ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 宙への挑戦
  3. はやぶさ2
  4. 「はやぶさ」を継ぐもの
  5. 第3回 若い力がプロジェクトを支える
ここから本文です。

「はやぶさ」を継ぐもの第1回 若い力がプロジェクトを支える

写真:NEC 宇宙システム事業部 主任 榎原 匡俊

若いプロジェクトメンバーが増えた「はやぶさ2」では、彼らがリーダーの意識に同調してリーダーを逆に支えるという“フォロワーシップ”が、短期開発や初期運用を完遂する大きな力になったという。 これからの本格的な運用を前に、システム担当としてプロジェクトの立ち上げから開発/試験、打ち上げ運用に携わっているシステムマネージャーの榎原匡俊と入社4年目の益田哲也に、これまでの経過や想いを聞いた。


榎原 匡俊 (写真左)
NEC 宇宙システム事業部 主任

益田 哲也 (写真右)
NEC 宇宙システム事業部

ものづくりを振り返って

Q:まず榎原さんから経歴をお聞かせください。

  • 榎原:2006年に入社し、その年に金星探査機「あかつき」のシステム担当となりました。学生時代はJAXA宇宙科学研究所(以下、JAXA宇宙研)でX線天文衛星「すざく」の観測装置の開発に携わっていて、この衛星の製造・運用をしていたNECの技術者の姿を身近に見ていましたから、入社後も割合自然な形で現場に入れましたね。その後、「はやぶさ2」のプロジェクト開始時からシステムマネージャー(シスマネ)として携わってきました。

Q:益田さんの経歴を教えてください。

  • 益田:2011年に入社しました。もうすぐ丸4年になります。学生時代には衛星を学んだわけではなく、制御工学、特に計測系を学んでいたので特に配属の希望分野は限定していなかったのですが、「はやぶさ2」の担当者となり驚きました。

Q:宇宙に興味は持っていたのですか?

  • 益田:小さいころから昔のアメリカや旧ソ連の宇宙開発物語はとても好きでした。でも本気で宇宙の技術者を目指そうと思ったのは、就職活動中に宇宙開発企業の話を聞いてからでした。

Q:では「はやぶさ2」開発時について伺います。初代の「はやぶさ」を基にしたとは聞いていますが、何か特徴がありますか。

  • 榎原:

    写真:太陽電池パドルの試験の様子太陽電池パドルの試験の様子

    もとがあるといっても、「はやぶさ」は1990年代の終わりくらいに造られていますので、それから10年、生産中止になって使えない部品も結構ありました。
    またKaバンド通信機や、衝突装置(インパクター)などの追加、信頼性向上のための冗長構成化など変更もありましたので、本体の大きさは縦方向に15cmほど大きくなりました。

Q:開発時はさまざまな苦労があったかと思いますが、限られた時間の中で乗り越えられた秘訣はなんでしょうか。

  • 榎原:「はやぶさ2」は、若いメンバーが主軸になっていたからですかね。開発の過程で変更が出たら、すぐに若いメンバーに情報を回して即その対応や影響評価を行うことができたフットワークの軽さは、大きかったと思います。

Q:榎原さんは「あかつき」の開発の時には若手だったのが、今回はシスマネとして若い人達を引っ張る立場になったわけですね。

  • 榎原:そうです。自分が成長するのに役立ったことを後輩にもさせてあげることができれば、きっと若い人も育つと考えました。「あかつき」で自分が育てられたように。また、シスマネたる自分が“ふにゃふにゃ”するとみんな迷子になりますから、新たなことをやるときはまずは自分から“こういった方針でやるぞ!”という強い決意を彼らに伝えました。フォロワーシップがしっかりしている若手が多くて、逆にそれに助けられてここまで来たかなと思うこともありますが。

Q:益田さんは、学生時代に考えていた“仕事”というものとのギャップはなかったですか?

  • 益田:大きなギャップを感じることは少なかったですね。学生時代から仕事というものは、人と話をしながら進めるものと思っていました。システムに配属になって、まったくその通りだと確信しました。決して型にはまった手順書通りにすれば良いものではなく、コミュニケーションがとても大事なのです。

Q:実際に探査機開発に携わって、いかがでしたか?


  • 益田:入社してすぐに「はやぶさ2」の担当となり、システム運用設計やそれに伴う社内外との調整など、4年間でさまざまな経験を積ませてもらうことができたのは、とても良かったと感じています。驚いたのは、製造や検査の人たちの対応の速さと緻密さ、そして“技”です。本当にすごいなと思いました。システム側から難しい依頼をしても、スケジュールも手順も、しっかりと対応してもらえましたから。現代の名工をはじめ、エキスパートぞろいですから当然かもしれませんが。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る