サイト内の現在位置

福冨農産導入事例 NECの農業ICTで「かっこいい、楽しい、稼げる農家」になる [03:00]

音声テキスト

生産原価データ活用サービス導入事例
農業の未来をつくる
福富農産が目指す 企業的農業経営

農業生産法人 有限会社 福冨農産
代表取締役 福冨博之 氏:

日本の農業は、
後継者不足・農家の高齢化など様々な課題を抱えています。

私は宮崎県綾町で 「福冨農産」という会社を経営していますが
農業のイメージを
「かっこわるい、きつい、 儲からない」から
「かっこいい、 楽しい、 稼げる」 つまり
「企業的農業経営」を実現していきたいと考えています。

これからの農業経営者は
単にいいものを 効率的につくるだけではなく
どうブランディングして売っていくかが重要です。

米や野菜をブランド化し県外で流通させて利益を出すには
高品質・安定供給・コストの見える化という大きな課題がありました。

私達は農作物を作るプロなので
美味しい米・野菜を作る自信はあります。

でも、生産原価がわからない
農作物を流通させる販路の開拓方法もわかりませんでした。

その課題解決に向けて「生産」だけではなく マーケティングまで見越した
NECさんの生産原価データ活用サービスを導入しました。

社員が毎日入力するので各圃場の作業状況が
クラウド上で一元的に管理できるようになりました。

その結果、人件費・材料費・燃料費などの生産原価を
農作物ごとに計算し、把握できるようになりました。

他にも産地情報の公開機能で
作業記録を取引先にリアルタイムで公開し
双方で収穫量の予測を立てて出荷調整が出来るようになりました。

農業生産法人 有限会社 福冨農産
専務取締役 福冨貴裕 氏:

使ってみると、入力はすごく簡単ですし
作業実績を見せることで
私たちが毎日野菜に多くの手間と愛情をかけているんだ
ということが伝えられます。

農業生産法人 有限会社 福冨農産
代表取締役 福冨博之 氏:

企業的農業経営の実現に向けて
ICTを使ったデータ活用が欠かせないと実感しています。

このサービスを使えば 日々の様々な農業データを蓄積・活用できて
生産・加工・流通・販売というサプライチェーンがつながり
農業の6次産業化に向けた動きが加速できると思います。

私たちが目指している 「楽しく、かっこいい、稼げる農業」の動きが
全国に広がってくれると日本の農業再興への期待も膨らみます。

今後もNECさんと一緒にICTの力で日本の農業を元気にしていきたいですね。

Orchestrating a brighter world
NEC

概要

農家の高齢化、後継者不足、耕作放棄地の増加など日本の農業課題を抱える宮崎県綾町。
この町で地域を挙げて農業を「かっこいい、楽しい、稼げる」イメージに変革しようと企業的農業経営モデルを目指す福冨農産社長の福冨博之氏。
福冨氏は「NECの生産原価データ活用サービスを導入したことで農作物の生産原価を把握し、健全な農業経営につなげることができ、産地のデータを取引先にも公開することで新たな販路開拓にもつなげることができた」と語る。
「稼げる農業」を営むための、農業×NEC×ICTによる新たな農業を紹介します。


関連リンク


動画へのご意見を聞かせてください。

この記事を評価
  • ここで書き込まれた内容に関しましては、返信は差し上げておりません。また、いただいたコメントはプロモーション等で活用させていただく場合がありますので、あらかじめご了承願います。

お問い合わせ

(2017年12月12日)