ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 宙への挑戦
  3. しずく
  4. 地球を見つめる星を造って
  5. 第4回 看板を背負う男達の自負
ここから本文です。

地球を見つめる星を造って 第4回 看板を背負う男達の自負

あの日、筑波の総合環境試験棟は大きな揺れに見舞われた。何時までも続く大きな揺れの中、「しずく」試験に携わっていた全ての関係者の胸に去来する想いは、「衛星は大丈夫か?」それだけだった。揺れが収まったその後の試験棟では・・・・・
衛星組み立てのリーダー唐土宏行、検査のリーダー津元憲聡、二人のキーマンはこのとき筑波から1000kmも離れた種子島宇宙センターのロケット組立棟にいた。筑波からの一報、緊張が走る。しかし種子島からはすぐに筑波に戻ることは出来ない。焦りがつのる。
「現場の作業者に任せるしかない・・・彼らを信じよう」
3月16日、5日かかってようやく筑波の試験棟に駆けつけた彼らが見たものは、震災当日そこに居合わせた技術者たちによる懸命に衛星を守る作業の成果だった。
そこから衛星を元の状態に戻す必死の作業が始まった。これまで経験したことの無い作業の連続。
衛星がその完成に近い形で遭遇した初めての巨大地震、この未曾有の状況の中、何とか衛星を復旧させて、スケジュール通りに打ち上げを達成した技術者達の苦闘の日々。


写真:「しずく」組立リーダー 唐土 宏行

唐土 宏行
「しずく」組立リーダー

「全員で衛星を守れ」

  • 小笠原:今回の「しずく」関係者インタビューで、多くの方が口にするあの去年3月の東日本大震災、完成に近い試験中の衛星が始めて遭遇した大地震、みなさんのように製造/検査に関わった方は現場で大変だったでしょう?
  • 唐土:実はその当日、3月11日、私たち2名は、筑波から1000kmも離れた種子島宇宙センターにいたのです。それも、まさに「しずく」がロケット先端に載せられるその場所、ロケット組立棟の中での調査のまっ最中でした。

    大地震発生の情報は筑波からの一報でした。あの日は会社よりも家庭よりも筑波との連絡が優先でした。その電話で衛星本体は無事なこと、試験棟の壁が崩れたり、全電源が落ちたりしていることを聞きました。筑波の現場には、NEC「しずく」システムのメンバーや、製造/検査の“腕っこき”たちがいるので当座は大丈夫とは思いながらも、一刻も早く現場に駆けつけたい思いでいっぱいでした。

    とはいえ、交通手段の問題もあり筑波にはなかなかたどり着けません。私が筑波の衛星試験現場に着いたのは3月16日、地震から5日もたってからのことでした。

    現地入りして様々な人に状況を聞くと、まず衛星を保護するためにビニールシートでぐるぐる巻きにして、横倒しで試験最中だったのを直立させていました。その後、一番安全なエリアに移動を完了してくれていたのです。当日は「しずく」の試験チーム以外にも様々な機器の試験チームが試験棟にいて、その人たちが各自の担当を越えて、当日そこにあったもっとも大きな「しずく」を保護するために働いてくれたと聞きました。本当に仲間はありがたいと、そう思いました。

    でもこれは始まりでした。ここから2ヶ月にも及ぶ復旧作業が始まりました。正直、打ち上げがどうなるんだろう?もう上がらないじゃないかという不安に襲われたこともありました。「しずく」だけじゃなく筑波宇宙センターの全体(日本全体だったかもしれない)が混乱していましたから。でも、そうは言ってられません、私たちはまず衛星が大丈夫かを確認する作業から着手しました。

写真:「しずく」試験が行われた 筑波、総合環境試験棟外観(一般公開時に撮影 提供:大塚実)「しずく」試験が行われた 筑波、総合環境試験棟外観
(一般公開時に撮影 提供:大塚実)

  • 小笠原:こういった場合のマニュアルは・・・
  • 唐土:もちろん震災時のマニュアルは無いです。衛星輸送、清掃といった、これまでの衛星で積み上げてきた様々な経験や、既存のマニュアルを総動員して対応を進めることにしました。とにかく何をどういった手順で進めるか、その調整は大変でしたね。4月に、筑波宇宙センターの中の別な棟(電波試験棟)に運んで、そこで作業を進めることになりました。
  • 津元:震災前までに一部は終わっていた衛星の総合動作を再度すべて確認しました。その後は、打ち上げまでのスケジュールを日々見合いながらの試験が続きました。
  • 小笠原:良くこれだけのことをしてスケジュールが守れましたね?
  • 津元:それは大変でしたよ、現場に随分無理をさせたかな、人手が足らなくて随分あちこちから人を集めて作業したこともありました。
  • 小笠原:震災から、打ち上げまでの「しずく」の1年は、正に「全員で衛星を守りきった」1年だったといえます。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る