Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

エジソンを唸らせた男 NEC創始者 岩垂 邦彦

サガテレビで放映したNECの創始者 岩垂邦彦の物語 [ 28:05 ]

音声テキスト:OPENボタン
音声テキスト:CLOSEボタン

オープニング

旧、豊前国豊津にあった小倉小笠原藩の藩校・育徳館で学び、後に世界を舞台に、大きく羽ばたいた人がいます。

2009年11月28日。
福岡県京都郡みやこ町に、近代化が進む明治時代に偉業を果たしたその人の記念碑が完成し、除幕式が行われました。

岩垂邦彦。
NEC・日本電気の創始者にして、かの発明王・エジソンを唸らせた男…。

(峯高寺 住職 村上 達亮さん)
「私が小学校にあがった頃、ある日非常に颯爽としたお方にお見えられて、この近所にない服装をされて非常に軽快、そして、ステッキを持って私の地域の住職が一緒にお参りして、その時『今参った方は、電気を入れられたとっても偉い人よ』って言われて…」

(孫・十合晋一さん)
「割と正義感があるというか、弱い者いじめをするのをすごく怒ったというような所があったみたいです。
ハトに餌をやるとですね、太ったハトが出てきて、弱いハトが食べようとするとちょんっと頭をつつくんですよね。杖でもって、そういう意地悪なハトを追っ払ったりするなんて、そんなことはなんとなく覚えていますねえ。」

(孫・吉岡道子さん)
「小さい時はただ怖いばかりで…。年を取りまして、案外細かいとこに気がつくやさしい人だということを色々な人から聞きましたり、思ったりするようになりましたけれども。
いろんなことが出来て、目的のために我慢してやれた人だと思います。一度決めたことを一生懸命努力する人だったと思います。」

岩垂邦彦は、エジソンの下で働き、学んだ最初の日本人です。
長い鎖国の時代があけ、文明開化の波が打ち寄せたその時代、先見の明をもって単身アメリカに渡り、黎明期の電気事業に携わった工学士・岩垂邦彦・・

やがて、日本初の日米合弁会社「日本電気」を創業し、通信機器のトップメーカーに育てあげます。

世界の、そして日本の電気事業の黎明期に、アメリカと日本を太いパイプで結んだ岩垂邦彦。その軌跡に迫ります。


生い立ち

幕末の安政4年(1857年)、岩垂邦彦は、小笠原藩の家老の次男として現在の北九州市小倉に生まれました。

やがて、幕府方と新政府方とがしのぎを削る明治維新。

新政府方にあった小笠原藩は、城をあとにして豊前・豊津、現在のみやこ町に藩を移しました。

一説によると…

(講談師)
「邦彦が14歳の時、まさに時代を象徴するような事件がおきます。邦彦の父、喜多村修蔵が暗殺されたのです。そこで邦彦は、兄とともに仇討ちを決意いたします。」

ところが、仇を探して上京した邦彦兄弟が見たのは…。
文明開化まっただ中の東京!

その目にとまったのは、慶応義塾の傍らを小脇に図書を抱えて登校する書生たちの生き生きとした姿でした。

時代は大きく変わり、仇討ちなどと言っているような時代ではなくなっていたんです。
二人は、父が願っていたのは、私的な復讐ではなく、維新による新しい国づくりに役立つことではないだろうか。そう考えたのかもしれません。兄弟は仇討ちをやめ…、学問の道に進んだんです。

地元、みやこ町に戻った岩垂邦彦は、藩校「育徳館」で勉学に励みます。
当時としては珍しく、オランダ人教師カステールから洋学も学んでいます。

そして、後の東京大学工学部となる工部省工学寮に進みます。
新しい国づくりを目指して明治政府が設立した初めての本格的工学系の大学です。授業は英語で行われ、電信の技術を理論と実践双方から学びました。

官費学生だった岩垂は、卒業後、義務奉職として工部省に4年間勤務。

その後、単身アメリカに渡り、エジソンの会社に初の日本人として採用されます。
明治19年(1886年)のことでした。
岩垂は、エジソンの下で、さらに、電気・電信技術を習得していきました。

