開く
閉じる

SPECIAL NTERVIEW SPECIAL NTERVIEW

2016オリンピック日本代表選手 後藤輝也選手 島村春世選手 2016オリンピック日本代表選手 後藤輝也選手 島村春世選手

男子7人制ラグビー NECグリーンロケッツ 後藤輝也選手 SPECIAL INTERVIEW リオ2016オリンピックへの意気込み NECグリーンロケッツ 後藤輝也選手

リオ2016オリンピックでの活躍が期待される
後藤輝也選手(NECグリーンロケッツ)へインタビュー。
現在の心境や意気込みについて伺いました。

ひとつひとつの試合に全力で挑みたい

リオ2016オリンピック日本代表選手に選ばれた心境はいかがですか?

後藤とにかく闘志がみなぎっていますね。今は“メダルを取る”というチームの目標に向けて日々精進しています。

とはいえ、出場するのは強豪国ばかりです。かなり高い目標のようにも思えますが。

後藤確かに高い目標ではあります。しかし最近の結果だけ見たら、僕たちにも十分チャンスはあります。ですから、ひとつひとつの試合を全力で臨みたいと思います。

リオ2016オリンピックでは、普段の15人制とは異なる7人制での試合になりますが、やはり試合展開なども違ったりするのでしょうか?

後藤そうですね。一人ひとりの動けるスペースが広い分、ボールが回ってくる回数が多いので、スピード感のある試合になります。また、15人制では前後半40分ハーフですが、7人制では7分ハーフなので時間も短い。点を取らなければいけないので、とにかく全力でぶつかり合う場面が多いのも特徴です。

試合中はずっと全力を出し続けるのですか?

後藤そうですね。だから技術や体力だけでなく、回復力も大切なんですよ。いかに身体を回復させながら動けるか。そういったことも意識してトレーニングしています。あと、この“7分”という時間配分も絶妙で、これより短い時間だと一方的な展開のまま試合が終わることもあるし、逆に長いと身体がもたない。よく計算されていると思いますね。決勝戦だけ10分ハーフなんですが、本当にきついです(笑)。

ちなみに、後藤選手は試合中どのようなシーンに注目してほしいですか?

後藤僕は、最後にボールをもらってトライを決めるウイングというポジションなので、やっぱりボールを持って走っている姿や、相手をかわすときのステップなんかに注目してほしいですね。あと、トライを決めるところは絶対に見逃さないでください!

CLOSE
女子バレーボール NECレッドロケッツ 島村春世選手 SPECIAL INTERVIEW リオ2016オリンピックへの意気込み NECレッドロケッツ 島村春世選手

リオ2016オリンピックでの活躍が期待される
島村春世選手(NECレッドロケッツ)へインタビュー。
試合への意気込みなどをお話しいただきました。

リオ2016オリンピック日本代表選手に選ばれなかった選手の分も頑張りたい

後藤選手と同じ質問になりますが、リオ2016オリンピック日本代表選手に選ばれた心境はいかがですか?

島村今までも日本代表として数々の試合に臨んできましたが、やっぱりオリンピックという大舞台ですから、今まで以上にプレッシャーがありますね。

これまでとはどう違ったのでしょうか?

島村リオ2016オリンピックのメンバーとして12名の選手が選ばれましたが、それと同時に今まで戦ってきたけれど最終的にメンバーに選ばれなかった選手も大勢います。そういった選手たちにきちんと顔向けできるような結果を出さないといけないなと思っています。

中途半端では帰れないということですか?

島村そうですね。

リオ2016オリンピックに向けて、
目標などは設定していますか?

島村チームとしては前回大会よりもいいメダルを獲得すること。個人としてはどれだけ自分の力が出せるかを目標にしています。世界の強豪相手にどれだけ自分のバレーが通用するのかまだわかりませんが、今までやってきたことのすべてを出したいと思っています。

どういったプレイに注目してほしいですか?

島村私は攻撃の種類の豊富さとサーブが武器ですので、そこはぜひ見ていただきたいですね。あと、私は所属するNECレッドロケッツでゲームキャプテンを務めていますので、ちょっとおこがましいですが、みんなを引っ張っていく姿も見せられたらと思います。

レッドロケッツで培ってきたことを活かせるといいですね。

島村はい。レッドロケッツのいいところって、チームメンバーがお互いに支え合いながら戦えることだと思っています。みんなで点を取って、みんなで守る。そういったチームプレイをリオ2016オリンピックでも披露できればと思います。

リオ2016オリンピックのその先についても考えていますか?

島村正直、今はリオ大会のことで頭がいっぱいですね。まずはリオで結果を出す。それが次のステージにつながると思います。その先にある2020年のオリンピックは自国開催ですから、そこに向けてもっと努力して、多くの方に自分のプレイを見てもらいたいと思います。

まずはリオ2016オリンピックで確かな結果を出せるといいですね。

島村ここまで来るのに多くの方のサポートがあって今の自分がありますので、その方々への感謝の気持ちをプレイで表現したいと思います。皆さんのご声援が力になりますので、ぜひ私たちと一緒に戦ってもらえれば嬉しいです。

CLOSE