ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 宙への挑戦
  3. 惑星分光観測衛星「ひさき」(SPRINT-A)
  4. 宇宙科学を支える小さな衛星(ほし)
  5. 第2回 衛星造りのたすきを渡した日々
ここから本文です。

宇宙科学を支える小さな衛星(ほし)第2回 衛星造りのたすきを渡した日々

写真:NEC東芝スペースシステム 西根 成悦

「ひさき」の組み立てリーダーを担当した西根成悦は「現代の名工」にも選ばれたベテラン技能者だ。ハレー彗星探査機「さきがけ」「すいせい」をはじめ、「はやぶさ」「あかつき」など多くの衛星・探査機を手がけてきた。その西根と組んだ浦添秀市は、衛星本体の組み立てを初めて担当する若手。彼らはどんな思いでこの仕事に取り組み、仕事を通じてどのような「たすき」をつないだのか。仕事ぶりを間近に見守った検査リーダーの藤田真司も交え話を聞く。


西根 成悦
NEC東芝スペースシステム

(インタビュー・構成 喜多 充成

「超ベテラン」とパートナーを組んで

──宇宙の仕事をしている人でも、実際に宇宙に上がる衛星にさわれる人は少ないそうですね。「フライト品には絶対に触れてはいけない」と言われて育ってきた人のほうがはるかに多数派だとか。

  • 西根:そうですね。

──精密機器ですから当然でしょうか、そんな緊張する仕事に西根さんはもう何年関わってこられたのですか。

  • 西根:38年目になります。

──「ひさき」では、若手を指導する立場としてかかわったのですか?

  • 西根:いえいえ、あくまで1プレーヤーとしてです。若い浦添とは年こそ親子ほど違いますが、上下関係ではなく先輩後輩。むしろこの衛星に関しては浦添のほうがキャリアが長いくらいですから。

──というと? どういうことでしょうか。

  • 浦添:私は、「ひさき」で採用された小型衛星標準バスで、フライト品に先立つ熱構造試験モデルの組み立ての段階から関わっていましたので。

──でもずっと地上に置かれる試験モデルと違って、実際に宇宙に行くフライト品に触るというのは、いよいよ1軍のマウンドに上がるピッチャーとか、フライトが決まった宇宙飛行士のような、うれしさと、緊張があったのではないかと思いますが、指名を受けた時、どのように思われましたか?

  • 浦添:

    写真:NEC東芝スペースシステム 浦添 秀市NEC東芝スペースシステム
    浦添 秀市

    入社して間もない頃は、わけも分からず言われるままやっていましたが、多少経験を積んで、自分なりに段取りを考えてやれるようになってきたかなと思い始めた時期でしたので、衛星担当に指名された時には自分の成長につながると思い「分かりました、ありがとうございます」と答えたと思います。

──「西根さんは難しい人だよ」とか「怖い人だよ」とかおどかされませんでしたか(笑)?

  • 浦添:いえ、フライト品を触るのは少し怖さもありましたが、西根さんは怖くないです。
  • 西根:優しいですよ(笑)。

──失礼しました(笑)。では、具体的な組み立ての仕事の中身は?

  • 浦添:衛星を支えるパネルに電子機器やワイヤーハーネス(電線の束)を取り付け、出来上がったパネルどうしを接合し、多層断熱材を組付けていくという作業です。一度組み立てたら終わりではなく、検査や様々な試験をはさんで何度か組立てたり分解したりを繰り返し作り上げて行くんです。
  • 西根:確実に作るためには図面/手順書どおりに進める必要があるが、全部が図面/手順書に書いてあるわけではないし、図面/手順書の情報だけでは作れないこともあるんです。

──図面/手順書が不完全だということですか?

  • 西根:

    写真

    部品どうしの干渉を避けたり、組み立てる順序を変えたり、現場で調整しながら進めなければならない部分はどうしても残ります。組み立てのパートは、それまでに作られてきた部品など、みんなの仕事を最後に形にする仕事なので、その重みは感じています。

    衛星の仕事はたくさんの人が関わるので、何より大事なのはチームワークです。分かったつもりになっていると痛い目にあうことがあります。話さないと分からないし、マメにコミュニケーションを取ることを怠ってはいけない。浦添のやり方を見守りながら「それもいいけど、こういう方法もあるんじゃないか」とアドバイスしてきました。

──西根さんと仕事して「自分の成長」を実感しましたか?

  • 浦添:自分ではよく分からないですが、周りからはそう言われることはあります。作業スピードが上がったことも一つですが、図面/手順書を読み込んで作業の段取りを自分なりに考え、どのような道具を準備し、どんな順序で作っていくか、より具体的にイメージができるようになりました。自分で考えた手順でいいのかどうか、もちろん確認しながら進めてきました。
  • 西根:最初から最後までやり終えて、もう細かく言わなくても分かるし、作業の進捗を見ながらちゃんと動いてくれる。周囲からも「浦添は頼りになるようになった」と言われます。それは私も嬉しいですね。

──浦添さん、すごくホメられていますよ。


  • 浦添:えー、どう振る舞っていいのか分かりません(苦笑)。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る