サイト内の現在位置

ドローンの最新技術で安全で効率的な警備を [02:56]

音声テキスト

大規模な国際イベントでは会場が広範囲にわたることがあります。
それにともない、警備リソースの分散、警備員の不足などから、警備業務には一層の効率化が求められます。

より効率的な警備で、リスクを防ぐ

NECは最新ドローン技術を用い、安全で安心なイベント警備を実現します。
監視カメラや警備員の目が行き届かないエリアも、ドローンを活用することで、24時間、空中から地上の全面的なモニタリングが可能です。
また、人の上空を避けて飛行するなど、来場者や警備員の安全の確保が求められます。
それには、正確で安定した自律飛行の技術が不可欠です。
ドローンは、あらかじめ設定されたルートを飛行します。
飛行中は地上の状況を認識し、安全飛行をアシスト。

人を発見すると、ドローンは危険エリアと認識し、危険エリアを避けた新ルートを設定し飛行を続けます。
目的地へ飛行後、ドローンは自動的に帰還します。

GPSと映像解析技術により、正確な着陸を実現します。
不審者や不審物をいかに早く発見し、不測の事態を未然に防ぐかは、警備における重要な課題のひとつです。
遠赤外線カメラで、上空から熱源を探します。

遠赤外線カメラで、目視ではわかりにくい対象も、昼夜を問わず検知します。
高度な映像解析技術で、警備を見える化します。

NECは、ドローンを活用した最新技術で、安全・安心・効率的なイベント警備に貢献します。

Orchestrating a brighter world
NEC

概要

大規模な国際イベントでの効率的な警備に貢献する、ドローンの最新技術の実証実験動画です。
NECは最新のドローン技術である、人の上空を避けた自律的な飛行、離着陸をする「安全飛行支援技術」、不審者・不審物を検知し素早く通知する「危険を未然に防ぐ技術」を活用し、安全・安心で効率的な警備に貢献します。


関連リンク


動画へのご意見を聞かせてください。

この記事を評価
  • ここで書き込まれた内容に関しましては、返信は差し上げておりません。また、いただいたコメントはプロモーション等で活用させていただく場合がありますので、あらかじめご了承願います。

お問い合わせ

(2017年4月20日)