ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 宙への挑戦
  3. 惑星分光観測衛星「ひさき」(SPRINT-A)
  4. スペシャルインタビュー
  5. 第1回 小型衛星とイプシロンが宇宙をもっと近くする
ここから本文です。

スペシャルインタビュー JAXA イプシロンロケットプロジェクトマネージャ 森田 泰弘 氏  小型衛星とイプシロンが宇宙をもっと近くする

写真:JAXA イプシロンロケットプロジェクトマネージャ 森田 泰弘 氏

「ひさき」を宇宙に送り届けたイプシロンロケットは、日本のロケット開発の父・糸川英夫氏以来の伝統を受け継ぎながら、「モバイル管制」「自律点検」といったキーワードに象徴される新機軸を盛り込んだ、新しい日本のロケットだ。「はやぶさ」など科学衛星・探査機を打ち上げてきた前身のM-Vロケットの最後の打ち上げから7年を経た2013年9月14日、日本中の注目を集めるなか試験機の打ち上げに成功した。イプシロンロケットのプロジェクトマネージャーを務めた、宇宙科学研究所の森田泰弘教授に聞く。


森田 泰弘 氏
JAXA イプシロンロケットプロジェクトマネージャ

(インタビュー・構成 喜多 充成

ロケットの世界に「新しい風」を吹き込む

──森田先生は「プロマネの仕事は野球チームの監督のようなもの」とおっしゃっていますね。先生のお好きな野球のたとえで行くと、試験機を成功させ2号機に向かうこの時期は、最初のシーズンオフ。監督としてチームの構成を考え、戦略を練っている時期に当たるのでしょうか?

  • 森田:ゆっくりはしていられないですね。昨シーズンを振り返ると、試験機はスケジュールも予算も限られるなか、選手のがんばりで栄冠をつかむことができた。ロケット自身が行う「自律点検」や発射管制をわずか数名・パソコン2台で行う「モバイル管制」など、ロケット業界における革命的なホームランをカッ飛ばすことができました。大事なのは2シーズン目もインパクトのある革新を続けられるかどうかです。

──試験機で成功させた打ち上げシステムの刷新を、さらに続けるということでしょうか?

  • 森田:2号機以降、高性能化と低コスト化を両立させる改革をどんどん取り入れていきたいですね。もともとこのチームは、固体ロケットの改良と革新で世界の先端を走ってきた伝統あるチーム。そこに「新しい風」を吹き込み、それに乗って上昇しようとしています。絶えざる改良が必要です。

──日本の固体ロケットは、東大教授だった糸川英夫氏の「ペンシルロケット」の実験に始まる、学術利用の目的でスタートしています。

  • 森田:世界的に見ても稀な、純粋に平和利用のみで発展してきたロケットですから、民間の技術との間に壁はなかったんですね。ただ時を重ねるにつれ、実績に基づく信頼性が優先され、新しい技術の導入が進まなくなっていた面もあります。非常に狭い世界、限られた企業、限られた分野の技術としか関わりを持っていなかったのではないかという反省があります。イプシロンで、新たな技術や素材やシステムをロケットの世界に持ち込みたい。それが「新しい風」の意味するところです。

──イプシロンの開発では、多くの民生技術に学んだそうですね。

  • 森田:たとえばAED(体外式除細動器)の、心電図の波形を解析して電気ショックが必要かどうかを判断するアルゴリズム。またエンジン始動のたびに行われている自動車のエアバッグの点火システムの自動検査。これらはロケットの自動自律点検のお手本です。また軽量、強靭で飛行機内の持ち込みも認められるようになった携行式酸素ボンベ用のカーボン繊維は、モーターケース(固体燃料を収める容器)の改良の参考にしてきました。産業や生活のさまざまな分野の技術やシステムに、貪欲に学んでいます。

──レベルが高く層も厚い、日本の産業力のベースがあるからこその成功ということでしょうか?

  • 森田:今の時代の日本だからこそ、ロケットに産業技術が導入できているという部分はあります。また新たな技術の導入と同時に、「脱・特殊部品、脱・特殊材料」という目標も掲げています。切実な理由がありまして、実は特殊品はすぐ枯渇してしまうんですね。

──材料が手に入らなくなってしまうということでしょうか?

  • 森田:そうなんです。そうなると開発は一からやり直しになってしまいます。でも汎用品なら枯渇は避けられる。一例を上げれば、飛行中、空気にさらされて高温になるロケットの先端部分の断熱材に、M-VロケットではC/C(カーボンコンポジット)という耐熱材料を使っていましたが、イプシロンでは一般の白物家電に使われているような汎用的な断熱材に変えました。十分な性能があり、厚みは増したものの軽くなり、コストも劇的に下がりました。極端な話、ホームセンターとか秋葉原で買ってこられるような材料でロケットも作れるといいんじゃないかと、なかば本気で思っています(笑)。

──どのようなものが使えるのか、目利きが大事になってきますね。


  • 森田:センスも大事ですし、いろんな素材、いろんなシステムを組み合わせてものをつくる総合力が問われます。もともとこれは日本が得意としていた分野です。しかも我が国は、素材にかけては世界の最先端を突っ走っている国です。アイデアを掲げ、実現のための技術や素材を募り、「新しい風」を呼び込むチャレンジを続けていきます。

写真:イプシロンロケット

イプシロンロケット
ペンシルからM-Vに至る知恵と技術が込められた、新しい日本の固体燃料ロケット。
試験機が鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所センターから2013年9月14日に打ち上げられた。
高性能と低コストの両立を目指し、1段目にH-IIAロケット用補助ブースターを、2段目と3段目にはM-Vロケットの上段モータが改良して用いられている。信頼性と性能の一層の向上、組み立てや点検などの運用が効率化で、高頻度の打ち上げが可能な次世代の宇宙輸送システムを目指している。2号機はジオスペース探査衛星(ERG)を2015年度に打ち上げ予定。

ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る