ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 宙への挑戦
  3. はやぶさ
  4. チーム「はやぶさ」の挑戦
  5. 第5話 この世にひとつの「はやぶさ」を造る
ここから本文です。

第5話 「この世にひとつの「はやぶさ」を造る」システムマネージャー、構造設計、機械システム、組み立て担当者

取材・執筆文 松浦 晋也

小惑星に行き、観測を行い、サンプルを採取し、地球に帰還する――過去に例のない探査機となると、そのすべてをゼロから考えて設計・製造しなくてはならない。しかもひとたび宇宙に探査機を飛ばせば、修理ができない。世界初の小惑星往復飛行という目的を達成するために、高い信頼性をもった世界にただひとつのシステムを作り上げる必要があった――「はやぶさ」の使命は、複雑かつ多様だった。積まねばならない装置類は多く、しかもそのほとんど全ては、「はやぶさ」のために造らなくてはならない。一方で、打ち上げにはM-Vロケットを使うことが決まっていたので、探査機をむやみに巨大化させることもできない。限られた寸法と質量の中に、多様な機能を実現する装置類をぎりぎりまで詰め込み、なおかつトラブルに強い信頼性の高い探査機に仕立て上げなくてはならない。しかも作るのはたった一つなのだ。
装置類の一つでもうまく働らかなければ、すべてが失敗に終わる。「はやぶさ」の設計・製造を担ったNECの技術者たちには、従来の常識からすればほとんど無理に思えるほどの要求が課せられた。

その仕事の結果がどのようなものだったかは、「はやぶさ」の実績が示している。彼らが作り上げた「はやぶさ」は、予定よりも3年長い7年にもわたる宇宙航行を成し遂げ、再突入カプセルを見事に地球へと送り届けたのである。

今回は、システムマネージャーとして、「はやぶさ」全体をまとめた大島、大島の要求を受けて構造設計を担当した奥平と、機械システムを担当した東海林、熟練の技で「はやぶさ」を組み立てた西根の4人が苦難に満ちた年月を振り返った。

写真:ハンドリング中の「はやぶさ」ハンドリング中の「はやぶさ」

ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る