ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 宙への挑戦
  3. はやぶさ2
  4. スペシャルインタビュー
  5. 「はやぶさ2」とその先に見えるものは
ここから本文です。

スペシャルインタビュー 「はやぶさ2」とその先に見えるものは

2015年1月28日午後、JAXAは「はやぶさ2」初期機能確認期間の運用状況を発表。順調に衛星の機能確認が進んでいることが公になった。プロジェクトがスタートして約4年、小惑星探査機「はやぶさ2」プロジェクトマネージャを務める、JAXAの國中均教授に、現在の心境やここに至る道のり、そして今後の抱負などを聞いた。(取材日 2015年2月12日)


國中 均 氏
JAXA 小惑星探査機「はやぶさ2」 プロジェクトマネージャ
宇宙科学研究所(ISAS) 宇宙飛翔工学研究系 教授 工学博士
※役職は取材当時

探査機は若手にゆだねられた

Q:初期運用の状況が1月末に発表されました。
とても順調なようですが、現在のお気持ちはいかがですか。


ようやく探査機としてここまでこぎつけられたという感じです。しかし、探査機は姿勢、電源、通信系やイオンエンジンなど、これらの機能がそろわないことには巡航運用には入れません。そのすべての基本機能が確認された時点で初めて「『はやぶさ2』の本格運用を始めるメドは立ちました」と言えるというのが本当のところです。
「はやぶさ2」はこれから3年以上かけて小惑星に到着してようやくミッション開始というステップです。この時間的な長さは、地球の周りを回って観測などを行う衛星とはずいぶん異なっています。

  • 取材から約半月後、初期機能確認期間終了が発表された

Q:12月3日の打ち上げでは、衛星分離まで約100分ありました。國中先生にとってこの時間は長かったですか?


あっという間でしたね。私は打ち上げ成功のセレモニーにも参加できずに、いろいろなチェックに追われているうちに時間が過ぎたという感じでした。

「はやぶさ2」旅立ちのイメージ「はやぶさ2」旅立ちのイメージ


Q:開発現場での体制について、今回は若手が増えたと伺っています。プロマネとしていかがでしたか?


若いメンバーは本当に力がみなぎっていましたね。メーカーの若手もよくやってくれました。元気がありすぎたこともあるくらいです(笑)JAXA側も「はやぶさ2」を機にだいぶメンバーが若返りましたが、彼らが一緒になって力を発揮してくれた。それを一番感じました。


Q:國中先生が30年にわたって関わってきたイオンエンジン。今回はプロマネという立場で関わられたわけですが、その点はいかがでしたか?


今回イオンエンジンの開発においても、JAXA内の体制をリフレッシュして若手主導での開発に移行しました。正直、若い人たちの動きを見ていて歯がゆい思いをしたこともありました。でも、これによって良かった面もあります。世代交代したことで私が主導するのとは違った、新たなエンジン造りになったと思います。

ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る