ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. 製造業・プロセス業
  4. Witleaf
  5. ソリューション
  6. S&OPソリューション
ここから本文です。

S&OPソリューション

需要の先読みが不透明なこの時代に、市場変化による影響を利益視点で迅速に捉え、利益を最大化する為にタイムリーに事業判断を行うためのソリューションです。

※S&OP(Sales & Operations Planning)はMRPやMRPIIに続き1988年に発表された概念で、事業計画とSCMをリンクさせ経営視点で意志決定を支援する計画プロセスです

<これまでの取り組み>
需要の変化が激しい中、これまでは「変化に追随する仕組み」として、グローバルSCM改革の取り組みが着目されていました。

<課題>
数量ベースの最適化では、為替変動、製品売価の下落などの市場環境の変化により、計画通に生産・出荷しても当初の計画の利益を得るのが難しくなってしまっています。

<これからの取り組み>
利益確保の為には、グローバルオペレーションで「情報を分析する仕組み」「金額視点での評価の仕組み」が必要になります。その為、本ソリューションでは、下記の2つの仕組をご提供いたします。

  • エリア別に異なる市場の変化を迅速に捉える仕組み
  • 捉えた市場の変化を事業計画に伝えて、即時に事業判断を行なう仕組み  

sandop001

ソリューション概要

■エリア別に異なる市場の変化を迅速に捉える仕組み
→データを一元化・共有化し、必要なデータを必要な方(役割)に必要な範囲(担当領域)
で可視化します。

sandop002

sandop004

■捉えた市場の変化を事業計画に伝えて、即時に事業判断を行なう仕組み
→事業計画の進捗状況を視覚化し、事業別の収益状況を一目で把握する事により
判断スピードUPを支援

sandop005

S&OPとグローバルSCMの位置付け

グローバルSCMでは、主に需要に対する供給計画(PSI)をグローバルで最適化する事でしたが、 S&OPでは、事業計画全体を儲けの視点で計画する事を目的としています。

S&OP実現に向け、SCM領域は、Witleaf/G-SCMソリューションをご提供しています。 需要計画、事業計画領域は、Microsoft SQL、Microsoft Sharepointを活用したソリューションで実現いたします。

sandop003

ページの先頭へ戻る