※工部省=1870年(明治3年)鉄道・鉱山・工作・灯台・電信・造船など殖産興業をつかさどるために創設された中央官庁。85年に廃止。


直交論争とその波紋

2年後、エジソンの元にいた岩垂のもとに、新しく設立される大阪電燈の発起人から依頼があります。
技師として迎えたく、また発電設備一式の調達を依頼したいというのです。

快諾した岩垂でしたが、そこにはまず解決しなくてはならない大きな問題がありました。

当時、電気技術の世界では、発電方式を直流にするか交流にするかの論争のまっただ中。

(国立科学博物館 前島 正裕さん)
「当時は、直流では電圧を自由に変えられませんでしたので、自由に変えられないということは、使う電圧で送ると言うことです。

つまり、100ボルトとか200ボルトの電圧で電気を送るということですから、それに比べて交流のほうは、途中で電気がなくなってしまわないようなロスをしてしまわないような高い電圧で送ることが出来ます。

そうしますと何千ボルトとか、今ですと50万ボルトとか高い電圧を使っているのですが、そういう高い電圧を使えば、途中で電気を失うことなく遠くまで電気を送れるんです。

ですから、直流で安全にコストはかかるけどそれで使ったほうがよいのか、まだ開発中の技術で危険性があるけれども高い電圧を使って交流を使ったほうがよいのか、世界的に意見が分かれている時だったんです。」

(講談師)
「エジソンは、筋金入りの直流支持者でございました。ところが岩垂は、対立する交流を支持。どうする岩垂!」

岩垂は揺るぎません。自らの信念を貫き、交流式の発電機をなんとエジソンが敵対するトムソン・ハウストン社から購入。日本での販売権を大阪電燈にとりつけたのです!

大きなわだかまりを残して、岩垂はエジソンの会社を去っていきました。


日本の発電事情

その頃の日本は、モダンな西洋文化が流入した文明開化の時代。
その象徴のひとつが電燈照明でした。明治15年(1882年)、東京銀座に日本初の電燈・アーク灯が灯ると連日大勢の人が見物に詰め掛けました。

そして、明治20年(1887年)11月。日本初の電力会社・東京電燈が、直流による送電を開始しました。岩垂がアメリカから帰国する前年のことです。

アメリカから帰国した岩垂は、大阪電燈の創業準備に加わり、翌、明治22年(1889年)、大阪電燈が稼動をはじめます。

日本初の交流発電のスタートです。

同じ年、東京に、日本電燈も創業します。
その技師長に就任した前田武四郎は、交流方式を導入。岩垂の交流論の支持を明確にしました。そのことが後に、前田と岩垂とを結ぶことになります。

(国立科学博物館 前島 正裕さん)
「電気の技術は、非常に短い間にどんどん進歩していきまして、わずかその議論から数年の間に交流で安全に送れる技術が確立してまいります。

従って、世界的に交流を使うよう様な方向に進んでまいります。日本も岩垂さんが最初に交流の発電所を作りますけれども、その頃には、交流で電気を送ろうという人達も次第に増えてまいります。」

一貫して交流論を唱え続けた岩垂は、交流発電を行う大阪電燈を軌道にのせるために、「10の得意先を失えば、それに代わる20の新しい得意先を開拓しよう」という信念で、身を削るような努力を重ねました。

一方、直流を支持していたエジソンの会社は…

(講談師)
「なんと、敵対していたトムソン・ハウストン社と合併して、ゼネラル・エレクトリック社(GE)を設立。交流発電機などの強電製品を生産する世界最大の企業にしてしまいました。」

※強電=電気エネルギーの発生・輸送・利用、その応用を扱う電気工学

「岩垂との関係も回復させたのはもちろんのこと、最高の信頼の証として、岩垂のいる大阪電燈をゼネラル・エレクトリック社(GE)の総代理店としたのでございます!」

その業績は、大阪電燈でも高く評価され、初代技師長に任命されます。
そして岩垂は、アメリカと日本を往き来しながら、ますます活躍の場を広げていきます。


電力の応用

日本で初めて電気を動力として応用するようになったのは、明治23年(1890年)の終わり。浅草公園に建てられた12階建ての高層建築に設置された日本初のエレベーターでした。


