• twitter
  • facebook
  • google
  • LinkedIN
開く
閉じる

オリンピアン×パラリンピアン対談 東京2020の成功へ向けた熱い想いと、 その先の共生社会の実現をめざして。

オリンピアン×パラリンピアン対談 東京2020の成功へ向けた熱い想いと、 その先の共生社会の実現をめざして。

上原大祐 大竹秀之 田口亜希氏
上原大祐 NEC 東京オリンピック・パラリンピック推進本部 東京2020推進室 障がい攻略エキスパート 上原大祐
大竹秀之 NEC 東京オリンピック・パラリンピック推進本部 東京2020推進室 エキスパート 元バレーボール日本代表 大竹秀之
田口亜希氏 【特別ゲスト】 東京2020組織委員会アスリート委員 日本パラリンピアンズ協会理事 元パラリンピック射撃日本代表 田口亜希氏

NECは、スポーツや文化をはじめとする様々な社会貢献活動を通じた東京2020のムーブメントづくりや、世界中の誰もが人間性を十分に発揮できる豊かな社会、ダイバーシティの実現に向けた取り組みを行っています。
今回は東京2020組織委員会アスリート委員の田口亜希氏をお迎えし、NECに在籍しているオリンピアンの大竹秀之と、パラリンピアンの上原大祐とともに、東京2020とその後の未来に向けた熱い想いを語っていただきました。

「全員が自己ベスト」を出せる環境が大切 「全員が自己ベスト」を出せる環境が大切

みなさんは、日本一/世界一をめざして挑戦され、戦われてきたかと思いますが、“チーム”という観点で、オリンピック・パラリンピック出場経験のあるみなさんならではのエピソードをお聞かせください。

田口 亜希氏

田口 亜希氏

【特別ゲスト】
東京2020組織委員会アスリート委員
日本パラリンピアンズ協会理事
元パラリンピック女子射撃日本代表

田口氏(以下敬称略)射撃は個人競技でチーム競技ではありませんが、射撃チームという1つのチームで動いています。戦う時は1人ですが、緊張している私を仲間がサポートしてくれます。たとえば、取材の方が来て私に話しかけようとすると「精神統一の最中です」とか、応援に来てくれた方たちにも「田口の目につかないよう応援してください」とか配慮してくれます。応援は嬉しいのですが、それが目に入ると私は緊張してしまうので、そういう意味ではチーム一丸となって試合に臨んでいます。
また現在、東京2020組織委員会アスリート委員会では、選手たちがいかに準備万端で気持ちよく、精神を統一して力を発揮できるかに取り組んでいます。私は東京2020アスリート委員としてチームジャパンの活動もしていますが、日本だけでいいというわけでなく、各国の選手たちが最大の力を発揮できるよう努めています。東京2020ビジョンの中に、「全員が自己ベスト」というのがあります。来日する選手全員がベストを出せるような、気持ちのいい環境を創らなければならないと思っています。

大竹 秀之

大竹 秀之

NEC
東京オリンピック・パラリンピック推進本部
東京2020推進室 エキスパート
元バレーボール日本代表

大竹1つのチームという意味では、違う競技でもお互い選手同士で挨拶をする、チームジャパンとしてどこの国の選手とも挨拶することを大切にしていました。チームをつくりお互いがコミュニケーションをとる上で、挨拶はとても大事だと教えられました。

上原私はバンクーバー2010冬季パラリンピックで地元カナダと対戦した時、信頼できるチームメイトとのコンビで決勝ゴールを決めることができました。練習でのコミュニケーションはもちろん、それ以外でのコミュニケーションも大切だと感じた試合です。

上原 大祐

上原 大祐

NEC
東京オリンピック・パラリンピック推進本部
東京2020推進室 障がい攻略エキスパート
元パラリンピックアイスホッケー日本代表

上原私はバンクーバー2010冬季パラリンピックで地元カナダと対戦した時、信頼できるチームメイトとのコンビで決勝ゴールを決めることができました。練習でのコミュニケーションはもちろん、それ以外でのコミュニケーションも大切だと感じた試合です。
観戦する皆さんとのチーム関係もあります。それは、“応援”です。皆さんの応援が私にパワーをくれるので、その信頼関係を通じて皆さんとも同じチームだと感じます。東京2020では、皆さんもチームの仲間という気持ちで応援してもらえると嬉しいです。
また、試合の相手チームも私にとってはチームです。リンクでは敵として戦いますが、試合が終われば仲間のようにコミュニケーションを取りながら、お互いに高め合える関係です。チームジャパンでもあり世界のチームでもあるので、色々なチームの形があると思います。

観戦する皆さんとのチーム関係もあります。それは、“応援”です。皆さんの応援が私にパワーをくれるので、その信頼関係を通じて皆さんとも同じチームだと感じます。東京2020では、皆さんもチームの仲間という気持ちで応援してもらえると嬉しいです。
また、試合の相手チームも私にとってはチームです。リンクでは敵として戦いますが、試合が終われば仲間のようにコミュニケーションを取りながら、お互いに高め合える関係です。チームジャパンでもあり世界のチームでもあるので、色々なチームの形があると思います。

2020年には全部の会場を満員にしたい! 2020年には全部の会場を満員にしたい!

