ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. SystemDirector
  4. SystemDirector概要
  5. システム開発・保守が抱える課題
ここから本文です。

SystemDirector概要

情報システム部門が抱える課題

「事業の持続的な成長」「グローバル化への対応」「コスト削減」「人材育成」…経営者の抱える課題は多岐にわたります。情報システム部門は経営者からの期待に応えるべく、システムの構築と維持が求められています。

情報システム部門が抱える悩み

お客様の情報システム部門は、「柔軟で強固なシステムを構築したい」「システム開発・保守を省力化しコストを削減したい」と考えているものの、そこには大きく2つの課題があり、実現が困難な状況に置かれています。

特長①:最新技術をスムーズに導入し技術者の早期立ち上げを支援

  • 最新ICTを活用するためのノウハウがなく、追随するための調査・導入・習熟コストとリスクが大きい
  • 既存システムが把握できず、何が再利用できるのかわからない
  • 目標の生産性や品質を達成できない

特長②: 設計情報を業務システムのノウハウとして長期的に活用

  • 業務ごとに最適化された複数システムが乱立(MF, C, Web, SaaS)し、個別に対応が必要なので非効率
  • 長年の保守による既存資産の仕様書やテスト環境の欠損によるブラックボックス化やスパゲッティ化が進んでおり改造リスクが高い

SystemDirectorは、情報システム部門が抱える課題を解決し、経営者の期待にお答えするソフトウェア開発環境をご提供します。


ページの先頭へ戻る