岩垂、電気商会の設立

折から日清戦争に勝利し、日本の産業が一気に開花した19世紀末。電気の需要は益々増加していきます。そんな中、大阪電燈では、発電機などの自社生産の動きがおきます。

岩垂は、ゼネラル・エレクトリック社(GE)との契約から、特許などの諸問題の了解が必要と提言します。しかし、当時の日本には、特許など知的資産に対する考えはなかったため受け入れられません。

岩垂はゼネラル・エレクトリック社(GE)との信義を欠くとして大阪電燈を退社します。

この一件で、ゼネラル・エレクトリック社は岩垂に対する信頼を深くし…、なんとゼネラル・エレクトリック(GE)社製品の販売代理権を大阪電燈から岩垂個人に移してしまうんです。

大阪電燈を辞した岩垂は、自宅に事務所を設けて、ゼネラル・エレクトリック社(GE)製品の輸入業務を始めます。

人並み外れた勤勉さと努力で得意先の対応や開拓に奔走する岩垂に、援助者も相次ぎ、業績は予想を超えて進展します。

また、後に、通信などの弱電機器のアメリカ最大企業ウエスタン・エレクトリック社(WE社)からも代理店に指定され、アメリカの二大企業の代理店となったのです。

そして、また大きな転機が訪れます。


当時の電話事情

当時日本では、電話事業が注目されていました。
逓信(ていしん)省が発足し、明治23年(1890年)に東京・横浜間の電話が開通して電話拡張事業に乗り出したのです。しかし電話設備が不足。海外からの輸入が必要となっていました。

そんな中、ウエスタン・エレクトリック社(WE)が本格的に日本市場を開拓するためにカールトンを派遣してきます。


WE社との合弁へ

明治30年(1897年)、ウエスタン・エレクトリック社(WE社)は、日本で共同出資による新会社の設立を考え、当時唯一の国産電話機器メーカーだった沖商会(後の沖電気)と交渉に入ります。
沖の要請で、岩垂が仲介に入りますが、最終段階で不調に終わります。

(講談師)
「岩垂は、責任を感じ、自らがウエスタン・エレクトリック社(WE社)と共同で電話機製造会社を設立することを提案いたします。
そうして、日本初の合弁会社設立へむけて動き出したのでございます。」

岩垂がパートナーに選んだのが、直流交流論争で交流を主張したあの前田武四郎!
東京の電気事情にも明るく、逓信(ていしん)省の入札資格も有していた前田を得て、新会社創立が具体化していきます。

前田は、その決意に至った心情を「岩垂氏の話が如何にも将来に望みがあるのと、米国の大会社と結んで事業を為すその幹部の一員に参加するということが余の年来の志望に合致する」と伝えています。


三吉電機工場買収

現在、NEC本社がある三田に、かつて前田が技師として勤務していた三吉電機工場という、日本で初めて直流発電機を製造した由緒ある工場がありました。
その頃、経営の危機に瀕していたその工場を、前田の提案で買収します。

買収にあたって岩垂は、ウエスタン・エレクトリック(WE社)と交渉の末、破格の条件をつけました。
老朽化していたにもかかわらず、工場を現在の平均給与で換算すると16億円という超高額で買い取り、三吉を新会社の終身顧問としたのです。

これは、日本の電気事業の発展に貢献した三吉電機への配慮だったと後に前田が記しています。


日本電気創業

そして明治32年(1899年)7月17日。
日米通商航海条約が改正され、それまでの欧米列強諸国との不平等条約が改正されたその日に、日本初の外資系企業「日本電気株式会社」をスタートしたのです。

