ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 宙への挑戦
  3. しずく
  4. 地球を見つめる星を造って
  5. 第3回 二人で見上げる宙の彼方へ
ここから本文です。

地球を見つめる星を造って 第3回 二人で見上げる宙の彼方へ

2005年夏、遠く、クロトウヒの林をまぶしげにみつめる男。
時計を見る、アラスカ・サマータイム 15:25、そろそろだ、上空約840kmを NOAA-14 衛星が通過する。どこまでも澄みきった群青の宙を一人で見上げていた。
ここ、アラスカはフェアバンクスの郊外。
NOAA衛星(アメリカ海洋大気庁が運用する極軌道気象観測衛星)の観測データから炭酸ガスの循環を調べようとする日米共同プロジェクトの若き一員として、大学院生の北本はここに立った。
「いつか、自前の衛星で、変りゆく地球環境をこの目で見てみたい。」
この時、北本の目は未来を見据えていた。
それから7年、2012年7月3日朝、筑波宇宙センターの運用室、画像処理端末の前に北本知之がいた、隣にはデータ受信から情報を制御する部分を担当した内木康裕が座った。


写真:「しずく」データ処理系 情報システム系担当 北本 知之 内木 康裕

北本 知之 (写真左)
「しずく」データ処理系担当

内木 康裕 (写真右)
「しずく」情報システム系担当

初画像を前に

  • 小笠原:今日のインタビューは若い二人です、内木さん、北本さんは学生時代にどんなことをやっていたのですか。NEC航空宇宙システムに入社した動機は?
  • 内木:学生時代の研究テーマは「光センシング」についてでした、カメラメーカなど「光」に関する仕事を探したのですが、どうもしっくりきませんでした。

    そこで昔から好きだった宇宙を目指そうということでこの会社を受けたのです。研究がリモートセンシングに近い分野だったのも動機のひとつですね。
  • 北本:私の場合はずばり、衛星を使って炭酸ガスを測ることが学生時代も研究テーマだったので、それを自分の仕事にしたかった、そういった動機です。学生時代はアメリカのNOAA衛星のデータを使うだけの立場だったのですが、今は立場を変えて自分たちがデータを作る側になったわけです。
  • 小笠原:お二人とも入社後すぐに「しずく」を担当したのですか?
    実際に担当してどうでしたか。
  • 内木:いえ、入社後数年間は別な業務でした。
  • 北本:私の場合は入社2年目、上司にも何度も希望を伝えていたら、ようやく実現したという感じでした。でも実際に始めてみて、データを作る側がこんなに大変だとは思いませんでした。
  • 内木:全く同感。私なんか、開発の途中では「宇宙」に関わっているという実感が無く、「しずく」が打ちあがって初めて「宇宙に関わってるな」と思ったものです。
  • 小笠原:お二人の仕事の成果である初画像受信の時のことを教えてください。
  • 内木:

    画像:「しずく」搭載センサAMSR2の観測データ 日本周辺(2012年7月4日)「しずく」搭載センサAMSR2の観測データ 日本周辺(2012年7月4日)
    ※黒い部分は1日の観測での未観測領域

    感動もなにも、7月3日に私が予定の時刻にミッション運用系運用室に入ったらもう初画像は出てたのですね。「早すぎる!ずるいぞ!」という感じでした。
    でも、私は筑波の「ミッションデータ処理系システム」のうち、「しずく」のデータに対する一連の流れ(海外を含むデータ受信局からデータ受信/データ処理/処理を終わったデータのユーザへの配信)を管理・制御及び監視するシステムを担当しているので、その私にとっては、初画像より前、6月にAMSR2がゆっくり回転してテストデータを地上に降ろし始めたときが本当の初仕事でした。

    もっともこの時は絵が出たわけではないのですが・・・悔しいんですけど。ですから初画像が出た時は「何の心配もありません。完璧です。」と言ってましたが、やっぱり絵を見たときは「ほっとした」というのが一番の感想です。

  • 北本:私は、初画像の瞬間、端末の前にいて実際の処理手順をこなしていきました。
    スバルバード局(ノルウエーにあるデータ受信局)からのデータがもう取り込まれているんです。処理の終わった日本周辺のデータファイルをクリックすると、「ぱあっと」画像が映し出されました。周りにいた人達のテンションの方が自分より高くて「おっ、出た!きれいなものだ!」と口々に言っていました。私は冷静を装っていたのですけど、本当はドキドキでした。(笑い)
  • 内木:各設備の担当や、関係者が次々に画像を見に来て、興味深そうに操作をしている北本に質問したり、画像を見て感動しているのを見て、自分たちが改めてすごいことをしてるんだなと実感したことを覚えています。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る