ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. SystemDirector
  4. SystemDirector概要
  5. SystemDirectorのコンセプト
ここから本文です。

SystemDirector概要

SystemDirectorのコンセプト

SystemDirectorは、最新のICTトレンドへの迅速な対応と既存資産の長期間にわたる保守に強いシステム開発環境をご提供します。


SystemDirectorの3つの特長をご紹介します。

特長①:最新技術をスムーズに導入し技術者の早期立ち上げを支援

開発基盤で最新技術をラッピングして提供するため、必要な技術に不慣れな開発者も習得に手間取らず、早期に開発へ着手することが可能です。
SystemDirectorがプラットフォームや技術の変化を継続的に吸収し、全体アーキテクチャを崩すことなく業務APの最新化をご支援いたします。

特長②: 設計情報を業務システムのノウハウとして長期的に活用

プラットフォームや開発技術に依存しない設計情報(モデル)を長期的に保管すべき資産として重視、再利用による開発リスクを軽減します。
設計情報を統一した形式でリポジトリへ保管し、レガシー資産の更改・維持にスピーディーに対応します。

特長③:方法論と高機能なツール群による生産性・保守性・品質の向上

上流工程に品質を作り込む作業を重点的に配置したフロントローディング(※1)により瑕疵を早期是正し、高品質で保守性の高いシステムを構築可能です。

※1:開発の後半で発生する問題を未然に防ぐことを目的に、開発初期でやるべきことを正しく行い品質を作りこむ手法

3つの柱で開発業務・保守業務を支援

SystemDirectorの3つの柱

SystemDirectorでは、COBOL、Java、.NETなど幅広い開発言語に対応した「開発方法論」「開発環境」「ソリューション」を取りそろえ、柔軟で強固なシステム構築と、開発・保守コストの削減を実現します。


ページの先頭へ戻る