2020年に向け多彩な取り組みをされていますが、その活動や想いなどをお話しください。

田口 亜希氏

田口現在、東京2020に向けては、大会組織委員会のアスリート委員と、大会のマスコットを決める選考検討会議の審査委員をしています。また、2020年以降にも目を向けパラスポーツの発展にも取り組んでいます。パラリンピックという言葉は皆さんご存じですが、どんな競技や種目があり、どのようなルールなのかが知られていません。私たちパラリンピアンが、自分たちの言葉で具体的に発信し認知していただく活動もしています。
東京2020では、全部の会場を満員にしたいです。日本が出場する競技だけでなく、そうでない競技にも皆さんに来場いただき、応援してほしいと思います。これから色々な体験会や試合が予定されていますので、ぜひ選手やルールを憶えていただければ楽しく観戦できると思います。
パラリンピックを知り、実際に観戦すればより楽しくなるし、アスリートたちが色々発信しているのを知れば、スポーツ面だけでなく障がい者を取り巻く環境も変わるのではないかと思っています。また、障がい者の方にもスポーツに限らず、何か自分たちにもできることがあるということに気づけるような、そんな大会にしたいですね。
そして、「東京2020は良かったね」で終わらず、その先の共生社会の実現をめざしたいと思います。それは、健常者が障がい者を助けるのではなく、障がい者も健常者も関係なくお互いが思いやりを持ち、尊重し合って生活できる環境を創りたいということです。東京2020が、そのきっかけになればと考えています。

大竹 秀之

大竹私は日本バレーボール協会で、発掘育成委員会の活動をしています。そこで育った子たちに、オリンピックへ出てメダルを獲ってほしいというのが、私の夢であり想いです。
選手時代の監督に、よく「常識の先にオリンピックはない。非常識が常識に変わった時に世界と対等に戦える」と 言われました。やはり、普通の生活ではオリンピックに出られないし、メダルなど獲れるわけありませんが、「非常識を常識に変える」からこそメダリストが生まれ、世界と戦えるのだと思います。
子供たちには、常に挑戦し続ける気持ちを持ってほしいです。東京2020は1つの目標にすぎず、その先にもスポーツは続くわけですから、スポーツと社会がよりよく共存できる環境を創れればと考えています。

上原 大祐

上原パラスポーツの面白さは、やはり道具にあるのではないかと思います。例えばパラアイスホッケーで言うと、スレッジをいかに使いこなすか、その技術を見ながら観戦してもらうと面白いです。先ほど田口さんが言われたように、どうすれば2020年の会場が満員になるかを、私もパラスポーツの魅力を皆さんに伝えながら考えていきたいと思います。
私は社内にボッチャ部※を創りましたが、ボッチャを通じて他チームと対戦を重ねるごとに、スポーツは素晴らしいコミュニケーションツールだと感じます。このツールを、どう活かしながらパラスポーツを広めるか、知ってもらうか、興味を持ってもらうか、足を運んでもらえるか、そんなことを想いながら活動しています。
※NECは2017年4月より社内にボッチャ部を創設。

東京2020がゴールではない。その先の共生社会に向けて 東京2020がゴールではない。その先の共生社会に向けて

東京2020へ向けた、みなさんの意気込みをお願いします。

田口皆さんには、ぜひパラスポーツを観戦し、体験していただければと思います。また2020年がゴールではなく、その後もどのようにすればパラスポーツ、そして共生社会が拡がるのかを考えていきたいと思います。そのためには、これが足りないあれが足りないではなく、障がい者も積極的な意見を発信していくことが必要です。共生社会の実現に向けがんばりますので、皆さんのお力添えをいただけると嬉しいです。

大竹私はやはり、オリンピック自体を盛り上げていきたいという想いがあります。その方法として、皆さんがスポーツを経験したり、あるいはスポーツを観戦する機会を増やしていけるような活動をしていきたいと考えています。体験や応援を通じて、皆さんのスポーツに対するパッションを大きくすることによって、東京2020も盛り上がっていくのではないかと考えています。

上原スポーツは、コミュニケーションツールとして最良のものだと思います。ぜひ、一緒にスポーツを楽しみながらコミュニケーションを深めたいし、それが東京2020とその後の文化を創ることになると考えています。これからも、積極的にパラスポーツについて発信しますので、それを皆さんにキャッチしていただきながら、一緒に東京2020を盛り上げていければいいなと思っています。

田口 亜希氏
田口 亜希氏

田口 亜希

東京2020組織委員会アスリート委員 日本パラリンピアンズ協会理事

1971年、大阪府生まれ。25歳のとき脊髄の病気で車椅子生活になる。リハビリ中に出会った知人に誘われ、退院後にビームライフル射撃をはじめる。その後、コーチに誘われて実弾ライフル射撃に転向し、パラリンピックを目指す。アテネ2004パラリンピックにエアライフル伏射(10m男女混合・SH1)で出場し、北京2008とロンドン2012ではエアライフル伏射(10m男女混合・SH1)とスモールボアライフル伏射(50m男女混合・SH1)で連続出場。現在は、日本郵船株式会社に勤務。

大竹 秀之
大竹 秀之

大竹 秀之

NEC 東京オリンピック・パラリンピック推進本部 東京2020推進室 エキスパート

1967年、神奈川県生まれ。大学時代からバレーボールの全日本代表選手となる。208cmの身長はバレーボール界の歴代最長身。バルセロナ1992オリンピックに選手として、北京2008ではコーチとして出場する。引退後はNECでの業務に従事しながら、日本バレーボール協会発掘育成委員会副委員長およびNPO法人日本バレーボール・オリンピアンの会理事にも就任。

上原 大祐
上原 大祐

上原 大祐

NEC 東京オリンピック・パラリンピック推進本部 東京2020推進室
障がい攻略エキスパート

1981年、長野県生まれ。生まれながら障がいを持ち、19歳からパラアイスホッケーに取り組む。トリノ2006冬季パラリンピックで日本代表に選出。バンクーバー2010冬季パラリンピックで銀メダルを獲得。引退後NPO法人「D-SHiPS32」を立ち上げ、障がいを持つ子どものサポートや、障がい者向け商品のアドバイザーなどの活動を行う。2016年10月にNEC入社。2017年7月には現役復帰をし、平昌2018を目指している。