ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 宙への挑戦
  3. 惑星分光観測衛星「ひさき」(SPRINT-A)
  4. 宇宙科学を支える小さな衛星(ほし)
  5. 第1回 小さな衛星(ほし)の2つの願い
ここから本文です。

宇宙科学を支える小さな衛星(ほし)第1回 小さな衛星(ほし)の2つの願い

写真:NEC 宇宙システム事業部 シニアチーフエンジニア 鳥海 強

打ち上げから2か月後の2013年11月、ファーストライト(初観測)を迎えた惑星分光観測衛星「ひさき」(SPRINT-A)は、重さ約350kgの小型衛星だ。世界初・世界一の観測成果を狙う“とがった性能”の望遠鏡と、衛星開発を画期的にシンプルにする“標準化の実証”という二つの大きなテーマの両方で、期待どおりの成果を収めつつある。科学者が求める二つの願いを小さなひとつの衛星にまとめあげるため力を尽くしたNECのプロジェクトマネージャー、鳥海 強(とりうみ つよし)に聞く。


鳥海 強
NEC 宇宙システム事業部 シニアチーフエンジニア

(インタビュー・構成 喜多 充成

“5秒角”を狙う、とがった性能の宇宙望遠鏡

──順調に観測成果が上がっています。緊張の日々に区切りがつき、苦労話を良い思い出として語れるようになったのでは?

  • 鳥海:本当に安心できるのは運用終了後なので、まだ少し先のことですが、まあ、ひと安心ですね(笑)。

──開発・製作のうえで、異なる二つのテーマを追いかけるのが大変だったと聞いています。

  • 鳥海:はい。まず”とがった性能”が必要でした。世界初の惑星観測用の宇宙望遠鏡として、これまで観測されていなかった波長の光を捕まえるためにどうしても必要な性能なのですが、ハードルも高かった。

──見た目も“とがって”いますよね、望遠鏡の先端部分が門松の竹をナナメに切ったような形になっていますね。

写真:門松の竹をナナメに切ったような望遠鏡の先端を持つ「ひさき」門松の竹をナナメに切ったような望遠鏡の先端を持つ「ひさき」

  • 鳥海:カメラでいうレンズフードの役割をしています。形状がシャープだからこそ、金星や木星を狙ったときにも、そばにある太陽の光に邪魔されず観測ができます。でもいちばんハードルが高かったのは「5秒角」というポインティング精度です。

──狙った目標をどのくらい正確に視野に捉え続けることができるか。その誤差を意味しているようですが……。

  • 鳥海:「秒角」なんて普段使わない単位なので実感がわかないと思います。

──「1秒角」は、1度の60分の1の、さらに60分の1ですから、5秒角を小数点表示すると、1÷3600☓5=0.00139度!?

  • 鳥海:そうなんです。まさにケタ違いの要求なんです。

──ちょっと待って下さい、計算してみますと……。「山手線1周に光ディスク(直径12cm)を敷き詰め、真ん中の四ツ谷駅から狙って1枚を特定できる」くらいの精度ですか。実感はわきませんが、とんでもなくスゴいことだとは分かります。

  • 鳥海:ええ、とんでもなくスゴいです(笑)。

──ですが、宇宙では支えてくれるものはないけれど、ジャマするものもないですよね。よけいな力のかからない静かな空間だからこそ、いったん姿勢を決めてしまえば、それを維持するのは意外と簡単だったりしませんか?

  • 鳥海:残念ながら。衛星は地球を回っていますので、太陽の向きが刻々と変わります。地球の陰に入る「食(しょく)」もある。暗いところから出てバッと光が当たると、薄く軽く作られた太陽電池パネルなどは、ちょうど「金網の上であぶられたイカ」のように大きくたわみ、当然姿勢が乱れます(擾乱「じょうらん」という)。

──それほどのジャマが入るなかで、5秒角の精度を……。


  • 鳥海:そこがこの衛星の面白いところなんです。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る