社長制は導入せず、専務取締役に岩垂、監査役に前田、取締役にウエスタン・エレクトリック社(WE社)のカールトンが就任します。

(講談師)
「岩垂は規律を重んじ、規則や罰則を定めておりました。罰則の中には…

就業中眠ムルモノ
始業ノ汽笛アルニモ関ラズ其業ニ就カザルモノ
作業終了ニ際シ使用器具ヲ散乱ノ侭退場セルモノ

などなど、禁じておりました。」

岩垂の実直な人柄を知ることができる就業規則です。
日本電気株式会社は、当時の最先端の文明の利器だった電話通信機などの輸入販売からスタートします。

これは日本電気が設立当初から作っていた電話機。中に発電機を内蔵した卓上型です。

時代は、ますます電信や電話が普及する時代へと移行していきます。

『Better Products, Better Service』

岩垂と前田が定めた日本電気の基本方針です。
日本電気が輸入する製品は、世界の一級品であること、日本電気の生産する機器も世界一流であり、そのアフターサービスは責任をもって果たすことを世間に約束する・・創業の精神です。

(孫・吉岡道子氏)
「元服はしませんでしたけど武士で、藩校にも行きましたし、小笠原家というのは一番暗いやかましい所ですから、きっとそういうことは侍魂じゃないでしょうか。
母がなんかの時に『毅然としていなさい。』とよく叱られたと申しますけど、それはやっぱり武士の家庭の気持ちじゃないでしょうか。
一度決めたことあるいは、自分が命令したことは、人に迷惑をかけないように実行するということを心がけていたようです。」


現在のNEC

あれから1世紀。
日本の、世界の、情報通信の発展とともに躍進を続けてきた日本電気・NEC。

(NEC社長 矢野薫)
「NECの創業者は、ベタープロダクツ・ベターサービスというのを創業の理念として掲げました。私たちは、これを日々新たにイノベーションでよりよいもの、それを社会に送り出していくということを会社の使命としてやってきました。
今、このベタープロダクツ・ベターサービスの精神は100年を過ぎても少しも古くなっていないと信じています。」

そしてこれから…

(NEC社長 矢野薫)
「NECは、次の10年に、人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する、というのをビジョンとして掲げています。地球環境と共生しながら、人々が安心に安全に、そして豊かな社会の中で暮らしていけることを目指しています。私たちはこのビジョンを日々追求することで、グローバルにリーダーとなっていくことを目指しています。」

自ら信念を持ってイノベーションを創るというNEC創業以来のDNA。
昨日と違う明日を創る、その夢と情熱が、更なるイノベーションを生み出します。

情報通信に関するイノベーションで、お客さまや社会が直面している様々な課題の解決に貢献し「人と地球にやさしい情報社会」の実現をリードしていくのです。

NECは、創業者の精神を受け継ぎ、より良い未来を創るために挑戦を続けています。


エンディング

NEC創始者 岩垂邦彦…。

晩年岩垂は、母校にプールを作る資金を寄付したり、豊前の育英会に出資して、郷土の学問を志す若者たちを支援しました。

また、日本の工学・理学・医学の発展を意図して理工学・医学系の大学院生を対象にした「岩垂奨学会」を設立して科学技術の研究者を支援。その支援は、現在も続けられています。

(岩垂家 当主 岩垂 好直さん)
「曽祖父が亡くなりましてかなり時間が立つんですが、その間、曽祖父のことを忘れず今回このような立派な記念碑を建立していただいて、本当にみやこ町の皆様に感謝しています。
厳しかったというところはあると思うんですが、当時の写真を見ますと顔はとても穏やかな顔をしておりますので、その辺は心では厳しく、態度ではやさしくというところがあったのかもしれません。」

(孫・吉岡道子さん)
「涙が出てくるくらい懐かしかった。私やっぱり何年もそばにおいてもらいましたから、叱られたこともありますし、いろいろ生活を共にした思い出もございますから…。懐かしく思います。」

世界の電気事業の黎明期に、国際的センスと叡智を持って電気史上に名を刻んだ岩垂邦彦…。

日本初の合弁会社を設立し、日本の電気通信産業発展の基礎を築きました。

“Empowered by Innovation”
岩垂邦彦の精神は、100年の歳月を経た今もなお、NECのDNAとして生き続けています。


アンケート


Get ADOBE FLASH PLAYER

動画の視聴には、最新の Adobe Flash Player が必要となる場合があります。 Adobe Flash Player のインストールは、こちらをご覧ください。


NEC公式チャンネル YouTube