ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

Optical Access Series

光一心/二心式メディアコンバータ XM1600/GM3200/ME3200

一本の光ファイバで10G/1G/100Mのイーサネット信号の双方向全二重通信を可能にします。 伝送距離は、約20km(中距離)、約40km(長距離)、約80km(超長距離)まで延長することができます。 光回線側は一心/二心式を採用しているため、光ファイバ敷設コストを低く抑えることができます。 サブラックに、10G/1G/100Mの通信インタフェースを混在して実装できます。

アプリケーション例

特長

高収容実装

サブラック(高さ:132mm/3U)に最大32回線※を実装可能です。 通信インタフェースは、回線ごとに独立した個別タイプのため、運用回線に影響なく保守/運用が可能です。 サブラックには、10G/1G/100Mの通信インタフェースを混在実装することが可能です。
※10Gタイプは最大16枚、1Gタイプはまたは100Mタイプのみの場合は、最大32枚実装可。

一心/二心光ファイバを使用した長距離伝送

一心/二心光ファイバを使用し、最大80kmの長距離伝送を実現します。

冗長機能

電源2重化構成(オプション)に対応しており、信頼性の高い運用が可能です。 (電源は、DC48Vです。)

インタフェース

LAN側インタフェースは、10GBASE-SR/LR,1000BASE-SX/LX,100BASE-TX,10BASE-T)に対応し、 必要に応じたネットワークの提供が可能です。

製品ラインナップ

伝送距離に応じて中距離版(最大20km)、長距離版(最大40km)、超長距離版(最大80km)を選択可能です。 またサービス帯域に応じ通信インタフェースの選択が可能です。

フレームモニタ説明機能

XM1600/XM100またはGM3200/GM100は、Web/CLIによりフレームモニタによる回線品質の確認が可能です。

アプリケーション例

フレームモニタは、(1)センター装置送信フレーム、(2)リモート装置受信フレーム、(3)リモート装置送信フレーム、(4)センター装置受信フレームに対して行います。モニタ結果として、(1)~(4)のモニタポイントに対して以下を表示します。

  • モニタ計測時間
  • 送受信フレーム数
  • 受信フレームエラーレート(エラーフレーム数/総受信フレーム数)

フレームモニタ実行、解除はWeb/CLIよりユーザ任意のタイミングで行うことが可能です。
※フレームモニタにて検出するエラー条件は、「FCSエラー」及び「パケットサイズ異常」です。
※フレームモニタは全ポイントに対して同時に実行します。但し、センター/リモートにおいてモニタ開始/終了のタイミングが異なり、両装置の上り(下り)方向でモニタ結果を比較した場合、表示される受信フレーム数はフレームロスのない状態においても差異が生じることがあります。
(実際には、センター/リモートで全てのフレームが転送されるため、上り(下り)方向でのフレーム数は同数となります)
※WAN側回線上の異常(メジャーアラーム)を検出した場合は、フレームモニタを強制停止します。
※パケットサイズ異常は、ME3200-IF盤のみ検出可能です。

リモートループバック

リモートループバック(RLB:Remote LoopBack)試験では、GM3200からRLBテストパターンをGM100側に出力し、折り返してきたRLBテストパターンを確認することで、下記経路の回線品質を確認することが可能です。

アプリケーション例

※テスト実行時

  • リモート装置のLAN側出力を停止しますが、LAN側入力は停止しません。
  • 集合型MCのWAN回線側への出力は停止しません。アイドル信号を出力します。

※RLBは下記の2種類あります。

  • 「RLB_AUTO実行」・・・試験時間約5秒で自動終了し、照合結果を表示します。
  • 「RLB_CONTINUE実行」・・・「停止」ボタンを押すまで実行します。

アプリケーション例

活用例

ページの先頭へ戻る