サイト内の現在位置

名作文学を、AIが珈琲に。「飲める文庫」 [01:31]

音声テキスト

読むだけだった小説の楽しみ方が、変わります。
誕生、飲める文庫。
それは、AIによって生まれた、名作文学が味わえるコーヒー。

人は小説を読んだ時、さまざまな感情を抱きます。
“読後感”と呼ばれるその感情を、
最先端のAI技術群「NEC the WISE」で、
コーヒーの味を構成する5つの指標に変換しました。

小説の読後感から導き出された味わいは、豆のブレンドや焙煎の度合いなど、
さまざまな過程を経て、プロフェショナルの手で形になっていきます。

主人公の劣等感がほろ苦い「人間失格」ブレンド
男女のロマンスが甘美に香る「舞姫」ブレンド
青春の日々が甘酸っぱい「三四郎」ブレンド

名作たちが、舌で楽しむコーヒーに。
人と文学をもっと身近に、もっとおいしい関係に。
NECのAIが挑んだ、新しい答えが、ここにあります。
名作文学を飲もう。
発行。飲める文庫。

Orchestrating a brighter world
NEC

概要

NECとコーヒー豆専門店の株式会社やなか珈琲様は、AIと珈琲のプロフェッショナルのコラボレーションにより、名作文学の読後感をコーヒーの味わいで再現したブレンドコーヒー「飲める文庫」を新たに開発しました。
NECのAI技術力や、人とAIの協調を身近に感じていただけるように取り組みました。
AIがあれば文学だっておいしくなる。NECのAIが挑んだ、新しい答えが、ここにあります。


関連リンク


動画へのご意見を聞かせてください。

この記事を評価
  • ここで書き込まれた内容に関しましては、返信は差し上げておりません。また、いただいたコメントはプロモーション等で活用させていただく場合がありますので、あらかじめご了承願います。

お問い合わせ

(2017年10月27日)