ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 宙への挑戦
  3. はやぶさ
  4. チーム「はやぶさ」の挑戦
  5. 第2話 立派に育って「はやぶさ」は帰ってくる
ここから本文です。

第2話 「立派に育って『はやぶさ』は帰ってくる」プロジェクト・マネージャー NEC 萩野 慎二

取材・執筆文 松浦 晋也

インタビュー 2010年5月20日

システムインテグレーターとして探査機を開発したNECのプロジェクト・マネージャー萩野慎二は、NECの技術陣を率いて、宇宙航空研究開発機構・宇宙科学研究所(JAXA / ISAS)川口淳一郎教授の強力なリーダシップのもと、各大学/研究所の要求に耳を傾け、他のメーカーとも協力して問題の解決策を模索し、矛盾する様々な要素をまとめ上げ、「はやぶさ」という世界にたったひとつの探査機を作り上げた。開発が始まった1997年から、14年。彼は「はやぶさ」の打ち上げを見送り、運用に参加した。

「はやぶさ」を知り抜いた男は、今また、運用チームの一員として最後の運用に参加している。はやぶさの再突入カプセルを、無事オーストラリアのウーメラに降下させるために。

イメージ図回収カプセルの再突入のイメージ

NEC 宇宙システム事業部 宇宙システム部 マネージャー 萩野 慎二

NEC
宇宙システム事業部 宇宙システム部
マネージャー 萩野 慎二

1985年入社。科学衛星のシステム設計を21年行い、現在は「はやぶさ」をはじめ科学衛星のプロジェクトのマネージメント。

ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る