ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 宙への挑戦
  3. しずく
  4. 地球を見つめる星を造って
  5. 第1回 30年目のバトン
ここから本文です。

地球を見つめる星を造って 第1回 30年目のバトン

すいせい、あけぼの、GEOTAIL、LUNAR-A、川口正芳は自分の30年以上にわたる人工衛星との関わりを静かに語り始めた。「しずく」では提案活動のとりまとめを手始めに、設計、製造、試験、そして打ち上げ後の運用をNECプロジェクトマネージャの立場でやり遂げた。

その川口が語る、「しずく」への想い、ものづくり論、後輩に向けてのメッセージ。

現場を仕切ったシステムマネージャ吉田達哉が感じた、チームをまとめる難しさと、開発メーカでしか味わえない醍醐味。あの3月11日、震災からの「しずく」復旧作業の現実。
百人に及ぶ衛星技術者を束ねた男達の物語。


写真:NEC「しずく」プロジェクトマネージャ 川口 正芳

川口 正芳
NEC「しずく」プロジェクトマネージャ

「あうん」の7年

  • 小笠原:川口さんは、もう随分長い経験をお持ちですね。
  • 川口:はい、1978年の入社ですから、もう30年を越えました。主に宇宙科学研究所の科学衛星をやってきました。NECの宇宙事業を志望したのは「パンフレットみたら、いろんな衛星が載っていた、ここなら面白い仕事が出来るかもしれない」そんな思いからでした。

    「あけぼの」、1989年に打ちあがって今も現役の衛星のプロジェクトマネージャを手始めに(この衛星は日本最高齢の23歳で、現在も観測継続中)、いくつかの衛星を経て、月探査機「LUNAR-A」プロジェクトに参画、それが中断して、「しずく」(この時はプロジェクト名GCOM-W1と呼んでいた)提案作業に移った。それ以来7年たちました。

写真:「あけぼの」川口がプロマネとして最初に手がけた衛星「あけぼの」 川口がプロマネとして最初に手がけた衛星

  • 吉田:私は1991年に入社、「かけはし」の熱設計を7年くらいやりました。その後は大型展開アンアテナの開発で随分苦労しましたが、その成果は「きく8号」に結実。世界的にも誇れる大型展開アンテナが軌道上に展開しました。

    2001年にNEC東芝スペースシステムに移って、しばらく展開アンテナをやってから、「しずく」の提案活動に参加、最初は機械系システムのとりまとめを担当、川口プロマネとはそのころから一緒、長いですね。プロジェクト進捗にともなって、現在のシステムマネージャに就きました。

写真:「きく8号」吉田が手がけた19m×17mの大型展開アンテナを搭載「きく8号」 吉田が手がけた19m×17mの大型展開アンテナを搭載

  • 小笠原:プロジェクトマネージャ(以下プロマネ)とシステムマネージャはどんな役割分担になっているのですか?
  • 川口:オーバーラップする領域はたくさんあるのですが、プロマネはプロジェクト推進全体の総指揮官でしょうか。社内外の組織間調整や、お客様との契約、お金に関わる調整が多い。全体を統括する役目です。
  • 吉田:システムマネージャはシステムの設計、製造、試験を技術的に取りまとめる、いってみれば現場指揮官でしょうか。長いこと筑波(試験時)、種子島(打ち上げ時)、などの現場に張り付いて、ここ府中にいる川口プロマネと緊密に連携してプロジェクトを進めました。
  • 小笠原:二人の間は「あうんの呼吸」みたいなものですか?
  • 吉田:長いですからね・・・・
  • 川口:そうですね、現場は吉田が見ていれば絶対安心という感じはありましたね。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る