ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 宙への挑戦
  3. 惑星分光観測衛星「ひさき」(SPRINT-A)
  4. スペシャルインタビュー
  5. 第1回 小型衛星とイプシロンが宇宙をもっと近くする
  6. テレビ中継車なみの設備でロケットを打ち上げる未来
ここから本文です。

スペシャルインタビュー JAXA イプシロンロケットプロジェクトマネージャ 森田 泰弘 氏  小型衛星とイプシロンが宇宙をもっと近くする

テレビ中継車なみの設備でロケットを打ち上げる未来

──イプシロンの革新に向け、コンピュータや通信システムへの期待はいかがでしょうか?


  • 森田:

    写真:イプシロンロケット管制イメージイプシロンロケット管制イメージ

    まさにそういったものの進歩をダイレクトにロケットの進化につなげていきたいと思っています。射場での点検整備や発射管制業務など「ロケットを打つ前」の仕事は劇的にシンプルにすることができました。ですが、発射後のロケットを追跡管制する仕事は、まだ従来通りのやり方です。

    ロケット自身がもっとインテリジェントになれば、飛翔中に自分の軌道を把握し、ロケット自身に必要な判断を行わせることもできるようになります。そうすればロケット打ち上げ業務は、テレビ中継車なみの設備とスタッフで可能になるほど簡単になります。


──新幹線や飛行機のようにどんどん発車・離陸するようなイメージでしょうか?

  • 森田:さすがにそこまでの頻度にはならないかもしれませんが、今よりもっと高頻度に打ち上げられる仕組みは用意しておかないといけません。それは、より高性能・高信頼性のコンピュータや通信システムがないと成り立ちません。

──「ひさき」はスペースワイヤという通信規格が本格的に導入された初めての衛星でした。イプシロンではスペースワイヤを拡張した「ロケットワイヤ」を使っていく構想もあるのだとか。

  • 森田:もともとスペースワイヤは「衛星開発を簡単にするため」に定められた通信規格ですので、ロケットの側でもそれに対応することで、大きなメリットが生じます。例えば物理的に離れた場所、つまりそれぞれの工場にある衛星とロケットを、ネットワークを介して結びつけることができる。事前に入念な試験ができるから、ロケットと衛星が射場に持ち込まれて結合されたときにも、行う試験は最小限で済みます。

──射場作業の負担を減らし、打ち上げ準備期間の短縮にもつながりますね。

  • 森田:ロケット内部をネットワーク化するのは当然の流れであり、現在のタコ足配線のような構成は変えていかなければならないと思っています。衛星が使っているスペースワイヤと相互乗り入れのできる通信規格「ロケットワイヤ」を採用するのは必然です。ただロケットと衛星は、本質的に異なる部分もあります。軌道上で長く活躍しなければならない衛星と違い、ロケットは打ち上げ後30分ほどの一発勝負ですべてが決まる。制御システムにも強力なリーダーが必要なんです。周囲の顔色を見ながらではなく、中央のコンピュータが王様となって瞬時に次々と決断を下していくような構成となっています。いくつものモジュールが相談し、答えが出るのを待つ時間はない。即断即決して、責任をとる……。ロケットは、そういうものなんです。

──システムのアーキテクチャが衛星とは違うということですか。


  • 森田:それをどう変えていくかは、さらに検討を要するところです。ただ、ロケットを作っているチームそのものは分散処理で動いており、リーダーである私も決して王様ではありませんよ(笑)。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る