ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. SystemDirector Enterprise
  4. 動作環境
  5. for Java
ここから本文です。

SystemDirector Enterprise for Java 動作環境

【V9.4 開発環境】

​開発サーバ ​ ​
​必要メモリ​ ​ ​2GB以上
​必要ディスク容量 ​ ​ ​3GB以上の空き容量
※AP サーバ、DB サーバのインストールを考慮した空き容量
​対応サーバOS ​ ​ ​AP サーバ対応のOS
‐ WebOTX 動作環境は こちら
- WebLogic Server 動作環境は こちら
- JBoss EAP 動作環境は こちら
​対応APサーバ ​ ​ JSF拡張モデル
JSF・Spring Batchモデル
​・WebOTX AS 9.4/ Enterprise 9.5
・Oracle WebLogic Server 12cR2(12.2.1)
・JBoss EAP 7
※WebLogic Server 12.1.3以降は、Oracleが正式にサポートする64bitのみの対応となります。
​Struts拡張モデル ・WebOTX AS 9.4 / Enterprise 9.5
・Oracle WebLogic Server 12cR1(12.1.1/12.1.2/12.1.3)/12cR2(12.2.1)
・JBoss EAP 6.0/6.1/6.2/6.3/6.4/7
※WebLogic Server 12.1.3以降は、Oracleが正式にサポートする64bitのみの対応となります。
​対応DBサーバ ​ JSF拡張モデル
Struts拡張モデル​​
​・Oracle DataBase11g/12c
JSF・Spring Batchモデル ​・Oracle Database 11g/12c
・PostgreSQL9.1
​開発クライアント
​対応OS ​Microsoft Windows7 SP1(32bit/64bit)/8.1(64bit)/10 version 1607(64bit)
​必要メモリ ​ 2GB以上
​必要ディスク容量​ ​2GB以上
※前提PP(Excel、JavaSE)のインストールを考慮した空き容量は4GB以上となります。
​前提PP ​全体 Excel 2016(32bit)
※2007/2010/2013も利用可
​JSF拡張モデル
Struts拡張モデル
JSFモデル・Spring Batchモデル
Java SE 7 / 8
​推奨PP​ ​​Struts拡張モデル Dreamweaver CS6
Visio 2016(32bit)
※2007/2010/2013も利用可

※リアルタイム開発デザイナーの動作環境は、リアルタイム開発デザイナーをご参照ください。

【V9.4 実行環境】

​実行環境サーバ ​ ​
​必要メモリ ​ ​2GB以上
​必要ディスク容量 ​ ​3GB以上の空き容量
※APサーバ、DBサーバのインストールを考慮した空き容量
​対応サーバOS ​ ​APサーバ対応のOS
‐WebLogic Server 動作環境はこちら
​対応APサーバ ​ ​ JSF拡張モデル
JSFモデル​
​・WebOTX AS 9.4
・Oracle WebLogic Server 12cR2(12.2.1)
・JBoss EAP 7
※WebLogic Server 12.1.3以降は、Oracleが正式にサポートする64bitのみの対応となります。
​Struts拡張モデル ・WebOTX AS 9.4
・Oracle WebLogic Server 12cR1(12.1.1/12.1.2/12.1.3)/12cR2(12.2.1)
・JBoss EAP 6.0/6.1/6.2/6.3/6.4/7
※WebLogic Server 12.1.3以降は、Oracleが正式にサポートする64bitのみの対応となります。
​対応DBサーバ ​ JSF拡張モデル
Struts拡張モデル​
​・Oracle DataBase11g/12c
​JSFモデル・Spring Batchモデル ​・Oracle Database 11g/12c
・PostgreSQL9.1
​実行クライアント ​ ​
​対応ブラウザ ​ JSF拡張モデル
JSFモデル・Spring Batchモデル
​Struts拡張モデル
​Internet Explorer 8/9/10/11
Microsoft Edge
対応OS ​ JSF拡張モデル
​JSFモデル・Spring Batchモデル
Struts拡張モデル
​Windows7 SP1(32bit/64bit)/8(64bit)/8.1(64bit)/10 Version 1607(64bit)
 

リアルタイム開発デザイナー

 
【V9.4 開発環境】
​開発クライアント ​
​対応OS Microsoft Windows 7(32bit/64bit)/8.1(64bit)/10 Version 1607(64bit)
前提ソフトウェア ​Excel 2007/2010/2013/2016(32bit)
​開発基盤(SDE) ​ロールアウト連携(モックアップアプリ作成)時に必要
SDE for Java V9.4 JSF拡張モデル、Struts拡張モデル
​APサーバ ​モックアップアプリ実行時に必要
連携する開発基盤(SDE for JavaのJSF拡張モデル、Struts拡張モデル)に準拠
ブラウザ​ Internet Explorer 9/10/11​
HDD容量​ リアルタイム開発デザイナー関係のみで50M程度
開発基盤(SDE for Java)は、別途2GBの空き容量が必要​

 

【実行環境】

リアルタイム開発デザイナーに実行環境はありません。

ページの先頭へ戻る