です。今までドライバーには見えなかったところにまで目が届くようになる、まさに画期的な技術です。それはもうすぐそこまで来ています。

この車車間通信システムを、ダイムラー・クライスラー社がスマートカーを使用してテストした結果、500メートル以上離れた車両間でデータの送受信を行うことができました。NECの画期的技術を支えるのは、各車両に搭載された衛星ナビシステムの位置情報に基づき、自動車同士を「ネットワークハブ」として接続するプロトコル。すれ違う自動車は、わずか数秒しか通信範囲にいないため、システムのデータ収集及び送受信は非常に高速に行われます。

さらに、「関連性」のある情報のみを伝えるということも必要です。「高速道路でブレーキを踏んだ」という情報は、前方の車にとって重要ではありませんが、後続500メートルの車にとっては重要な情報です。ダイムラー・クライスラーAG社の車両ITサービス研究部門ディレクター、ラルフ・ヘルトヴィッヒ博士は、今後、高度な車両ITシステムのニーズが高まるにつれ、自動車業界におけるNECの役割は、安全性のみでなくドライバーへの情報提供という点においても非常に重要となって来ると指摘します。あなたが向かっている町のレストランのメニューが車内で調べられる。便利な世の中になりますね。

NECの車車間通信技術が実現すれば、それぞれの自動車がモバイルWi-Fiポイントとなり、高速で動くワイヤレス通信網を構築することになります。そこで求められるのは、各自動車メーカーによる通信標準の制定です。ヨーロッパにおける標準の合意を目的として結成された「車車間通信コンソーシアム」において、NECは重要な役割を担っています。


動画へのご意見を聞かせてください。

この記事を評価
  • ここで書き込まれた内容に関しましては、返信は差し上げておりません。また、いただいたコメントはプロモーション等で活用させていただく場合がありますので、あらかじめご了承願います。

お問い合わせ