ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 宙への挑戦
  3. あかつき
  4. 届け、あかつきの星へ
  5. 第5話 「あかつき」の旅路を見守るまなざし
ここから本文です。

届け、あかつきの星へ 第5話 「あかつき」の旅路を見守るまなざし

NEC 宇宙システム事業部 エキスパートエンジニア 大島武

金星探査機「あかつき」にNECのプロジェクトマネージャとして関わる大島 武。「あかつき」のこれまでの道のり―設計、製造、打ち上げ、5年前の軌道投入時の状況、この5年間の運用―と、今回の再挑戦に向けた意気込みを聞いた。(取材日 2015年10月20日)


大島武
NEC 宇宙システム事業部 エキスパートエンジニア

プロマネとは「解明、対策、選択」を続ける仕事

Q:大島さんは「はやぶさ」にも関わって来られましたよね。


はい。2003年5月に「はやぶさ」が打ち上がり、次のプロジェクトとして2003年7月から「あかつき」の設計・製造に関わりました。最初は技術面の責任者であるシステムマネージャとしてで、プロマネになったのは2007年からでした。


Q:2005年の夏から暮れにかけては「はやぶさ」の小惑星滞在でたいへんな時期だったのでは?


4か月ぐらいは毎日、JAXA宇宙科学研究所(以下、JAXA宇宙研)に通っていました。会社には顔を出せず、「あかつき」プロジェクトの仕事は電話で指示を出していました。


Q:当時、「あかつき」は探査機の製造に入る前の段階ですか?


まだ設計の最初の頃でしたね。


Q:科学衛星の製造では、どの段階から緊張度が増してくるのでしょうか?


フライトモデル(FM、実機)ができる時期ですね。実際にものづくりが始まると、計画に沿うだけではなく、判断や対策が必要になることが多くなります。課題に対して、どういう解決方法があり、どれを選択するか。それぞれの案の得失を考え、最善の方法を選び取るといった仕事も増えてきます。そうやってできた機器同士を噛み合せる一次噛み合わせ試験やFM総合試験が始まれば、また新たな課題が出てきます。ひとつひとつの課題に対して、徹底して原因がどこにあるか突き止めなければいけません。原因が特定できなければ、どんどん深いところまで追求しなければならない。


Q:どこまでやるか、どこでやめるかの判断も難しい?


探査機が形になり、試験の段階に入ると、その日その日の判断が重要になってきます。どこまで試験を進めるか。もう少しデータをとっておく必要はないか。電源をオフする前に、やれることはすべてやりつくしたか。必要に応じて機器を開発した技術者を含めてディスカッションをし、原因の切り分けをしていきます。場合によっては、改修が必要になることも。改修するとなれば、スケジュールをどう確保するか。いつ機器を持ち帰り、どのくらいの期間で直して、いつシステム試験に合流するのか……。


Q:気の休まるヒマがないですね。


写真

打ち上げ前年の2009年6月から2010年3月にかけ「PLANET-C」(あかつきの開発名)のFM総合試験が実施された。金色の覆いは太陽熱を遮る「MLI」と呼ばれる熱制御材。銀色の鏡張りの部分は、宇宙空間に熱を逃がす放熱面。この面に太陽光を当てるのを避けるよう姿勢を維持しなければならない。

ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る