ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 宙への挑戦
  3. はやぶさ
  4. チーム「はやぶさ」の挑戦
ここから本文です。

チーム「はやぶさ」の挑戦~技術者が語り尽くす~

取材・執筆文 松浦 晋也

月より遠い天体表面のサンプルを地球に持ち帰るという世界初のミッションを目指した小惑星探査機「はやぶさ」。JAXA様指導の下、トータルシステムの開発、製造、試験および運用に関わってきたNECだから伝えられるチーム「はやぶさ」の挑戦に迫ります。
取材・執筆は、世界から注目の「はやぶさ」プロジェクトを、計画段階から追い続けているノンフィクション・ライターの松浦 晋也 氏。チーム「はやぶさ」の開発・運用に携わった担当者に鋭く斬り込み、プロジェクトの裏側にある「はやぶさ」の魅力をご紹介します。

第5話「この世にひとつの『はやぶさ』を造る」

システムマネージャー、衛星機械系設計、サンプラー設計、ハンドリング担当者の写真

システムマネージャー NEC 大島 武
構造設計担当 NEC東芝スペースシステム 奥平 俊暁
機械システム担当 NECエンジニアリング 東海林 和典
ハンドリング(組み立て)担当 NEC東芝スペースシステム 西根 成悦
公開日:2010年8月5日

世界初の小惑星往復飛行という目的を達成するためには、全てを新たに設計し、製造し、組み立てねばならない。NECの技術者たちに突きつけられた、ほとんど無理と思える要求とは…

第4話「長い旅を支えし者たち」

軌道計画担当 NEC航空宇宙システム 松岡 正敏 地上システム設計担当 NEC航空宇宙システム 杉浦 正典 運用支援担当 NECネッツエスアイ 川田 淳、中村 陽介の写真

軌道計画担当 NEC航空宇宙システム 松岡 正敏
地上システム設計担当 NEC航空宇宙システム 杉浦 正典
運用支援担当 NECネッツエスアイ 川田 淳、中村 陽介
公開日:2010年7月22日

6月13日の劇的な帰還は、2003年5月9日の打ち上げ以来、一日も休み無く積み上げられた日々の運用の結果といえる。
「はやぶさ」の7年に及ぶ運用を振り返った…

第3話「イオンエンジンが起こした奇跡」

イオンエンジン開発担当 NEC 堀内 康男の写真

イオンエンジン開発担当 NEC 堀内 康男
公開日:2010年6月11日

イオンエンジンを開発した堀内は、「はやぶさ」を強運の探査機だという。その言葉は、イオンエンジンが起こした何度もの奇跡に裏打ちされている…

第2話「立派に育って『はやぶさ』は帰ってくる」

プロジェクト・マネージャー NEC 萩野 慎二の写真

プロジェクト・マネージャー NEC 萩野 慎二
公開日:2010年6月11日

NECのプロジェクト・マネージャーの萩野は、技術陣を率いて「はやぶさ」を作り上げた。いよいよ、再突入カプセルをオーストラリア・ウーメラに導く…

第1話「天と地をつなぐもの」

軌道・姿勢制御担当 NEC航空宇宙システム 白川 健一の写真

軌道・姿勢制御担当 NEC航空宇宙システム 白川 健一
公開日:2010年6月4日

「はやぶさ」は地球に向う軌道に乗った。しかし、ウーメラ砂漠にカプセルを帰還させるその時まで、姿勢制御を担当する白川の仕事は終わらない…

ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る