ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 宙への挑戦
  3. あかつき
  4. スペシャルインタビュー
  5. 新たな軌跡を刻め 「あかつき」の再挑戦
  6. 高温にさらされながら、生き残れた理由
ここから本文です。

スペシャルインタビュー 新たな軌跡を刻め 「あかつき」の再挑戦

高温にさらされながら、生き残れた理由

写真:JAXA 小惑星探査機「はやぶさ2」プロジェクトマネージャ 宇宙科学研究所(ISAS) 宇宙飛翔工学研究系 教授 工学博士 國中 均

Q:再挑戦に向け、いったんは「あかつき」を離れていたメンバーも再結集し、軌道投入の日を迎えることになりますね。


構想段階から一緒に関わってきたので、感慨もひとしおです。とくにNECも含めたチームとして、一緒にやってきて良かったと思うのは、立場や役職に関係なく、皆で意見を出し合って戦わせ、大事なことを会議の場で決めて来られたということです。時間をかけて積み上げてきたものを改めるときにも、より良いものになることが理解できれば、最後は誰一人として文句は言わない。当たり前のことのようですが、なかなかできないことではないでしょうか。


Q:後追いとかアリバイではなく、実のある合意形成の場が持てていたと。


部長が言ったからとかJAXAの先生が言ったからではなく、みんながそれに意見をし、いちばんいい方法を見つけていく。今回の軌道投入のプランもそうやって決まりましたし、NECは、大昔の科学衛星からずっとそれをやってくることができたパートナーだと思います。代替わりしても、受け継がれていると思いますね。それを示す象徴的なエピソードがあります。


Q:ぜひ教えて下さい。


基本的に「あかつき」は「はやぶさ」と同じ直方体のボディを使っていますが、「はやぶさ」の1辺が1.6mなのに対し、「あかつき」は1.4mと小さくしています。時間のないなかで作らなきゃいけなかったので、「はやぶさ」を踏襲した方が効率的でした。それを少しでも変更すると、熱解析をやり直すとか、振動試験をやり直すとか、内部の機器や配線が近づきすぎるとか、いろいろ面倒も出てきます。だけどやっぱり少しでもと、無理をいって小さくしてもらったんです。


Q:より軽くしたかったからですか?


それもありますが、それだけではない。小さくすると熱を受ける面積が小さくなり、熱を逃がすラジエターも小さくでき、ヒーターを動かすバッテリーの容量も小さくできる。ボディが大きいと、逆に発熱もラジエターもバッテリーも全部大きくなっていってしまう。結果、小さいほうが、熱の変化に強くなるんですね。1.4mとコンパクトにしたことで、マージンが稼げているはずなんです。


Q:1.4mと1.6mだと、入ってくる熱は面積の2乗ですから、3割増し。ひょっとしたら5年の間に、耐えうる限界を超えていたかもしれないですね。


普通に金星に行けるのだったら、1.6mでも1.4mでも良かったのですが、今回のように5年も遠回りして、設計値を超える太陽熱にさらされるようなことが起こると、小さくしていたことが実はよかったんじゃないか、と……。


Q:なるほど。


現場では苦労があったと思います。解析や試験のやり直しもそうですが、組み立てもモノが小さく狭くなるから大変です。
当時担当していたNECの「現代の名工」にも選ばれた組立てベテラン技能者は、僕が見に行くと「ここ、もうちょっと広けりゃ組み立てやすいんだけどなぁ」とかつぶやくんですよ。 「ここでコネクタがぶつかるんだよなぁ」とか。いないと言わないらしいです(笑)。


Q:「無茶をいう先生がいるから、しょうがねぇな」みたいな感じですか。落語に出てくる腕のいい棟梁みたいな話ですね。個人の高い技能と組織力が相まって高いパフォーマンスを発揮する。チームスポーツにも通じるところがありますね。


ほんとそうですよ。でも、探査機を小さくすることができていたから、9回の近日点の温度上昇を耐え抜くことができた、という気持ちはあります。だからこそ再び軌道投入に挑戦できるんです。


Q:伺ったお話を思い返しながら、再挑戦の成功を見届けたいと思います。


上部パネルへのIR2取り付け上部パネルへのIR2取り付け

下部構造への上部パネルの組み付け下部構造への上部パネルの組み付け

「あかつき」は、構造体となるパネルの内側に機器を取り付け、それを箱型に組んで作られた。
配線のスペースが限られる中での製作となった。

2015年10月23日 取材
(取材・執筆 喜多 充成

金星探査機「あかつき」は、金星周回軌道投入に成功しました!

記事のご意見をお聞かせください。


この記事はいかがでしたか?


「はやぶさ2」への期待など、本記事の感想をお寄せください。


  • ここで書き込まれた内容に関しましては、返信は差し上げておりません。
  • いただいたコメントはプロモーション等で活用させていただく場合がありますので、あらかじめご了承願います。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る