サイト内の現在位置

IoTを活用した次世代ものづくりソリューション「NEC Industrial IoT」 [02:00]

音声テキスト

NEC 執行役員常務 大嶽 充弘:
NECバリューの一つであるベタープロダクツ、ベターサービスを絶えず意識しお客様への提供価値を継続的に拡大していく現場力がNECの強みです。
NECはICTで現場の課題を見える化しAIも可能な限り活用することで課題解決を図っています。

NECネットワークプロダクツ株式会社 共有製造部長 一條秀雄:
私たちはNECの社会ソリューション事業を支える製品を生産する会社で、通信機器、アンテナ機器の生産を行っております。
私たちは改善の手段として、NECインダストリアルIoTの活用を開始しました。
物体指紋認証とはNEC独自の特徴識別技術を活用し、物体表面の目に見えない微細な特徴から個体識別を行う技術です。
おかげで基盤のトレーサビリティが容易になりました。
音声認識技術には、主に作業者に作業内容を音声で案内する機能と作業結果などを音声で入力する二つの機能があります。
手順の迷いや誤りがなくなり、作業の効率が大幅に向上しました。
これ以上改善が難しいと考えていた生産工程でIoTにより新たな改善の余地を見出し、20%の生産性向上を実現しました。

NEC 執行役員常務 大嶽 充弘:
NECはつながる工場でサプライチェーン全体のイノベーションを推進しつながる製品で高品質な製品サービスを継続的に提供しお客様との揺るぎない信頼関係を構築してまいります。

Orchestrating a brighter world
NEC

概要

「プロセス・イノベーション(つながる工場)」、「プロダクト・イノベーション(つながる製品)」を実現するNEC Industrial IoT。
自社でいち早く活用し「つながる工場」を実現した事例を紹介しています。
工場では耐騒音性に優れたNECの音声認識技術「VoiceDo」の活用による現場作業員のオペレーション支援や先端AI技術群「NEC the WISE」の1つ、「物体指紋認証技術」の活用により基盤のトレーサビリティを容易にしました。
これからもNECは、IoTを活用した次世代ものづくりソリューションを提供し日本の製造業の競争力強化に貢献します。


関連リンク


動画へのご意見を聞かせてください。

この記事を評価
  • ここで書き込まれた内容に関しましては、返信は差し上げておりません。また、いただいたコメントはプロモーション等で活用させていただく場合がありますので、あらかじめご了承願います。

お問い合わせ

(2017年3月30日)